garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

闇鍋? いんや違う

お世話になっている にゃんこ先生の誕生日のプレゼントを企画しました。

めまいのこともあったので、日延べしてもらい一週間後に敢行。

f:id:garadanikki:20170329191742j:plain

闇鍋か?

 いんや違う、闇マクルーバです。

f:id:garadanikki:20170329191743j:plain

じゃじゃーん。

「マクルーバ」は、お釜をひっくり返すという意味らしい。

なので、炊飯ジャーに入れたまま持ってきて、ひっくり返してみた。

ここだけフラッシュを炊きましたが、あとは闇の中。

 

タッパーに入れた鶏と、マクルーバした米をよそったら、熱々の汁をかける。

f:id:garadanikki:20170329191746j:plain

あとは黙って食らう。

f:id:garadanikki:20170330114105j:plain

ほんとにみんなもくもく食べてくれてます。

f:id:garadanikki:20170330114321j:plain

現地まで車で運んだ卓上コンロ(笑)

 

5人がおかわりしてくれて、アッという間に完食。

f:id:garadanikki:20170329191747j:plain

 

にゃんこ先生の誕生日は、東北地震の翌日でした。

誕生日の当日は何もできなかったんですが、彼に聞いてみました。

「プレゼントしたいけど、何か欲しいものある~?」と。

そしたら、ニコニコしながら言うです

「マクルーバが食べたいです」

ふふふ。

実は私もそれ、作ろうかと思っていたの。

 

日程が決まり、彼から言われました。

「あの~、マクルーバの話をしたら、僕も食べたい、私もと言われちゃったんです」

「何人くらい?」

「・・・マックスで、5人ほど」

笑っちゃいました

にゃんこ先生、いいんだけどね。皆の口にあうかどうかはわからんのよ。

こういうスパイシーなものって好き嫌いがあるからさ。

それに、そんなに大量に作ったことないからちょっと心配だわ。

ハードル上げまくってくれて、どうしたらよいのさ。

「大丈夫です。あれ美味いですから」

 

当日の材料 なにせ7人前ですから

f:id:garadanikki:20170330115435j:plain

にゃんこ先生ご一行が5名+MOURI と私の7人分

f:id:garadanikki:20170330115441j:plain

こうなると、もうスパイスの分量もわからない。

鶏肉を買占めても足りず、、、

f:id:garadanikki:20170330115438j:plain

違う店に走る

f:id:garadanikki:20170330115439j:plain

米だっていつもの2倍

f:id:garadanikki:20170330115440j:plain

 

ああ。

でもこういう食材を見ていると幸せになる。

f:id:garadanikki:20170330115442j:plain

 

まずは骨の髄が出るように、骨まで切れ目をいれる

f:id:garadanikki:20170330115446j:plain

 

玉ねぎを炒め、鶏肉は皮目を焦がすように焼く

f:id:garadanikki:20170330115445j:plain

 

寸胴に焼き目をつけた鶏肉と玉ねぎ・にんにくを入れ、水 ( 今回はスープストック )を入れる。

f:id:garadanikki:20170330115448j:plain

 

ひたひたまで入れたら、スパイスをぶっこむ

f:id:garadanikki:20170330115451j:plain

 

ぐつぐつと、魔法使いのおばあさんになる

f:id:garadanikki:20170330115452j:plain

 

スープが減ったら、水を足し更に4時間ほど煮る

f:id:garadanikki:20170330115453j:plain

 

フライパンに、みじん切りにした野菜 ( にんじん・なす・れんこん・じゃがいも ) を入れ、炒める。

f:id:garadanikki:20170330115454j:plain

 

更に米を入れ、炒める

f:id:garadanikki:20170330115455j:plain

 

油をまとった上のお米さんたちを炊飯ジャーに入れ、

煮込んでおいた寸胴のスープを入れて炊く。←炊飯は「ピラフ」

スープの分量は、いつもの水加減よりちょい少ないくらい。

味を整える為に、醤油も入れました。

 

今回は、二回に分けて炊き、我が家の分 ( 2人前 ) の米を別にし、

f:id:garadanikki:20170331123627j:plain

残りを一緒にしてもう一回、追い炊きしました。

⤴ 焦げ目をつけるためです。

 

そうして出来たのが、このお焦げの山

 綺麗にお焦げがつきました。

f:id:garadanikki:20170329191743j:plain

 

皆さん、美味しい美味しいと言って食べてくれました。

 

でも

実はちょっと不本意なのです、ハッキリ申せば失敗でした。

鶏ももを7本入れた為、鶏の皮の油が多すぎた。

その為、いつも作るものより大層脂っぽい仕上がりになりました。

 皮だけいくつか省けばよかったです。

仕方がないので、当日はレモンの皮、醤油、レモンスプレーなどを、いつもより大量に持参。

脂が強いことをお知らせし、サッパリ感じる程度に適宜レモンや醤油を使っていただくようにしました。

 

初めての方々に食べてもらうのは、とても心配です。

皆さん、大人ですから「美味しい」と言ってくださいますが、はたしてと思います。

でも、笑顔でご馳走様と言っていただけると、こんなうれしいことはない。

 

いつもと違う場所で、いつもと違う人たちに食べてもらうマクルーバ。

思い出に残る「闇マクルーバ祭り」でした。