garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

木登りは、褒めなければいけません

食べ物の話が続いて、久しぶりのにゃんこ話。

にゃんこたちの所には日参していますが、夜なので写真はなかなか撮れません。

今日はまだ明るいから可愛いお姿を拝見できました。

 

堂々たるお姿の カイさん

f:id:garadanikki:20170406110926j:plain

スフィンクスみたいだ

 

暴れん坊だった じゃいあんは、どんどん弱気になる。

f:id:garadanikki:20170406110927j:plain

ちょっと怖いと「ふんにゃ~」と悲鳴をあげる。

その声を聞くと、おっとりがたなで駆けつけるのが ハタ坊。

f:id:garadanikki:20170406110942j:plain

「どした どした どした」って、やってきます。

ハタ坊、いつから じゃいあんの保護者になったんだい?

 

怖がりマックスは、ぱんにゃ

f:id:garadanikki:20170406110930j:plain

未だに触らせてくれないので、男の子なのか女の子なのかもわかりません。

「ほら、ご飯だよ~ん。おいで」

「まるちゃん、いじわる。そこに置いて、離れてくれなきゃ食べられません」

f:id:garadanikki:20170406110929j:plain

 

「ぱんにゃったら、ホントにしょうがないんだから。

 まるちゃん優しいのにねぇ」

f:id:garadanikki:20170406110945j:plain

「そうだよね、マダグロさん、もっと言ってやって」

f:id:garadanikki:20170406110951j:plain

「えっ? 私が言うの? 無理無理。あの子の臆病は治んない」

 

以上が私が到着するとすぐさま出てきてくれるアダルトチームです。

今日はいないけど姐姫さんも常連のアダルトメンバー。

平均年齢は、5才です。

 

かれらの熱烈歓迎には、誠意をもって応えなければならない。

ちょっとでもおざなりにすると。。。。

 

かたまる。。

f:id:garadanikki:20170406110944j:plain

 

かたまる。。。

f:id:garadanikki:20170406110946j:plain

 

「おばちゃんたちったら、単純なんだから」

f:id:garadanikki:20170406110943j:plain

 

「そういう とんとんだって、自分が一番じゃなきゃすぐ、かたまるじゃない」

「・・・そんなこと、ないもん」

f:id:garadanikki:20170406110928j:plain

 

とんとんは最年少なので、アダルトチームが大勢さんいると、我慢をします。

我慢・・・します・・・・最初の内だけは。

でも、あんまり待たされると、

f:id:garadanikki:20170406110936j:plain

木に登って、気をひきます。

にゃんこが木に登ったら、人間は褒めたたえねばなりません。

「すごい、すごーい」と。

f:id:garadanikki:20170406110931j:plain

機嫌なおった。

でも、褒め方 まだ足りないみたい。

f:id:garadanikki:20170406110940j:plain

「どうよ、凄いでしょう?」

「はいはい凄いです。あなたが一番 木登り上手だ」

f:id:garadanikki:20170406110934j:plain

まあね、こんなに高い所まで登れるんだから、

やっぱりキチンと褒めないといけないでしょう。

「そうでしょ? 凄いよね、わたち。 偉い?」

f:id:garadanikki:20170406110935j:plain

嬉しいのはわかるけど、今度はなでろと言います。

「無理無理、とんとん、そんな高いところまで、手 届かないもの」

この子たちは、人間のいうことが全部わかります。

「仕方ない」とあきらめると、自分で木にスリスリします。

f:id:garadanikki:20170406110939j:plain

 

とんとんの木登りに、もうひとり助かってるのがいました。

f:id:garadanikki:20170406110949j:plain

まるちゃんがあっちに気をとられてるうちに、そろそろと。。

f:id:garadanikki:20170406110952j:plain

ご飯に近づく、ぱんにゃでございます。