garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

2020-06-04から1日間の記事一覧

徳田秋聲『黴』

徳田秋聲「黴」を読了しました 「黴」は徳田秋聲が41歳の時に発表した私小説です。 世間的には、 「自然主義文学を確立、同時に第一級の私小説としても傑作と謳われる」 「じめじめした黴の生えたような重苦しい生活を突き放した眼で描き尽くし、 自然主義小…