読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

鎌倉 ラフォレ・エラ・ターブル & 花ごころ

おでかけ すてきな人 まるさん食日記 鎌倉

久しぶりの鎌倉です。

今回は、鎌倉から三浦まで足をのばす予定ですの。

何故、三浦かというと河津桜を見るためですの。(*´▽`*)

 

鎌倉に来るとまず、歩くのが西口にある御成通り。

初めて来る人、観光の人は大抵、東口の大きな出口に出るでしょうが、

私の場合、かなりの確率で西口に出ます。

地元の人は昔、親しみを込めて「裏駅」と言ったようです。

f:id:garadanikki:20170217095751j:plain

しばらく来ないと、御成通りにも新しい店が出来たり、街並みも少し変わってみえます。

 

あら、可愛い。

f:id:garadanikki:20170217095752j:plain

 

まず訪れたのは、大好きなパン屋さん

ラフォレ・エ・ラ・ターブルf:id:garadanikki:20170217095754j:plain

先日、こちらのミセスと田園調布のPATE屋さんとつながりを知り、驚いたばかり。

PATE屋さんに行った時の話をすると、

「ええっ~PATE屋いらしたんですか。わーーっ。

 PATE屋のオーナーにはとてもよくしていただいて、

 うちの開店祝いには、この銅板いただいたんですよ。」

ミセスはそういうと、カウンター下の銅板のレリーフを指さした。

「とても重いくて宅配では運べないというので、主人とかついで持ち帰りました。

 オーナーのお家にあった古い物らしいんですけど、

 店のオープンの時に来てくださった ( PATE屋の ) オーナーが 

 『絶対にここに似合う』と思われたんだそうです。」

 

本当だ。

この店のために生まれたような、ぴったりの素敵なレリーフです。

ラフォレタのミセスは可愛らしい人だから、

PATE屋さんのオーナーにも可愛がられていたんですね。

素敵な人と素敵な人が、つながっていると知るのは、とても嬉しいものです。

 

さあ、お客さんもいらしたところなので、長話もこの辺にして失礼しよう。

店を出たところにある辻には、有名な建物があります。

f:id:garadanikki:20170217095755j:plain

昔、銀行だったというこのレトロな建物。

「最後から二番目の恋」でも使われたビルです。

和平さん ( 中井貴一 ) が「ちょっと飲んで帰ろう」と立ち寄ったショットバーに、

妹の旦那である広行 (浅野和之 ) がいて、「いざキャバクラへ行こう~」絡まれる。

そんなシーンで使われたお店。

実際にも ( 今も多分 ) ショットバーなのだと思いますが、まだご縁がなく入ったことはありませぬ。

 

鎌倉を歩いていて「いいなぁ、入ってみたい」と思う店はいくつもありますが、

このショットバーもそのひとつ。

でも今日はもうひとつ、いつも気になっていた店に入ってみようと思うの。

 

花ごころ  

f:id:garadanikki:20170217095804j:plain

大好物の、サザエの炊き込みご飯を食べさせてくれるお店なんですが、

一人で昼からというのも敷居が高く、、、、まだ入ったことはない。

f:id:garadanikki:20170217095802j:plain

いつかいつかと思いながら、通り過ぎていたのです。

炊き込みとなると時間もかかりそうだし。。。。

でも今日は、ひとつお土産に買って帰ろうと思いますの。

f:id:garadanikki:20170217095803j:plain

重いガラス戸を開けて店内に入ると、同年代と思われるご夫婦が配膳を待っていました。

こういう落ち着いたたたずまいの店に、とても似合うカップル。

良い雰囲気の方々です。

f:id:garadanikki:20170217095800j:plain

お店と素敵なご夫婦、相乗効果でいいなあ。

お弁当をお願いすると7~8分かかるということで、

テーブルに座って待たせてもらいます。

f:id:garadanikki:20170217095756j:plain

こちらは「サザエの炊き込み」一品でお商売をしているお店。

サザエの殻も、どんどん出るんでしょうな。

そういう殻を使ったものが沢山並んでる。

f:id:garadanikki:20170217095758j:plain

サザエだけも売っている(笑)

f:id:garadanikki:20170217095801j:plain

 

さくら貝ですって。

春色

f:id:garadanikki:20170217095759j:plain

そういえば。

「最後から二番目の恋」で、和平さんの亡妻が、さくら貝を集めていたというエピソードがあったなぁ。

妻の生前、和平さんはどうしてさくら貝を集めていたのか聞きませんでした。

妻が事故で亡くなってしまい、ボトルに残されたさくら貝を見て、

思いをひき継ぐようにさくら貝拾いを始めた和平さん。

 

「続・最後から~」では、どうして亡妻がさくら貝を集めていたか、

その理由があきらかになります。

次回のタイトルロールの映像が変わったのをオシャレでした。

・・・そうか、鎌倉の海岸ではさくら貝採れるのか。

今度、探してみようかしら。

 

そんなことを思いながらまったりしていると、出来ましたお弁当。

次に向かうは、土鍋ご飯のお店。

f:id:garadanikki:20170217095805j:plain

あら、何の花だろう、綺麗。

f:id:garadanikki:20170217095806j:plain

そう思って立ち止まったのは私だけではない。

f:id:garadanikki:20170217095807j:plain

このピンク、春を呼んでくれる色だ。

何人もの人が、この春色を見て嬉しい気持ちになったでしょう。

今日の鎌倉は、春待ちのこの色が似あいます。

 

つづきは明日、土鍋ご飯の店「かえでや」に行きます (@^^)/~~~

 



鎌倉 花ごころ
〒:神奈川県鎌倉市由比ガ浜1-10-7
TEL:0467-25-3626
定休日:毎月第1火曜日 毎月第3火曜日 毎週月曜日
営業時間:[火~金・土・日] 12:00〜15:00 17:30〜23:00