garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

ブックカバーの楽しみ方

私の趣味は一応「読書」ということになるのでしょうが、、、

里見弴や島木健作の古い作品を、できれば古書で読むのが好きです。

漱石、太宰など人気の初版本は、とんでもない値段がつきますが、

私が好きなちょっと渋目の作家さんの初版本は、手が届く値段で入手できるのです。

 

「古書を買う」といっても私はコレクターではないので、どんどん持ち歩きます。

くたびれた古書が私の手元で更にくたびれてしまうかも。。。

でも。古ぼけた本って、読んでいる内にイキイキしてくるから不思議です。

風を通され気持ちよくなるのかな?

 

古書は大抵の場合グラシン紙で綺麗に養生されているので、ブックカバーの心配はありません。 

 

 

しかし同じ古本でも、新し目の文庫などでは、そこまでキチンと養生されていないので、

そういう文庫用に、下のようなサイトさんからダウンロードして印刷しておきます。

色柄は偏らず、趣味多彩に作っておけば、お友達に差し上げられるし。。ネ。

f:id:garadanikki:20170614184633j:plain

 

こんなのもある、フラミンゴ

f:id:garadanikki:20170614184618j:plain

 

今一番気に入っているのがこれかな。

表表紙が黒っぽくて、

f:id:garadanikki:20170614184606j:plain

裏表紙がピンク

f:id:garadanikki:20170614184612j:plain

鞄から取り出した時に、どっちが天だかすぐわかるのです。

 

こんなのも可愛くないですか? ハシビロコウ

f:id:garadanikki:20170614184734j:plain

 

自分の趣味に近いものばかりだと、どれがどれだかわからなくなるけれど、

種々雑多いろんなパターンにしておくと、2~3冊併読の私としては便利なのです。

f:id:garadanikki:20170614184726j:plain

本を読むのも楽しいけれど、次はどんなカバーで何を読もうかと考えるのも、

ちょっと楽しいひとときです。