garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

佐賀町を歩く ~ 上之橋

 

「昔の面影がどこかにないかな」と思い、歩いていたら

上之橋についての案内板があった。

f:id:garadanikki:20150128114457j:plain

要約すると、

昔、この辺りに上之橋、中之橋、下之橋という3つの橋があって、

それらを境に上佐賀、中佐賀、下佐賀という地名だった。

中之橋と下之橋があった場所は埋立られ、既に橋はなく、

上之橋の部分も川が暗渠化されたので橋は撤去された との由。

 

 

今では、橋名を刻んだ親柱4本が、記念として残っているだけ。

f:id:garadanikki:20140127140522j:plain f:id:garadanikki:20140127140626j:plain

 

こんな橋が、架かっていたのか。

f:id:garadanikki:20140127140447j:plain

 

昔の地図を見ると、上中下の三つの橋が全部ある。

f:id:garadanikki:20150128114814j:plain

建設省国土地理院所蔵 明治17年7月『東京府武蔵國日本橋區蛎殻町及深川區佐賀町西大工町近傍』


地図の検索 - goo地図では現在の地図と古地図が比べられるから、地図好きには堪らない。

※ ただし、世田谷区や杉並区など東南の、昔は中心地から離れた村の古地図はない。

 

 

同じ場所を過去から現在まで並べてみた。

まず 明治の地図

f:id:garadanikki:20150128114849j:plain


昭和22年の写真図

f:id:garadanikki:20150128114937j:plain


昭和38年の写真図

f:id:garadanikki:20150128115022j:plain


そしてこれが現在

f:id:garadanikki:20150128115055j:plain


《橋を架ける》というのは、《進歩》かと思いがちだが、そうではなかった。

川や海を埋め立てたり暗渠化してしまえば、橋は要らなくなる。

特にこの辺りは埋め立て埋め立てで出来ていった場所だから、どんどん様子が変わる。

 

古地図と現在の地図を見比べる時、よく私は寺社仏閣と川・橋を目印にしていたけれど、

そうはいかないことも多いのだと複雑に気持ちになった。

 

 

佐賀町を歩く  つづく。