読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

悲しすぎて・・・

あかちー

あかちーが、虹の橋を渡ってしまったようです。

・・・

・・・・

・・・・・

「ようです」としか言えないのが辛いのです。

姿が見えなくなってから35日目、初めて夢に出てきてくれました。

最後に見た時よりも、ぷっくりしていて、毛づやもよくて、優しい顔をしていました

いつも、私が座っているベンチの前にちょこんと座って、

私が座っている場所を見上げて「にゃー」とないていました。

 

ベンチには私はいなくて、私は俯瞰でベンチとあかちーを見ています。

「あかちー、こっちだよ」

かけよって、あかちーを抱きしめて

「にゃんこ先生も心配しているから、知らせに行こう」と、

あかちーを抱いて走り出した所で目が覚めました。

・・・ああ、会いに来てくれたんだなと思ったら涙がとまりません。

 

今年の冬は寒いから、7歳児の痩せたあかちーが年を越せるか、心配でたまりませんでした。

食欲はあるけど、他の猫のように脂肪がつかず、冬仕様のこんもりした毛ぶきにならなかったので、本当に心配していました。

あかちーが姿を現さなくなった時、これが自然の別れなのかと初めて実感しました。

 

家で飼っていた猫の最後なら、看取ってやれてたから。

地域猫の世話をするようになり、悲しい別れは「あかちー」が初めてではありません。

でも。

私にとって、あかちーは初めてこの場所であったにゃんこでした。

色々な楽しいことも、可愛い姿も沢山見せてくれました。

 

地域猫の世話については、皆さん色々と考えることもあるでしょう。

でも、今は何も考えられません。

・・・すごく、悲しすぎて、

 

あかちーとの別れは、乗り越えるのに時間が沢山かかると思います。

今は、可愛いあかちーの写真を見るのも辛いです。

 

駄日記として、記しておかないとと思いながら、収拾がつきません。

いずれ、いつかは、あかちーについてキチンと書ける日が来るかもしれないけれど、

今はこの辺でやめておきます。

 

ごめんなさい。とりとめのないお話で。

今回は、何もご挨拶もできそうにないので、コメント欄はなくします。

ありがとうございました