garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

2014-08-23から1日間の記事一覧

『灰色の月』 志賀直哉

自選小説集『雪の日』新潮社 (昭和23年11月刊)を読了。初めて読む作品も、2度目の作品もあるなか、特に感動したのが『灰色の月』でした。 東京駅で連れと別れた主人公は、ひとり品川周りの省線に乗る。車内はそれほど混んではおらず、主人公は、五十近いもん…

満開の陰に…

昨年は、ゴーヤ。今年はそれに加えて朝顔育てました。朝顔は昼過ぎにはしぼんてしまうし、これだけ沢山あれば水遣りも早朝からしなとね。自然と早起きになりました。今朝はまた満開。 今までで一番凄い。ひーふーみー 38個咲いてる。 うわ~。しばらく見惚れ…

日産書房  『赤蛙』 を読む

目下、一番好きな古書。島木健作『赤蛙』 日産書房刊 昭和23年の初版本です。島木健作さんが亡くなられたのが昭和20年8月17日だから、これは遺作集。 美しい本でしょう? 島木作品は、作者が亡くなって61年経つのでいくらでもネットで読めます。でも古い人間…