garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

土曜日の食卓_牡蛎vol2

お菓子作家-KAYANOさん主催の土曜の食卓、今回 ( 3/23 ) は、第二弾牡蛎パーティーです。

 

まずはウェルカムドリンク 自家製かぼす酒 で乾杯

f:id:garadanikki:20190429113131j:plain

 

始めから美しい料理です。

りんごと春菊のサラダ トッピングは柘榴

f:id:garadanikki:20190429113132j:plain

春菊を生で食べられるなんて、幸せ。

りんごとザクロを合わせるなんて、いやまいった。

 

 

生ガキが出番を待っています。

f:id:garadanikki:20190429113134j:plain

 

これは珍しい野菜。

何かというと、、、、、高菜なんですって。

f:id:garadanikki:20190429113133j:plain

生の高菜はなかなか手に入らない。

KAYANOさんも見つけた時に小躍りしたらしい。

高菜といえば高菜漬けでしか食べたことがありませんでしたが、

臭みや苦味がなく、甘くて新鮮な味でとても美味しかったです。

青臭さを抑える為なのでしょうか、胡麻の風味がよかったです。

 

生ガキにつけるソースが並んでいます。

f:id:garadanikki:20190429113136j:plain

左から、ライムにレモン、白いのは水切りしたヨーグルトに胡瓜が入ったものだそうです。

それからトマトのちょっと辛いソース。

緑のは何だったかな、ジャジリ? うーんわからなくなりました。

 

チコリに乗せてあるのは、燻製した感じの牡蛎

f:id:garadanikki:20190429113135j:plain

手作りのビーツの酢漬け

f:id:garadanikki:20190429113145j:plain

滅茶苦茶美味しい。

甘酸っぱいビーツ、こんなに美味しく漬けられているのは初めてです。

 

生牡蠣のキムチ

f:id:garadanikki:20190429113137j:plain

こんなキムチのソースも作ってしまうんだから、

やっぱりKAYANOさんは天才

 

 

皿に盛りつけてみました。

f:id:garadanikki:20190429113146j:plain

 

どれもこれも美味しい。

・・・美味しいしか出てこない、ボキャの貧困さが悔しい。

 

牡蛎のお好み焼き登場

f:id:garadanikki:20190429113149j:plain

 

左がパン粉を乗せたもの、右はホワイトソースにホウレンソウがあしらわれたもの。
f:id:garadanikki:20190429113148j:plain

 

パン粉はバターとガーリックが効いていて、非常にうまい。

f:id:garadanikki:20190429113151j:plain

 

一方こちらはホワイトソースが優しくて、これまたうまい。

f:id:garadanikki:20190429113152j:plain

 

牡蛎は組み合わせによって色々な表情を出してくれます。

焼いてもよし、蒸してもよし、生でよし。

最高の食材です。

 

ここでちょっとブレイク。

今回出席された方がお土産に持ってこられたおつまみですが、

これがまた美味しかった。

f:id:garadanikki:20190429113153j:plain

こがねトップというのはするめの先の三角の部分なんですと。

柔らかくて甘くて、癖になりそうです。

f:id:garadanikki:20190429113154j:plain

購入できそうなサイトを探しておきました。


ジャカジャカジャカジャカ ジャーーーン

本日のメインディッシュは、牡蛎のパエリア

f:id:garadanikki:20190429113155j:plain

先日、橋本の熟成肉居酒屋「レットキング」で、美味しいパエリアを食べたという話をしたら、

「牡蛎のパエリアもいいわね」と作ってくれました。

そんな一言で、どんどん献立が立てられるなんて、やはり百戦錬磨のプロ。

 

 

本日のデザートは、、、こちら

f:id:garadanikki:20190429114621j:plain

何だか、とても毒々しい色が、生の素材の色なんですって。

こちらの正体は、ブラッドオレンジ⤵

f:id:garadanikki:20190429113158j:plain

ブラッドって血でしょう?

皮をむいただけで、こういう色なんですって。

てっきり赤ワインか何かを足したのかと思いましたが、素のままです。

味はすっきり甘くてとても美味。

ブラッドオレンジ、見つけたら買ってみよう。

・・・でも、そうそうお目にかからないでしょうが。

 

 

 

 

KAYANOさんの食卓には、珍しい食材が沢山のぼります。

今回は、生の高菜とブラッドオレンジでした。

でも珍しいものだけではなく、牡蛎ひとつでも、色々な調理法があって、

飽きずに色々楽しめることも教えて貰えました。

 

食べた牡蛎の量は、半端じゃありません。

出席者6人で、生50個、蒸し50個、焼き50個 そして牡蛎パエリアに20個。

1人あたま何個になるのか? どんだけー? の食卓でした。

 

因みに、琺瑯に氷づけされていた生牡蛎は、途中から私が剥かせてもらいました。

f:id:garadanikki:20190429113134j:plain

初めての牡蛎こじあけ作業。

「手、絶対に切らないでね」と言われ、軍手を着用。

気をつけても牡蛎の殻でグサリとやるんだそうです。

手慣れたKAYANOさんでさえ、途中で負傷されてました。

 

絆創膏してるKAYANOさん

f:id:garadanikki:20190429113157j:plain

 

おっかなびっくりの牡蛎こじあけでしたが、

慣れるに従い上手く早く出来るようになりました。

コツ、つかめたようです。

 

でも、来年やる時は、また最初からなんでしょうね。

いや~楽しかった❤

そして、美味しかった❤ ごちそうさまでした。