garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

鎌倉野菜を買いに… かん太村

 

鎌倉野菜を買いにきました。

藤沢から大船行きのバスにゆられて20分。

f:id:garadanikki:20141204101924j:plain

 

関谷インターで下車すると、、、

見えてきた『かん太村』! 

f:id:garadanikki:20141204101925j:plain

 

かん太村は、ネットで見つけた直売所です。

f:id:garadanikki:20141204101927j:plain

 

へぇ、お弁当も売ってるんだ。

f:id:garadanikki:20141204101926j:plain

 

ある、ある。鎌倉野菜が沢山!

f:id:garadanikki:20141204101938j:plain

見たこともない野菜もある。

 

くらま大根に紅しぐれ            リーフレタスに「貴重」と書いてある

f:id:garadanikki:20141204101928j:plain f:id:garadanikki:20141204101931j:plain


こちらは紅芯大根と紅甘味大根          小かぶ 目茶苦茶甘いんだって

f:id:garadanikki:20141204101932j:plain f:id:garadanikki:20141204101933j:plain

ああっ、どうしよう 色々ありすぎて困った困った。


日野菜かぶに、おおおっ、八頭がある         冬瓜も捨てがたい

f:id:garadanikki:20141204101934j:plain f:id:garadanikki:20141204101935j:plain


にんじんもオレンジと黄色があります       からし菜とオータムポエム

f:id:garadanikki:20141204101936j:plain f:id:garadanikki:20141204101937j:plain

 

お店番は、それはそれは綺麗なお姉さんです。

珍しい野菜の特徴や食べ方を聞くと、いろいろ教えてくれます。

f:id:garadanikki:20141204101940j:plain

お姉さんは、インカムみたいなの付けていて、説明してる途中でど忘れしちゃったことがあったらしく、

マイクに向って叫びます。「長~! 村長~!」

現れたのは、そうだなぁ、30代後半のバリバリ明るくて感じの良いお兄さんでした。

 

村長曰く。

くらま大根は普通の大根より、煮付ける時に 味が深く入っていくんだそうです。

f:id:garadanikki:20141204101930j:plain

ぶり大根にしても、ふろふき大根にしても凄く美味しく出来上がるそうです。

難点は、育成の段階でパンッとはじけて割れてしまったりして、欠陥品になりやすい。

だから、農家ではなかなか作りたがらないのだそうです。

そんなリスクを犯してまで作ってくれるんだもの、貴重です。

 

「こんなに綺麗に出来るのは珍しいんですよ。絶対オススメ。

 一番おっきいの選んで持ってってね」と言って、厨房の方へ戻っていきました。

 


勢い こんなに買ってしまった。〆て1,740円。 

f:id:garadanikki:20141204101939j:plain

直売所の並びに、ヤマト運輸があったので、よっぽど宅配しようかと思ったぐらい重い!

でも《 慾とふたり連れ》で、持って帰ります。

 


お弁当を売ってる。

テーブルと椅子があるので、ここでも食べられるんだって。 

f:id:garadanikki:20141204101942j:plain


野菜カレーをお願いしました。

f:id:garadanikki:20141204101943j:plain

美味しいっ!!

普段食べるカレーより、甘くてすっぱい感じです。

トマトが沢山入っているんだと思います。

香辛料を効かせた いわゆる普通のカレー味だと、野菜の味がわからなくなっちゃうでしょう?

その辺を熟慮して作られた《スーパー  野菜に合う カレールー》

凄い!


素揚げされた野菜(ブロッコリー、ジャガイモ、カブ)が、絶品です。

素揚げなんてニクいことするな。

野菜の甘さが存分に楽しめました、ごちそうさまでした。

 

f:id:garadanikki:20140914204148j:plain


かん太村は、出来て間もない直売所のようです。

村長はじめスタッフの方が明るくて、勢いがあって、勉強熱心です。

かいらん菜の話をしたら「初めて聞きました、かい・らん・な ですか?」と言った途端、「村長、村長~」とまたも村長を呼び寄せて、かいらん菜って知ってるかどうか聞いたと思ったら、自分でもスマホで調べ始めてる。

 

ばれて、び出て、ジャジャジャジャ~んの村長も かいらん菜をご存知なくて、
「ねえねえ、僕作るからさ、今度、手に入ったら持ってきてくれない? 

 食べさせてよぉ。」ですって。

なんて意外で、お茶目な応対なんでしょう。

そこにいた人みんな笑ってました。

鎌倉野菜市場 かん太村
〒:鎌倉市関谷685-1
Tel:0467-47-7475