読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

新宿~讃岐うどんの店 おごっと

胃潰瘍の退院後の初診療に出かけました。

細胞をとったので、悪性か、ピロリ菌がいないかの診断結果もわかるとの由。

血液検査をして、診察まで小一時間、時間をつぶします。

 

つーことでお昼。

f:id:garadanikki:20170119113620j:plain

「やってます」にひかれ入店。

さぬきうどんのお店です。

階段を降りて、お店のドアを開けてさらに階段を降りる。

あれまあ、エレベーターはないのかしら。

行きはよいよいだけど、帰りの上りがしんどい。

なんたって地下二階だもの。

 

店内は、サラリーマンと中国の旅行者でにぎわっています。

なににしようかな。

 

かしわ天おろしぶっかけの冷にしました。かやくご飯つき♥

f:id:garadanikki:20170119113258j:plain

うわっすごい、かしわ天 三つも乗っている。

f:id:garadanikki:20170119113259j:plain

これにつゆをぶっかけるのね

f:id:garadanikki:20170119113301j:plain

美味しいです。

麺はしこしこ、太目でぶりぶり。

つゆはすだちがきいて、きりっとした味です。

かしわ天がジューシーで柔らかくて、油も上質。

さらにおろしがバッチリの相性。

 

こちらの方は?

f:id:garadanikki:20170119113300j:plain

これまた、美味でございます。

ちょっと濃い味そうに見えますが、そんなことはない。

硬そうに見えますが、そんなことはない。

この位の盛り付けがいいですね。

 

「おごっと」初めて入ったお店ですが、なかなか良いじゃないですか。

夜は、四国自慢の酒、地元野菜に魚が楽しめるらしい。

牡蠣もあるし、地酒も興味深いから、夜も来てみたい。

 

さて。

検査の結果は、良好。

胃潰瘍完治しているとのこと。ピロリ菌もなし。悪性でもないそうです。

ホッとしました。

ただし、胃潰瘍は繰り返すことが多いそうなので、胃薬は少し続けて飲んだ方がよいとのことでした。

また薬が増えてしまったが、仕方ないか。ふむ。

先生、ありがとうございました。

 

帰り道、ちょっと気になる標識を見つけました。

f:id:garadanikki:20170119113623j:plain

高野辰之さんは国文学者で「春の小川」や「おぼろ月夜」を作詞した方だそうです。

f:id:garadanikki:20170119113624j:plain

そういえば、小田急線の参宮橋から代々木八幡へ向かう左側に「春の小川の碑」があります。

小田急線に沿って昔は小川が流れていたようですが、今は細い小道になっています。

 

f:id:garadanikki:20170119113625j:plain

高野さんのご自宅 (代々木一丁目) から「春の小川の碑」がある代々木5-64までは、

歩いて30分ほどの距離です。小川は明治神宮の西に位置しています。

そうか、高野さんが住み始めた明治四十一年といえば、今から109年前。

その頃は、明治神宮の造園がやっと始まった時期です。

当時の様子はこんなだったようです。

f:id:garadanikki:20150715131859j:plain

f:id:garadanikki:20150715131858j:plain

 

今では車がピュンピュン走る通りだけれど、

当時はのどかな農村だったんでしょうね。

 

帰ったら「渋谷の記憶」を探してみようかしら。

確か、昔の代々木の写真もあったような気がするのよねぇ。