garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

私の日々是好日

2月5日、下高井戸シネマで『日日是好日』を観た。

 

1~2月、下高井戸シネマは、樹木希林さんの特集を組んでいる。

先日テレビで「あん」は、観られたし、「人生フルーツ」も一昨日ここで堪能。

あとは「モリのいる場所」だなあ。他の作品はDVDになりそうだから。

f:id:garadanikki:20190204112320j:plain

 

 

日日是好日を見て、樹木希林さんのおさまりの良さに驚愕した。

本物のお茶の先生にしか見えなかった。 

f:id:garadanikki:20190406142928j:plain

私の樹木希林像は、やはり 「ジュリー」で始まる。

悠木千帆という名の頃には郷ひろみと林檎殺人事件を歌い、

西城秀樹には「祖母ちゃん汚ねーなー」と突き飛ばされ、

マチャアキと風呂屋女湯を駆け回っていた。

久世光彦のスキャンダルをすっぱ抜き、ロックンローラー内田裕也と結婚し、

公私ともにブイブイ言わせてきた、それが樹木希林のイメージである。

 

誰よりも流行り売れ線を嗅ぎ分ける嗅覚を持ち。←悪い意味ではない。

つねに話題作の中に身をおき、八面六臂の活躍をしてきた。

樹木希林は、旦那より数段ロックな気質の人だったと思う。

 

そんな彼女が、晩年選んだ作品の数々は、怪優《樹木希林》に磨きをかけた。

 

万引きをするワケあり家族の長。

芸術家の妻。

元ハンセン病患者。

そして、茶道の先生。 

f:id:garadanikki:20190406142937j:plain

 

名優 高倉健は、どんな映画でどんな役をしても《高倉健》だった。

それは決して悪いことではない。

世間がそれを求め、彼がそれを受け止めたのだから。

怪優 樹木希林は、映画ごと役ごとに多彩な顔を見せた。

ひとつとして同じ顔はないハズなのに《樹木希林》は《樹木希林》だった。



老いた人の、着物を着なれた人の、茶道の先生の座り方

             どこで習得されたのだろう。

f:id:garadanikki:20190406142932j:plain

 

ひょんなことから、近所のお茶の教室に通い始める典子 ( 黒木華 ) 。

「面白そうね、私もやろうかな」と一緒に通う従妹の美智子 ( 多部未華子 )  。

f:id:garadanikki:20190406142934j:plain

通い始めたばかりの彼女たちは、作法の意味を聞きたがる。

「ううーん、、、なんでかは いいの。やっている内にわかってくることがあるのよ」

質問攻めにあう武田先生 ( 樹木希林 ) は、もどかしそうに言う。

何でも理屈で理解しようとする若い子たちに対して、

五感を磨き、鍛錬を続けるうちにわかってくることの大切さを、先生は気づかせたかったのだ。

このシーンで発した希林さんの「ううーん」という声が、私は忘れられない。

やがて美智子は結婚をし教室を去り、典子だけが残る。

f:id:garadanikki:20190406142935j:plain

 

何回も何回も同じ作法を続けていく内に、

昨日とは違う《何か》を、ふっと気づくことがあった。

f:id:garadanikki:20190406142931j:plain

武田先生は、典子の開眼を見逃さなかった。

f:id:garadanikki:20190406142930j:plain

 

恋人との破局、父親の死、色々なことを経験した典子に、

f:id:garadanikki:20190406142936j:plain

静かに寄り添ってくれたのが武田先生であり、お茶であった。

f:id:garadanikki:20190406142929j:plain

 

心の中をしみじみと、静かにかきまわし、感動させてくれた名作だった。

劇場から出て歩き始めた時、前を歩いていたご婦人が携帯電話をかけはじめた。

「今ね、見終わったところ。凄いのよ、ホントにお茶わかってるわ。

 あなたも見るといいわ、ホントに凄いんだから」

興奮さめやらぬ口調で友達に話をしている。

多分、彼女は茶道をしている人だと思う。

 

お茶の世界を知っていたら、私の数倍、数十倍楽しめ感動する映画なのだろう。

季節の移り変わりや、掛け軸、書、茶器、花器。

そういうものを知っていればいるほど、楽しいのだと思う。

私のように素養がなくても十分感心したのだから。

 

真っすぐ帰る気になれずに、喫茶店の立ち寄った。

 

COFFEE & ROASTER two-three

f:id:garadanikki:20190406142927j:plain

 

お抹茶の代わりに、大好きなコーヒー

f:id:garadanikki:20190406142925j:plain

初回にいただいた「あじさいブレンド」に近いブレンドをとリクエストした。

プリンも、ホッとさせてくれる味だった。

f:id:garadanikki:20190406142924j:plain

 

良い映画やコンサート、芝居を観た後は、

真っすぐ帰りたくないのは、私だけだろうか。

f:id:garadanikki:20190406142922j:plain

自転車を停め、花曇りの児童公園でぼんやり。

あっ、花曇りというのは晩春の季語だから適切ではないか。

映画を観た後は、季節感を大切にしないといけないと思った。

f:id:garadanikki:20190406142923j:plain

見上げると、桜の木にぷっくりした蕾が見えた。

今日は、私の日々是好日

 

 

f:id:garadanikki:20190406142921j:plain