garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

にゃんこのテリトリー

カイさんと宮本さんが遭遇しました。

喧嘩はしませんが、二人ともしばらく不機嫌になります。

f:id:garadanikki:20180713120506j:plain

ここいらの猫にもテリトリー ( なわばり ) があります。

でも大抵、不機嫌に離れていくだけで大ごとにはなりません。

 

カイさんの不機嫌な理由はわかる。

「あの子ったら、れっきとした家があるのに、どうしてここに来るんだろう」

そうなんです。

宮本さんは大きなお屋敷の飼い猫なの。

カイさんにしてみれば

「居心地のいい家があんのに、なんで出てくんのさ、わたしのテリトリーに」ということ。

 

宮本さんは、首輪もついているんですが、お家よりお外が好きで、夜ご飯もここで食べて帰ります。

一食分しっかり食べるから、家で食べることはないんじゃないかな。

家の人「うちの子は小食ね、ほとんど何も食べないもの」なんて言ってたりして。。。

 

宮本さんと呼ばれるワケ

宮本さん ( 仮名 ) というのは、そのお家の名前 ( 仮名です ) 

昔は「くびわくろ」という名を、にゃんこ先生からもらってました。

「夜回りさん」というあだ名もありました。

 

ところが、偶然わたしが、大きなお屋敷から「くびわくろ」が出てくるのを目撃。

「なんだ、あんたはあのお家の子だったのね。じゃ『宮本さん』だ」と言いました。

そう呼ばれた途端、ドキッとした顔して、嫌~な顔になりました。

お外で自由を満喫していた彼にしてみたら、素性をあかされて、とんでもない呼ばれようなんでしょうな。

「どうか、その呼び方だけはやめてくださーい」

彼は訴えました。

「ダメ。あんたに拒否権はないの。明日からあんたの名前は『宮本さん』」

まるちゃんに何を言っても無駄とわかったんでしょう。

渋々ながら彼は『宮本さん』と呼ばれるようになりました。

 

 

ここいらの子のテリトリーは、他の地域より緩やかだと思います。

好戦的に追い出すという風ではありません。

 

但し、パーソナルスペースは広いかも。。。

f:id:garadanikki:20180713120507j:plain

3mは離れないと落ち着かないというのは、

贅沢なことなんだよ、みんな。

f:id:garadanikki:20180713120508j:plain

「そうなの~」コタヌ

「いいじゃない、この方が落ち着くんだもの」ミーシャ

「僕もこの位がいいと思います」ハタボウ