garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

動物の仕草

以前、ラブラブだったお二人が、久しぶりに再会。

f:id:garadanikki:20180630121038j:plain

手前がとんとん、奥の黒い子がハタボウです。

 

二人はたがいにクンクンしながらグルグル回っています。

f:id:garadanikki:20180630121037j:plain

「バターになっちゃうよ」

って、わからない人の方が多いかな。

ちびくろ・さんぼです。 

ちびくろ・さんぼ

ちびくろ・さんぼ

  • 作者: ヘレン・バンナーマン,フランク・ドビアス,光吉夏弥
  • 出版社/メーカー: 瑞雲舎
  • 発売日: 2005/04/15
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 4人 クリック: 81回
  • この商品を含むブログ (154件) を見る
 

作者のヘレンさんは、ネコ科のこういう仕草を見て、このお話を思いついたのではないかしら。

少なくとも、私はこういう仕草を見るたび、ちびくろサンボのバターを思い出します。

あっでも、とんとんとハタボウなら『バター』じゃなくて『江戸紫』かな  ( ´艸`)

 

 

こっちの二人は、見合って見合って

f:id:garadanikki:20180630121039j:plain

東ぃぃぃ ぱんにゃ  西ぃぃぃ ジャイアン

 

左のぱんにゃが乗っているのは土にめり込んだ木の切り株。

以前ここには大きな木が2本そびえていて、その根元にあった草陰がぱんにゃの寝床でした。

ところがピンクの紐が引かれている場所に建物が建つことになり、ぱんにゃの木は伐採されました。

可哀そうなばんにゃは、残されたこの切株にいつも乗っています。

「これは僕のなんだから」と懸命で死守してるみたいなの。

そんなぱんにゃの前に、昔のいじめっ子ジャイアンがやって来た。

今ではおとなしくなった ジャイアンでも、ヘタレのぱんにゃにとって恐ろしい存在。

 

何気に対峙しているように見えますが、蛇ににらまれたカエルよろしく 

ぱんにゃは、怖くて動けないのです。

 

動物おまけ

f:id:garadanikki:20180630121036j:plain

三匹の動物が綺麗な声で歌っています。