garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

コタヌのくせ

 

コタヌです。

大物感ありませんか? 

喧嘩が強いわけでもないのに、強いのです。恐るべしにゃんこです。

f:id:garadanikki:20200120130753j:plain

コタヌの戦法は《呆れさせて勝つ》です。

 

コタヌ伝説 いっぱいある

じゃいあんVSコタヌ

コタヌが小さい時、この辺りで一番強いのはじゃいあんでした。

※ じゃいあんは、前にもお話した通り、昔は狂暴で手のつけられなかった子。

当時のじゃいあんは、この辺りの皆に恐れられていて、彼が来るとみんな逃げてました。

ある日、子猫のコタヌはベンチの上であおむけになって寝てました。

コタヌは小さい頃から、一度寝ると何があっても起きない子でした。

そこにじゃいあんが登場。

じゃいあんは、コタヌの体に鼻を押し付けてフンフンします。

普通の猫だったら、そんなことされる前にじゃいあんの気配だけで逃げますし、

もし爆睡してても、フンフンされれば飛び起きます。

ところがコタヌは違う。

平然と、いびきをかいて爆睡。

じゃいあんにとって、フンフン攻撃で逃げない猫は初めてでした。

結果、呆れたじゃいあんは「しょうがないなぁ」と去っていきました。

 

起きていても凄いコタヌ

コタヌが周囲の猫から呆れられるのは、話が通じないからみたいです。

にゃんこたちを見ていると、会話をしているなとわかります。

でもコタヌは、誰に何を言われようが「ふぇ?」という態度です。

結局、物申した猫の方が、

「ダメだこりゃ、こいつに何言っても通じないもん」と諦めて去っていきます。

 

やることも強引なコタヌ

コタヌは遠慮というものはありません。

ご飯が食べたいと思ったら、他の子が食べている皿にもぐいぐい頭を押し込んで勝ちます。

膝に乗りたいと思えば、他の子が乗っていてもぐいぐい体を入れ込んで勝ちます。

《順番待ち》なんてメンドクサイことは一切しない。

 

にゃんこにはテリトリーがあります。

私が行く場所は最初がアダルトチームの居るところ。

カイさん、マダグロさん、ハタボウ、姉姫さん、とんとんなどがいます。

コタヌはそこにも越境してきます。

 

膝に乗る順番は《出て来たもん順》という暗黙のルールがあります。

大抵カイさんが一番で、マダグロさんが二番です。

ところが、そんなルールもコタヌには通じない。

ふらーっとテリトリー以外のところにもやってきて、「膝 膝 膝 」と、御姉さんたちを押しのける。

これが、その時の顔。

f:id:garadanikki:20200120130753j:plain

堂々としていているでしょう?

ズルしたという気はさらさらないので、

晴れ晴れとした顔をしてるのが可笑しい。

 

 

順番待ちをていた子たちは呆れてどっか行っちゃった。

下に残った黒いのはハタボウ。

「コタヌだもん、しょうがないよ」と背中でつぶやいてます。

f:id:garadanikki:20200120130759j:plain

 

 

コタヌには変わった癖があります。

これはその癖を発動したところ。

f:id:garadanikki:20200120130807j:plain

慌てて逃げだしたのは ぱんにゃ ←下のブレてる奴

 

ご飯を食べてる子を見ると、その子の頭の上に「ポン」と手を置きたくなる。

引掻いたり、パンチしたりじゃなく、静かにポン。

食事中の猫は、夢中ですから無防備です。

いきなり頭をポンとやられると、そりゃぶったまげるワケ。

コタヌ見てると、なんかスイッチが入るみたいなの。

「ご飯喰ってる奴いる」「あたま下げてる」「ポンしよっ」そんな感じ。

 

とにかく異端児。

やることが面白いから目が離せない。それがコタヌです。