garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

夏旅Vol.8 ラ コリーナ近江八幡

車は長浜から琵琶湖を南下しています。

f:id:garadanikki:20170910104544j:plain

長浜からこの日の宿泊先-小浜まで真直ぐ行くのであれば、北上した方が近い。

それに半時計回りなら、助手席から琵琶湖が障害物なしに眺められます。

f:id:garadanikki:20170910111803j:plain

助手席に座っているMOURI には、その方が景色いいでしょうけれど。

 

いつもながら、運転手とカメラマンをしながら進む。

「『ああ、あの時写真なんか撮ってなかったら 事故にならなかったのに』なんて

 ことにならないように気をつけろよな」と言われました。

ですから、写真は信号待ちの時にします。

f:id:garadanikki:20170910104546j:plain

宇曽川ですって。

して、あの船の上に乗っているのは何かな、鵜? そんなことはないか(笑)

 

長浜の大通寺、慶雲館、旧駅舎の見学を断念し、後ろ髪を引かれる思いで、南下しているのは近江八幡に寄りたいためでした。

id:smartstyleさんが紹介していらした「ラ コリーナ近江八幡」に是非とも行きたくて。

上の記事を拝見して、魅了されてしまったのです。

 

 

ナビに住所を入れて向うものの、現地の周りで迷ってしまう。

現地の手前と、先の路地には「ここからはラコリーナには行かれません!!」という看板が。。。

ナビで迷い込んだ観光客に、住民が辟易しているのかな ww

 

やっと到着。

ここですここです!!

f:id:garadanikki:20170910104547j:plain

駐車場は広いので、ゲートに蝶々の絵とか描いてある。

 

じゃん

f:id:garadanikki:20170910104548j:plain

うわーーーーーすごい

これこれ、これが見たかった。

逸る気持ちを抑えてすすむ。

f:id:garadanikki:20170910104549j:plain

屋根がね、芝生になっているんですよ。

軒どいから水が流れています。

f:id:garadanikki:20170910104550j:plain

たっぷりの水を与えて、育てているのでしょう。

軒下の気持ちの良いこと ♬

f:id:garadanikki:20170910104551j:plain

 

ワクワクしながら中に入る。

おおーっ何だこの空間は。

f:id:garadanikki:20170910104552j:plain

外の自然と真逆の、この斬新なインテリアは。

 

右手にバームクーヘンの工場が見えます。

f:id:garadanikki:20170910104554j:plain

ここが売り場か。

f:id:garadanikki:20170910104555j:plain

誕生日にこんな箱で貰ったら嬉しいな。

f:id:garadanikki:20170910104553j:plain

 

あれ? この箱見覚えがある。

f:id:garadanikki:20170910104601j:plain

仕事先で、食べ終わった何かの箱だけ見て「使わないなら頂戴」と貰ってきたのがコレでした。

しっかりと作られたシックな箱なので、書類入れに重宝しています。

なんだ、このお店のバームクーヘンの箱だったのか。

バームクーヘンは、生と密封パックのとあるらしいので密封のを買いました。

 

それとこのクッキーもお土産に。

f:id:garadanikki:20170910104602j:plain



左手は和菓子を売っているコーナーです。

f:id:garadanikki:20170910104558j:plain

 

ん? たねや?

f:id:garadanikki:20170910104557j:plain

ぎょぎょぎょ、あのたねやじゃないですか。

それにあの、大好物の「たねやの長寿芋」があるじゃないですか。


smartstyleさんの記事にも確かに「たねや」と書いてありました。

なんで気づかなかったんだろう。

早速、長寿芋買います。

「ここが本店なんですか? 長寿芋大好きなんです」

「そうですか、昨日から売り出したんですよ」

「なんとまあ、良いタイミングなんでしょう」

サイトを見て、素敵なお店だからと来たかったのが、たねやのお店だった。

それだけでも偶然で幸せなのに、しかも季節限定の「長寿芋」にありつけるなんて。

 

ほんとうに 私は口に福があるのだと思います。

くじ運とか、金運とかはありませんが、食べる物に関しての運はある。

神に感謝します。

 

菓子木型が並んでいます。

いいお道具は、姿もうつくしい

f:id:garadanikki:20170910104559j:plain

 

落ち着いたところで、館内の地図をみる。

f:id:garadanikki:20170910104603j:plain

今いるのが「ラコリーナ メインショップ」

入った方向と反対側の出入り口を出ると、、、、おおおおおお

f:id:garadanikki:20170910104605j:plain

向うのお山まで含めて、絵になる。

借景 ばんざーーい

 

右の潜水艦の頭みたいな建物も面白い。

f:id:garadanikki:20170910104604j:plain

あの建物は「たねや」のオフィスだそうです。

そしてあの山は、八幡山というらしい。

 

右側の建物は、カステラショップですって。

入口もおっされ~

f:id:garadanikki:20170910104611j:plain

壁は珪藻土、でしょうかね。

天井からの自然光と、坪に植えられた桔梗と、土壁がすごくマッチしとる。

 

店内は、木をメインにした落ち着いたインテリア。

女性が綺麗に見える照明です。店員さん綺麗ですよ、羨ましい。

f:id:garadanikki:20170910104610j:plain

 

もちろんカステラも綺麗に見える

f:id:garadanikki:20170910104608j:plain

 

命名祝いとか、内祝いとかに、こんな贈り物もあるんだねぇ。

f:id:garadanikki:20170910104607j:plain

 

レストランも併設されていました。

こんな美味しそうなものも、ここで食べられる。

f:id:garadanikki:20170910104609j:plain

オムライスとかもあるようですが、昼の予定があるので我慢する。

 

軒が切れていて、額縁みたいだ。

f:id:garadanikki:20170910104606j:plain

しかし、どこから見ても絵になる景色だなぁ。

 

あの岩のオブジェも楽しい。

    それに、稲ですよ。稲。

f:id:garadanikki:20170910104612j:plain

 

回廊がある。行ってみましょう。

f:id:garadanikki:20170910104614j:plain

 

わぁ、好きなんだ フォルクスワーゲンのバス。

四半世紀前に製造中止になってしまった車ですが、名車です。

ああいう素敵なデザインは、残すべきだと思うなぁ。

f:id:garadanikki:20170910104615j:plain

ガレージみたいな、ここはまた。。。

f:id:garadanikki:20170910104617j:plain

 

うおっ、ここもショップ

f:id:garadanikki:20170910104619j:plain

レトロなインテリア、

ひとつひとつ貴重なものなんでしょうね、マニアは堪らないだろうし。

これ見に来るだけでも価値があるんじゃないかな。

f:id:garadanikki:20170910104618j:plain

そんな宝物たちの隣に、さりげなく商品が、、、

f:id:garadanikki:20170910104620j:plain

 

さりげ、、

f:id:garadanikki:20170910104621j:plain

ちょっとした空間にも、、、

f:id:garadanikki:20170910104622j:plain

 

いやいや、けっこうドドーンと並んでいました。

f:id:garadanikki:20170910104626j:plain

 

メインのショップにあったお菓子も、違う箱だったり包装紙だったりにすると、

また違った商品に見える。

f:id:garadanikki:20170910104625j:plain

 

こんな箱も、贈り物にしたくなる。

f:id:garadanikki:20170910104628j:plain

 

二階建てのバスの中にも商品が並んでいました。

f:id:garadanikki:20170910104632j:plain

 

マカロンだ。

f:id:garadanikki:20170910104629j:plain

 

マカロンを買ったら、こんな箱に入れてくれるの?

f:id:garadanikki:20170910104630j:plain

 

たねやさんは、お菓子も美味しいけれど、包装もセンス抜群。

と、前からずっと思っていたことだけど、ここに来てさらにそう思う。

 

ナンバープレートも凄い。欲しいでしょうな、好きな人は。

f:id:garadanikki:20170910104631j:plain

 

ガレージのショップは、二階からも外に出られる。

f:id:garadanikki:20170910104633j:plain

いやしかし、ここを造られた人達は、どんだけ計算したのか。

 

本当にもう。

どの方向から、どの高さから見ても絵になるのだもの。

f:id:garadanikki:20170910104635j:plain

 

心憎い演出と、居心地の良い空間は一体、どんな人たちが作ったんでしょう。

f:id:garadanikki:20170910104637j:plain

 

メインショップに大きな木のオブジェがありました。

f:id:garadanikki:20170910104638j:plain

木の枝のところに貼られているのは、名刺です。

この施設の建設に携わった会社や人の名刺。

 

素晴らしい

たねやプロデュースは、こんな形でも成功していると思う。

モノ作りを大切にしていくと、それに参加した人が大きな力を出す。

その総合体がこの「ラ コリーナ近江八幡」なんですね。

 

たねやさん、本当に素晴らしい和菓子屋さんです。

私はたねやさんの美味しいお菓子の大ファンです。

そしてこれからも、たねやさんのモノづくりに目が離せない一人です。

f:id:garadanikki:20170910104639j:plain

 

今が一番、良い季節かな。

冬もまた綺麗なんだろうな。また来てみたいです。

f:id:garadanikki:20170910104642j:plain