garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

Marco宙を飛ぶ Part 1

Marcoが歩けるようになったのは一歳半だった。

ところが2歳になっても歩行器を手離そうとしない。

部屋から部屋へ敷居をまたぐのに、歩行器を「ヒョイッ」と持ち上げて「つつつ」と歩く。

Marcoにとって歩行器は《動く椅子》のようである。

 

なんて無精な子だ・・・・

 

今日もいつものように歩行器で敷居をまたいだ まではいいが、

勢いがつき過ぎて 庭の池まで飛んでいた。

 

f:id:garadanikki:20200705185104j:plain

UFO のようだった。                     Marcoの母