garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

千成 藤吉郎 と トマト味のメニュー

本日の料理は、ちと日本酒に合わない気もしますが、作っちゃったからなぁ。

f:id:garadanikki:20171009170849j:plain

チョップドサラダにはオレンジとトマトが入ってます。

          スープはシェル型のパスタ、しめじ、ブロッコリー。こっちもトマト味。

f:id:garadanikki:20171009170851j:plain f:id:garadanikki:20171009170850j:plain

 

メインディッシュは、鱈のムニエルに、またしてもソースがトマト

f:id:garadanikki:20171009170852j:plain

あはは。

トマト大安売りの日じゃのう。

 

 

これは、おつまみ用に作ったすっごく美味しい麻婆豆腐

f:id:garadanikki:20171009170853j:plain

しかしまあ、この酷い盛り付けは何さ。

折角作ったのに、これ一枚しか写真がありません。

 

どう、おつまみ用かというと、肉の切り方なんです。

なんといっても「あてなよる」(9/10 OA) で大原千鶴さんが作っていたのだから、

ほんまに酒のあて用の麻婆なんです。

オリジナルの作り方は以下の通り。

  1. 豚バラの塊に塩をして、さらにプッコチの中挽き ( 中挽きの唐辛子 ) をまぶし、ラップを巻いてしばらく置く。
  2.  醤油、みりん、ねぎ ( 小口 ) 、プッコチ ( みじん切り ) 、コチュジャン、ごま、ごま油、にんにく ( すりおろし ) を混ぜ合わせてタレを作っておく。
  3. ラップに巻いておいた豚バラを棒状に切り、フライパンで炒める。
  4. さらに豆腐、ニラ ( 3㎝くらいに切る ) を入れ、韓国タレをかけ合わせて完成。

大原さんの作ったのは韓国風の麻婆豆腐でした。 

麻婆っていったら普通はひき肉でしょう? そうするとご飯にかけて食べたくなる。

でもこういう棒状の肉なら、つまみになるから不思議。

形が違うだけで、麻婆豆腐が別物です。

 

今回は、韓国だれではなく、私が気に入っている「中華街の麻婆豆腐がつくれるソース」を使いました。 

横浜大飯店 中華街の四川式麻婆豆腐がつくれるソース 120g

横浜大飯店 中華街の四川式麻婆豆腐がつくれるソース 120g

 

本当に美味しいので、また近々作るつもりです。

その時は絶対、キチンと写真をアップしようと思います。

 

 

さて、ビールから日本酒に切り替わり、今日は藤吉郎

f:id:garadanikki:20171009170854j:plain

 

合わないかなぁと思った、鱈のムニエルでしたが、

MOURI がセレクトする日本酒は、トマトにも合う良い子でした。

f:id:garadanikki:20171009170855j:plain