garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

Destiny 鎌倉ものがたり

面白い映画を観ました。私のストライクゾーンのまん真ん中。

「Destiny 鎌倉ものがたり」これが本当に面白い。

f:id:garadanikki:20180825143154j:plain

《物語》

 幽霊や魔物、妖怪といった「人ならざるもの」が日常的に姿を現す古都・鎌倉。

この地に居を構えるミステリー作家・一色正和のもとに嫁いできた亜紀子は、妖怪や幽霊が人と仲良く暮らす鎌倉の街に最初は驚くが、次第に溶け込んでいく。

 正和は本業の執筆に加え、魔物や幽霊が関わる難事件の捜査で警察に協力することもあり、日々はにぎやかに過ぎていった。

 しかし、そんなある日、亜紀子が不測の事態に巻き込まれ、黄泉の国へと旅立ってしまう。正和は亜紀子を取り戻すため、黄泉の国へ行くことを決意するが……。

 

 

この映画で深く共感したのは

「鎌倉では、幽霊・神様・仏様・魔物や死神たちも仲良く暮らしている」という設定でした。

「そうよね 鎌倉だもの」と頷いてしまったのです。

鎌倉に通い続けて半世紀、いつも思うのはそこなんです。

 

私には霊感は全くありません。

魔物も幽霊も一度も見たことはないけれど、「なんか連れて帰ったかも、、」と思うことがあるんです。

連れて帰ったかもと思うものを、私は《小鬼》と呼んでいます。

小鬼は、何日か家でどたどたしたり、ちょっと悪戯をしたりして、、、

そして、あんまり悪戯が過ぎると私は神社に行きお清めをしてきます。

 

私の友達で霊感の強い人がいて、彼女はどんなに誘っても鎌倉には同行してくれません。

MOURI もなんとなく嫌がるし、一昨年亡くなったマダムも鎌倉には《行けない人》でした。

マダムとご主人は、神社仏閣と植物をこよなく愛する人たちなので、鎌倉好きだろうと思っていました。

ところがご主人はこんなことを言ってました。

「鎌倉ねぇ、ようこも僕も大好きだからよく行ったんだ。

 でも帰ってくると、必ずようこが寝込むんだ。

 念が強い土地だからようこは負けるんだろうなと、行かなくなっちゃった」

なるほど、そういうこと わかります。

霊感の強い友人も、マダムも、もしかしたらウチのMOURI も、鎌倉は辛いのかも知れません。

 

素敵な場所なのにね、鎌倉

映画の好きなシーンをいくつか

f:id:garadanikki:20180825143158j:plain

今の何?

ただの河童だろ。

ちょっと、やめてくださいよ。

ここは鎌倉だぜ、何前年も前からあらゆる妖気が溜まりにたまってるんだ。

河童なんて普通にいるよ。

 

 

f:id:garadanikki:20180825143204j:plain

先々代からって、先生のお祖父さんからのお手伝いさんなんですか?

キンさんって85歳にしてはシャンとしてますね。

85歳ねぇ、いや、本人はそう言い張ってるんだけどさぁ、ご主人を戦争で失くしたとも言ってるんだよね。

でも昔はお嫁に行くのも早かったというし、だいたい計算合うんじゃないですか?

それが日露戦争なんだ。合わないだろ、計算。だいぶサバ読んでるよな。

軽く100歳超えてるじゃない?

 

 

なんかのイベント?

f:id:garadanikki:20180825143210j:plain

ここはね、鎌倉に住む魔物たちの市場、通称妖市。

 

f:id:garadanikki:20180825143213j:plain

魔物専門の物だけには気をつけて、そうすればここは本当にお買い得なものがそろってるわよ。

f:id:garadanikki:20180825143220j:plain

で、さっきのおばあさんが?

瀬戸さんちの裕子さん、驚くなよ。去年に亡くなっている。

ちょっとちょっと。

ここ鎌倉は、幽霊も魔物も普通の人のように暮らしてるんだ。

 

そう、死んじゃってるの。わたし。

f:id:garadanikki:20180825143221j:plain

足もちゃんとあるんですね。

ここ鎌倉には、幽霊申請っていうのがあるのよ。

この町は妖気が濃~く充満してるじゃない? そのせいで幽霊もはっきりして、普通の人のように生活できるのよ。

 


 

ちょっと外に出ると、魔物がトコトコ歩いていたり、

f:id:garadanikki:20180825154825j:plain

 

死神が江ノ電に乗って死んだ人を迎えに来たり。

f:id:garadanikki:20180825154828j:plain

 

映画では、作家夫婦、お隣の老夫婦、編集者の夫婦、そして作家の両親など、それぞれの家庭の夫婦像が優しく描かれています。

大切な人を残して黄泉の国に旅立たなければならない妻や夫。

残された夫や妻の気持ちを思うと胸がきゅんとなる。

f:id:garadanikki:20180825143228j:plain

コミカルなところもあるし、泣きたくなるところもあるし、

そして、大好きな鎌倉のあの道、この寺が沢山出てくる映画でした。

 

素晴らしい俳優さんが沢山出演していましたが、

特に良かったのは死神役の安藤サクラさん。

f:id:garadanikki:20180825154826j:plain

死神役のサクラさん、最高です。