garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

人生フルーツ

下高井戸シネマで『特集 樹木希林』が企画されていました。

『あん』は先日、テレビで鑑賞して大泣きたばかり。

『万引き家族』も観たいし、『日々是好日』も観たいが、これはDVDで見られそうな気がする。

絶対に映画館に行かないと見れそうもないのが、

『神宮希林 わたしの神様』『モリのいる場所』『そして人生フルーツ』か。

f:id:garadanikki:20190204112320j:plain

 

『人生フルーツ』はなんとしても観たい。

樹木希林さんがナレーションするこの作品は、津端夫妻のドキュメント映画。

おふたりのことは、テレビで偶然拝見し、たちまちくぎ付けになったんです。

 

これだけは絶対に観たい。

f:id:garadanikki:20190204122140j:plain

 

津端修一さんと英子さんご夫婦のことを知ったのは、2013年のことでした。

何気なくつけたテレビでお二人のことを放送していたんですが、途中からでした。

その時の記事がこちら⤵

本も買いました。料理のレシピも載っていて宝物。

f:id:ガラダニッキ:20190204122207j:普通

 

 

下高井戸シネマは、しぶい映画を上演している単館映画館です。

『人生フルーツ』は、朝10:00の回だけで、5日間の短い開催なので急がないと。。。

 

あれっ? なんか人がいっぱい。 

f:id:garadanikki:20190204112303j:plain

 

10時5分前に、入り口に行列が出来ています。

f:id:garadanikki:20190204112304j:plain

行列の最後尾は、階段下まで続いています。

定席はすでに満席で、補助席がいくつ出せるかやってる最中らしい。

ダメ元で並んでみました。

 

私の3人前までで補助席が終了。

「あとは御立見になりますが」とのこと。

どうしようか・・・・な

今日はめまいがないので出かけてきたけれど、どうしようかな、立って見られるかな。

私の後ろには70代の男性も並んでいます。

おじいさまも立ち見? それなら私も・・・頑張るか。

 

1時間半くらいだからまあ、なんとかなるか

f:id:garadanikki:20190204112305j:plain

 

 

 

観終わりました。

静かな感動につつまれました。ムリしてでも観てよかった。

f:id:garadanikki:20190204112310j:plain

観客は、年配者が多かったです。

津端さんご夫婦の、チャーミングなシーンになると会場から「うふふ」と笑い声があがります。

 

そして。。。

実は修一さんは、このドキュメンタリー映画を撮っている時 ( 2015年6月 ) に永眠されまして、

そのことに触れたシーンになると会場のあちこちから、すすり泣きが聞こえました。

もちろん私もその中のひとり。

 

観客はみんな、このご夫婦が愛しくて愛しくてたまならないみたい。

憧れなんだと思う、本当に素敵なカップルなんだもの。

 

 

ここが、津端さんの家。

f:id:garadanikki:20190204112312j:plain

愛知県の高蔵寺ニュータウンの一隅にある、雑木林に囲まれた平屋。

建築家の修一さんが、師であるアントニン・レーモンドさんの自邸に倣って建てたものだそうです。

 

修一さんは日本住宅公団のエースとして、この高蔵寺ニュータウンの都市計画を携わられました。

彼のコンセプトは「風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウン」でした。

しかし時代はそれを許さず。

結局、完成したニュータウンは修一さんの理想とはほど遠い無機質な大規模団地でした。

 

修一さんは自ら手掛けたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育て始めました。

自分たちが山を切り崩し開発した土地を、もう一度緑豊かな場所に戻したかったからです。

それから50年。

津端夫妻は、コツコツ、ゆっくりと土地を耕し、肥沃な土を作ってきました。

f:id:garadanikki:20190204112313j:plain

 

この映画は、津端さん夫婦の日常を、2年の歳月をかけて記録したもの。

多くの方が注目しているのは、キッチンガーデンの素晴らしさもあるけれど、

その野菜や果物で作る英子さんの手料理の見事さも魅力だし、

修一さんのイラストの愛らしさも魅力です。

 

修一さんは日に何通も、こんな絵はがきを送られるそうです ⤵ 

f:id:ガラダニッキ:20190204112317j:普通

手紙の送り先は、魚屋さんだったり肉屋さんだったり。

英子さんが町に出て買ってきた魚や肉を、

美味しかったですとか、こんな風にして食べましたと書いて送る。

嬉しいだろうなぁ、こんな素敵な礼状をいただいたら。

 

修一さんが書いた二人のイラスト⤵

f:id:garadanikki:20190204112311j:plain

 

修一さんは、菜園に立てる木札を黄色いペンキで作ります。

f:id:garadanikki:20190205231851j:plain

どれも可愛い。

f:id:garadanikki:20190205232335j:plain f:id:garadanikki:20190205231917j:plain

 

本編に、のっぽの修一さんが棘のある枝に頭をぶつけてしまうシーンがありました。

英子さんが「もっとかがんで」と言って、修一さんの頭から枝を払ってました。

次のカットに、椅子に座らされてる修一さんの頭に、マキロンを塗ってる英子さん。

 

とても可愛いのです。

大先輩に可愛いなんて失礼ですが、本当にお二人のしぐさが可愛いのです。

 

英子さんの作る朝ごはん⤵ 

f:id:garadanikki:20190204112316j:plain

野菜があまり好きでない修一さんは朝からうなぎだったりする。

朝食は修一さんは和食。英子さんはパン食。

好きなものを食べるのが健康の秘訣だそうな。

 

鯵のひものの下に、近所のにゃんこ⤵ 

f:id:ガラダニッキ:20190204112318j:普通

 

心にしみる映画でした。

立ち見だったけれど、あっという間に思えました。

お二人を見習って、コツコツと何かをやっていこうと思いました。

 

 

 

おまけの写真

世田谷線

f:id:garadanikki:20190204112309j:plain

 

ドラマ「家政婦は見た」の大沢家政婦紹介所として使われていたお家。

f:id:garadanikki:20190204112308j:plain

 

因みに。

『人生フルーツ』は自主映画会をする団体 ( 人 ) を募集してました。

f:id:garadanikki:20190204112319j:plain

 

もうひとつ因みに⤵

私の愛してやまない場所、阿佐ヶ谷住宅は、津端修一さんが手掛けられたものでした。

f:id:garadanikki:20190204121347j:plain

f:id:garadanikki:20190204121343j:plain

今はなき、阿佐ヶ谷住宅は、それこそ「風が吹き抜ける素敵な空間」でした。

PHOTOBAKO VOL.14

阿佐ヶ谷住宅のお話はまたの機会に、是非聞いてください。

 

 

追記

人生フルーツのテレビ放送は今のところない模様ですが、

YouTubeで予告編がありましたので貼り付けておきます。