garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

湯けむりの里に行ってきました

このコンテンツは、2月27日のものです。

高級旅館のような入り口は、スーパー銭湯。

f:id:garadanikki:20190417153620j:plain

東急田園都市線 宮前平駅からほど近い高台にある『湯けむりの里』という温泉施設です。

f:id:garadanikki:20190417153552j:plain

ここのところ、水曜日になると

《整体で体をほぐし》→《スーパー銭湯で温まる》というコースが続いています。

理由は私の腰痛治療によるもの。

腰痛の原因が「にゃんこの集会所で体を冷やし過ぎたせいだ」と言う整体の先生とMOURI に責められておりますの。

でも流石に2人とも「集会所通い」を禁止に出来ないから、「なるべく温めるように」つてことで風呂通いなのです。

 

湯けむりの里は、同年代の友人からのおススメで知りました。

友人も夫婦で都内のスーパー銭湯めぐりをしていて、ここが一番落ち着いていて大人向けとのこと。

 

ホントだ、友人の言うとおり、大人っぽい造りです。

f:id:garadanikki:20190417153553j:plain

 

ロビーを通り抜け

f:id:garadanikki:20190417153556j:plain

 

お土産処をスルーして

f:id:garadanikki:20190417153554j:plain

 

奥にすすむと、入浴エリアです。

f:id:garadanikki:20190417153555j:plain

 

ここからはカメラ禁止。

お風呂及びリクライニング施設の写真は施設サイトからお借りしました。

f:id:garadanikki:20190417153616j:plain

おお立派じゃ、立派じゃ。

スーパー銭湯は、肝心のお風呂の写真が撮れないからねぇ。

それにお客さんも写せないから、自分で撮れるのは食事の写真だけです。

 

室内のお風呂は、 黒っぽい源泉の浴槽と、腰かけ湯があります。

f:id:garadanikki:20190417154014j:plain f:id:garadanikki:20190417154029j:plain

 

それからバブルのお風呂もあるけど、なかなか空かない。

f:id:garadanikki:20190417154043j:plain

 

外には寝湯と、壺湯がありました。

f:id:garadanikki:20190417154002j:plain f:id:garadanikki:20190417154117j:plain

HPの壺湯の写真は上記 ⤴ のような感じでしたけど、

実際は下記 ⤵ のように、ひとつひとつが和紙っぽい壁で隔てられていて落ち着きます。

f:id:garadanikki:20190417153617j:plain

 

待ち合わせは一時間後ですが、烏の行水の私は早々に入浴を終え、

リクライニングシートがある部屋で時間をつぶすことにしました。

f:id:garadanikki:20190417153618j:plain

これもHPの写真なので誰も写っていませんが、実際は満席。

人気のようで、なかなか空きません。

 

やっと待ち合わせの時間になったので、食事処に行きます。

f:id:garadanikki:20190417153619j:plain

『湯けむりの里』は、椅子やテーブルや調度品がシックでお洒落です。

どのタイプの椅子も、とても座りやすい。

 

スーパー銭湯の愉しみといえば、風呂と食事でしょう。

f:id:garadanikki:20190417153611j:plain

初回は14時頃でしたが、広間は満席で個室に通されました。

f:id:garadanikki:20190417153610j:plain

 

木製のロールスクリーンで仕切られていて、お隣までの距離もゆったりしています。

f:id:garadanikki:20190417153558j:plain

 

さて何を食べよう。

まずは「枝豆」350円也

f:id:garadanikki:20190417153557j:plain

 

 

食事処《心音 ( KOKONE ) 》は、豆腐料理がイチオシのようです。

「店仕込み 熟成心音豆冨」550円也

f:id:garadanikki:20190417153559j:plain

 

「若鶏の唐揚げ」500円也

f:id:garadanikki:20190417153601j:plain

 

新鮮 砂肝とザーサイの和え物480円也

f:id:garadanikki:20190417153600j:plain

これ美味しい!

塩コショウでサッと炒めた砂肝に、ザーサイを合わせているんですが、

胡麻油の風味がして、ちょっとねっとりしているのは黄身を足しているのかな。

とにかく美味しいので、近々作ってみる。

 

軽食の後、もう一度お風呂に向かいます。

f:id:garadanikki:20190417153602j:plain

 

こちらは男湯の露天風呂⤵

f:id:garadanikki:20190417153615j:plain

やはり、女湯より広い。

 

40分ほど温まったら、もう一度さっきのお食事処に。。。

今度は、広間の和室テーブル。

広間といってもこちらも端近ではなく落ち着いています。

床の間の花も灯も、なかなかお洒落。

f:id:garadanikki:20190417153603j:plain

 

第二弾は、ガッツリ食べる

広島県産 カキフライ950円也

f:id:garadanikki:20190417153605j:plain

 

手作り豆冨の彩りサラダ780円也

f:id:garadanikki:20190417153604j:plain

 

串焼き盛り合わせ1,180円也

f:id:garadanikki:20190417153606j:plain

ししとう・つくね・ぼんじり・ねぎま・もも

 

ピリ辛豚キムチのさっぱり冷麺980円也

f:id:garadanikki:20190417153607j:plain

冬のメニュー⤵

https://www.yukemurinosato.com/miyamaedaira/wp-content/uploads/2017/12/2018wintermenu.30.pdf



あえて料金を書いたのは、リーズナブルな価格設定だと思ったからです。

何とか御前といったものは1,100円以上でしたが、それでも観光地のどえりゃー値段ではない。

施設使用料金も取っているので、食事処の価格は抑えているようです。

スーパー銭湯って贅沢といえば贅沢だけど、クーポンやネット割引を利用すれば、

そこそこイケるレジャーかも知れません。

一日5時間くらい居られて楽しめますしね。

湯けむりの里 宮前平店

f:id:garadanikki:20190417153614j:plain


〒:川崎市宮前区宮前平2-13-3
TEL:044-860-2641
定休日:無休
営業時間:平日 10:00~24:00
土日祝 9:00〜24:00