読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

中勢以 本店

PATE屋さんを後に、表通りに出ると、打ちっぱなしの建物の一階に、

気になるお店を見つけました。

f:id:garadanikki:20170131202048j:plain

中勢以と書いてある。

店長さんらしき人がお店の外で電話中。

目があった途端、その方は「あとでかけなおす」と電話を中断し、いらっしゃいませをされました。

 

「こちらはもしかしてお肉屋さんですか?」

「はい、熟成肉の店なんです」

「この造作、鎌倉の〇〇と関係があるのかしら」

「あっ、それはですねぇ、いろいろ複雑なお話なんですが」

ご主人 ( らしき方 ) は、その店とこちらのお店との複雑な事情を話してくれました。

「でもどうぞ、ご内分にね」ということで。

f:id:garadanikki:20170131202049j:plain

ご内分にと言われてしまった以上、ここで明かすことは出来ませんが、

こちらのお店の方が古いとだけ言っておきます。

ひときわ目を引くのがショーケース。

 

ご主人との話に夢中で、撮影許可もいいそびれましたので、

お借りした写真。

f:id:garadanikki:20170202110155j:plain

取っ手の木は、中勢以のロゴから作ったそうです。

 

お肉がずらっと並んでますが、白木の上に乗せてある。

「お肉って昔から檜やヒバの葉や、人工芝の緑の上に並べてましたよね。

 あれは肉の赤身が綺麗に映えるようにしてたんです。

 でもうちは熟成肉ですし、清潔さも感じられるようにと木にしました。

 それから照明も、LEDのスポットライトで色調も試行錯誤してこうなりました。」

f:id:garadanikki:20170202111705j:plain

「なんだか神々しい。お仏像を見ているみたい」

「いえ、仏教ではなく、神道の方なんです、狙っているのは」

「ああ、なるほど。神さまの方だから白木なんですね」

「その通り」

「静かに厳かに、気品があって素敵ですね」

「そういっていただけると嬉しいです」

 

 

ご主人と話をしていたら、常連らしき奥様が入ってみえた。

「明日、バーベキューをしたいのでお肉を二種類ください。

 それから今日の夜用に豚バラも。」

 

なるほど、どんな料理をどんな感じで作りたいからといえば、

最適な部位をセレクトしてくれるわけだ。

値段を見ずに買い物するところはやっぱりセレブだ。

 

お客さんが増えたところで、私もじっくりショーケースを拝むことに。

どのお肉も美味しそう。

でも、今日のところはPATEもあるし、、、あっこれこれ。

牛すじがあったので、300gばかり貰っていくことにしました。

 

常連の奥様の接客が一段落すると、

ご主人らしき人は、奥様と私にこんなことを言いました。

「今度惣菜も作ることになったんです。第一弾はハンバーグ。

 ちょっとお高いですが自信作。是非一度おためしください」

f:id:garadanikki:20170202111613j:plain

一個 1,000円とは、高いが美味しいんでしょうな。

「それじゃ私。ひとついただいていこうかしら」

奥様につられて、いきおい私も一個。

ご主人たら、商売お上手っ!!!

 

でも、なかなか牛すじって手に入らないので、助かりました。

明日は、半分を煮込みにして、半分は後日カレーにしようかと思います。

 

f:id:garadanikki:20170202111646j:plain

www.naka-sei.com