garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

とんとんの幸せ

「まるちゃん  いた!!!」

f:id:garadanikki:20180708111623j:plain

「今日は遅いじゃないの」

f:id:garadanikki:20180708111624j:plain

「よいしょ よいしょと」

f:id:garadanikki:20180708111625j:plain

 

とんとんは「にゃんこの集会所」からほど近いお家の敷地で寝起きしています。

集会所になかなか来ないときには、こちらかに迎えに行かないといけません。

 

とんとんは、私を見つけるとすっ飛んできて、

一緒に 集会所まで来るまでの間が至極の時間みたいです。

行きかう他のにゃんこに こう言っています。

「どう? いいでしょ。まるちゃんが を迎えにきたんだから」

 

集会所に着くと、まずやるのは爪とぎ。

f:id:garadanikki:20180708111626j:plain

私が後ろで見ているのも十分承知。

f:id:garadanikki:20180708111630j:plain

おどけてみたり、身をよじってみたり、今日は一段と上機嫌。

f:id:garadanikki:20180708111627j:plain f:id:garadanikki:20180708111629j:plain

 

それにしても、

あんたたちの爪とぎはワイルドだねぇ。

大木一本使ってやるなんざ、家猫さんには想像できないことなんだよ。

f:id:garadanikki:20180708111628j:plain

 

とんとんにとって、もうひとつ上機嫌になることがありました。

久しぶりにハタボウと会って、ペロペロしてもろた。

f:id:garadanikki:20180708111631j:plain

「やーん、見ないで」

f:id:garadanikki:20180708111632j:plain

 

とんとんの幸せは、私の幸せでもあるんだよ。