garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

西天満 長池昆布

仕事の集合時間までまだ2時間半ばかりあるので、もう少し、、、

少しじゃないかな 歩いてみます。

目的地は東高麗橋にある「八木商店」さん。

ちまこ通信 (id:chimako-tsushin) のちまこさんが、

「大阪に行くなら夏バテ防止にいい酢こんぶのお店がある」と教えてくださいました。

 

ちまこさんのおススメですから旨いに決まってる。

絶対に行ってみようと心に決めてやってきたのさ。

 

茶屋町からだと遠いかな、でもここは歩こう。

地下鉄に乗ってしまうと、位置関係がつかめません。

大阪の地の利がわからなかったのは、ずっとタクシーや地下鉄を使っていたからでしょう。

歩けるだけ歩いて、時間切れになったら公共交通機関を使うことにします。

 

スマホでマップを確認しながら歩く。御堂筋を越えて、中之島の方向に歩けばいいのね。

大きい道はつまらないから、西天満に向かう狭い通り ( 老松通り ) に入ります。

f:id:garadanikki:20170814125128j:plain

まだ9時前だというのに、暑いなあ。

街中ジリジリしていて、セミがジーンジーン鳴いています。

 

そういえば、大阪はセミの鳴き声が東京より大きいように思うんだけど。。。

神社とか木の多い場所じゃなくて、ビル街にあるちょっとした木の下を通ってもセミ凄い。

このセミさん、どこにとまって鳴いてるんだろうと見回してみる。

十字路の右方向の道の先に、うっそうとした木が見えました。

真っすぐ行くつもりだったけど、右に曲がってみよう

昆布屋さんがありました。

f:id:garadanikki:20170814125129j:plain

これから酢こんぶを買いに行こうというのに、妙に気になる。

9時にはもう店を開けているんだもの、何かのご縁。

f:id:garadanikki:20170814125131j:plain

ごめんください。

f:id:garadanikki:20170814125130j:plain

店内には、色々な種類の塩昆布が並んでいます。

とろろもあるし、だし昆布も凄そうなのが沢山ある。

「みをつくし料理帖」でも読みましたが、大阪の出汁といえば昆布でしょう。

折角ですから天然の真昆布を買っていこうと思います。

 

お店には、ご店主っぽい男性が数人。。。。

( どの方がご店主かわからない ) 皆さん、貫禄があって、社長さんみたいだ。

「随分、早くからお店をあけて らっしゃるんですね」

「ええ、早起きは三文のなんとやらで(笑) 遠くから?」

イントネーションでわかるんでしょうかね、大阪人ではないと

「東京から来ました。今日は梅田から散歩してて、歩いていて西天満をもう少し真っすぐ行くつもりが、

 なんだかこの道が気になって曲がってきたんです。偶然こちらを見つけたわけで。」

「そうでしたか、それはどうも。

 わたしも東京にはよく行くんですよ。最近は東急東横と横浜のそごうに。」

「あら、住まいが渋谷なんで、東横で手に入るんだったら嬉しいわ」

「それはまあ。今後ともどうぞごひいきに。」

ちょっとしたやりとりでしたが、大阪商人さんお話したことがなかったので嬉しい。

いいものです、大阪弁にふれられて。

ん。でも「おおきに」とか「でんがな」とかって言わないんだね。

残念 (^ー^)

 

出汁と真昆布、おやつ昆布と昆布茶を買いました。

f:id:garadanikki:20170814125133j:plain

これからもう少し歩くつもりだし、

でも昆布は持ち歩くにも軽いし、重宝するし、嬉しい買い物です。

 

本当に偶然ですが、良いお店を見つけました。

因みに、どんなルートで見つけたかというと、下図のような道すがら。

とても偶然。適当に曲がった道にあったお店だったんです。 

f:id:garadanikki:20170814150050j:plain

長池昆布
〒:大阪市北区西天満4-7-6
TEL:06-6364-6368
定休日:日曜・祝日
営業時間:9:00~19:00