garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

或る日のにゃんこたち

洞の前の餌

f:id:garadanikki:20171001214021j:plain

 

 

《何かおびき寄せる》という魂胆ではありません。

f:id:garadanikki:20171001214023j:plain

 

臆病者のパンニャが、この洞を見つけました。

出たり入ったりして快適なので喜んでいました。

その姿を目撃したので「好物のご飯」を置いてあげた。

f:id:garadanikki:20171001214022j:plain

なかなか出てこないねぇ、姐さん諦めたよ。

 

小一時間して、パンニャが血相変えて飛び出してきました。

先住民の大カエルと出くわしたらしい。

やっぱり君はヘタレだな。カエルに負けるんだから。

 

「可愛い恰好して並んじゃって」と思いましたが、間違いでした。

f:id:garadanikki:20171001214720j:plain

2人とも目が笑っていません。

かなり悪 ( ワル ) の表情です。

 

「祈る猫」か?

f:id:garadanikki:20171001214723j:plain

 

電線で遊んでいる沙羅でした。

f:id:garadanikki:20171007143413j:plain

沙羅はこういう仕草に人間が喜ぶのを知っています。

他のにゃんこに注意が向いたりすると、色んなことをして気を引きます。

「私を見て」と。

 

でも、このあと電線に爪がひっかかって取れなくなって慌てていました。