garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

去年 旬祭り part2

上田の母が文鳥のぴーと一緒にやって来ました。(12/29のお話)

f:id:garadanikki:20170108103014j:plain

東京駅から練馬の魚市場~旬に寄って、本日と正月用の買い出しをします。

 

1夜目 旬祭り 開催

f:id:garadanikki:20170102095443j:plain

母は歯が悪いので固いものダメなんです。

ブロッコリーのガーリックオイル炒め、

ブロッコリーはいつもより柔らかめ。うん、柔らかいほうが美味しい!

 

芝エビのガーリック炒め

f:id:garadanikki:20170102095444j:plain

海老の中で、芝エビが一番好きです。

昔はエビと言えば “芝エビ” が主流でしたが、最近はあまり流通してませんね。

旬で見つけて勢い購入。

f:id:garadanikki:20170102095445j:plain

失敗談なんですが、エビの長いひげを取らずに炒めたのね。

そしたらひげが絡まってダンゴのようになっちゃって、、、

もう少し殼までカリカリにしたかったのを断念したんです。

MOURI が一口食べて「いてっ」

海老の硬い額角が口の中に刺さったようす。

そしたら母が、腕まくりしてむき初めたんです。

「いいわよ、自分で剥くから」

いくら手を洗ったとはいえ MOURI と母は他人、

人の剥いたものに抵抗があるやも知れぬと思ったんです。

ところが MOURI は母が剥いた芝エビを「うめ~うめ~」と食べている。

なんだか親子のような光景。

母の愛、彼の優しさを見せてもらいました。

 

そういえば。

母は昔、父のために枝豆まで剥いてあげてました。

父は母が剥いた枝豆が鉢にたまるまで待っていて、かきこむようにたべていたっけ。

子供心に「お父さん子どもみたい。自分で剥いた方が美味しいのに」と思っていました。

 

これは大人の食べ物 アワビのわさび漬け

f:id:garadanikki:20170102095446j:plain

 

こっちも酒のつまみだ

f:id:garadanikki:20170102095447j:plain

クジラのベーコンはMOURIの好物。

いいから一人でお食べ♪ 

f:id:garadanikki:20170102095448j:plain

母には先日食べた豚しゃぶを食べてもらいます。

「大根と人参こんなに?」 と驚いてますが。

大丈夫、柔らかいし意外とこのくらい食べられちゃうんだから。

f:id:garadanikki:20170102095450j:plain

「ね」

湯気の向こうで母が笑ってます。