garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

三崎に買出し (Vol.3) 石井商店

f:id:garadanikki:20150105110454j:plain三崎港へ向う表通りが混んでいるので、

油壺の方から行こう。

油壺の海も見たいけど、いくらなんでも寄り道し過ぎ。

でも石井商店には寄ります。

 

石井商店は5年前、初めて油壺を徘徊したときに見つけたお店で、ジモティーご用達の魚屋さん。


f:id:garadanikki:20150105110455j:plain

 

6月に三崎港の湊魚問屋に行った時も

ご主人が話してた。
「ウチはサザエやアサリは置いてなくて、

 自分んとこで食べるものは石井商店に行く」

魚屋さんが買いに行く魚屋さんなんだから、
信頼のおける店でしょうよ。

 

f:id:garadanikki:20150105110456j:plain f:id:garadanikki:20150105110458j:plain

自家製ゆでだこ
今茹であがったところなんだって。
「さっき来た ( 近所の ) 奥さん、お正月用にって昨日買ったの食べちゃったんだって、また買いに来られたのよ」と女将さん、笑って言ってました。
我が家の正月、いつもは赤い酢だこなんだけど、今年はこれにしてみようかな。

伊勢海老を勧められましたが、散々悩んだ結果、アサリとハマグリにします。
 

f:id:garadanikki:20140914204148j:plain


石井商店のことを、あらためて調べていたら、まぐろ問屋を運営されている、やざえもんさんのサイトに、
こんな紹介文が掲載されてました。

『天然の貯蔵庫』
三崎は戦時中の防空壕のような穴が海岸近くにたくさんあります。
実際、防空壕なのか武器の貯蔵庫なのかは分かりませんが、とりあえずほら穴がたくさんあります。
その洞窟をうまく使っている、魚屋さんをご紹介。

三崎の油壺のふもとに店を抱える石井商店。
こちらは、漁師から直接買い付けたサザエなどをなんとこの洞窟に貯蔵しています。水を絶えずポンプで組み入れ、夏は涼しく冬はあったかいこの穴はサザエなどを活かしておくには最適。
先日、三崎見学に来ていただいたお客様にもご紹介しました。

場所は秘密ですが、この洞窟はかなりレアスポット。こういった施設?を持っているので漁師さんも安心してこちらに持ち込みがあるようです。
石井商店はサザエ、アワビ、伊勢エビなど直販もしているので三崎に来られる際は、立ち寄ってみては!?

 

じゃらん~石井商店
〒238-0225 神奈川県三浦市三崎町小網代1306
営業時間:8時~17時 年中無休

まぐろ問屋の日記~三崎サザエ