garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

醤油の団子

笹塚の十号通り商店街を入って4~5軒先右側に「フリマ笹塚」というスペースがあります。

古い店舗を日単位で貸し出しているらしく、そのスペースは手作りのお店になったり、

骨董を扱う店になったり、画廊のようなものになったりします。

 

「今日は何屋さんなんだろう」

毎回そこを通るのが楽しみなのですが、今回は珍しく和菓子屋さんでした。

f:id:garadanikki:20171219120841g:plain f:id:garadanikki:20171219120840g:plain


芋羊羹やきな粉餅、草餅と並んで、珍しいものを発見、醤油の団子です。

f:id:garadanikki:20171219120751j:plain

フリマ笹塚で出会った、醤油の団子ときな粉の団子

 

甘辛だんごといえば、餡子とみたらしを想像される方が多いと思います。

でも私の場合、辛い方は断然「醤油の団子」です。

 

以前、「グレーテルのかまど~幸田文の花見だんご」を見ていたら、

幸田文さんも

今のようにあまからあじの葛仕立てではないから、

すこしこげて醤油のしみたうまさは無類、

子供たちは大好きだった。

と回想していました。


なかなか醤油のだんごはありませんから、早速購入。

f:id:garadanikki:20171219120750j:plain

 

「珍しいですね、醤油のだんごって。

 甘辛といえば、醤油のが好きなんだけど、なかなか売ってないですから」

売り子のお兄さんに話したら、意外なことがわかりました。

 

「うちは埼玉県の秩父の店なんですけれど、

 埼玉でも秩父の方は《焼いた餅に醤油》なんですよね。

 それが東に行くと《みたらし》になるんです。」

 

母の里は埼玉・秩父。

醤油のだんごは私のルーツの味だったんです。

 

( お店を開いていた ) 「関和屋」さんは今度の日曜日までだそうですが、

年に何回かはここで店をやっているらしい。

笹塚十号通り商店街を通る楽しみがまたひとつ増えました。

 

f:id:garadanikki:20171219120749j:plain

草餅も大変美味しくいただきました。