garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

ロミ君と再会

 

にゃんこに会いたくて集会場に行くと、「グルグル」と喉を鳴らして近づいてくる子がいた。

 

「グレゴリーかい?」

違うよ!とムッとした顔をしつつも「グルル」と喉を鳴らしている。

f:id:garadanikki:20220129155720j:plain

 

よく顔を見て驚いた。

半年前から姿を消していたロミだった。

f:id:garadanikki:20220129155801j:plain

「ロミ君かい?」と聞いたら

「やっと、わかったの」という顔である。


まあ、凄くおデブになっちゃって、去勢手術をされた印がある。

f:id:garadanikki:20220129155755j:plain




1年3ヵ月前のロミ ↓

f:id:garadanikki:20150202103821j:plain

f:id:garadanikki:20150202103808j:plain


はじめてロミに会ったのは、1年半前、2012年7月4日 のことだった。

 ロミには、さみという兄弟がいたのだけれど、

さみは貰われていって、ロミがひとり残った。

 

ロミがここから姿を見せなくなったのは、8ヵ月前だった。

苛めっ子のじゃいあんに襲われてから、どこから行ってしまった。

 

雄猫は自分のテリトリーを守る為、雄猫と喧嘩して相手を蹴散らすものだが、

じゃいあんの場合は常軌を逸している。

生後1年内外の子猫は狙わないものだが、じゃいあんは凶暴で子猫も襲う。

 

しかも狙うのは首だ。

動物が相手の首を噛むのは “ 脅す ”ではなく “ 殺す ”を意味する。

じゃいあんに噛まれて怪我した猫を数多く見てきたが、ロミもその対象となった。

 


じゃいあんの憎らしい雄姿 ⤵

f:id:garadanikki:20150202105325j:plain f:id:garadanikki:20150202105327j:plain


1年半前のロミは、こんなにスリムだったのに

f:id:garadanikki:20150202111938j:plain


ロミがデブちんになって戻ってきたのは、大人になった証拠。

体格でいえば じゃいあんに勝るから、子供の頃みたいにはやられないだろう。

じゃいあんには、みんなが団結して戦えばなんとかなりそうなものだが、

とにかく争いごとない平和な場所になればいいのにと思うけれど、

野生の地ではそうもいかないのかも知れない。

 

 

なんとなく、ソワソワ ビクビク、辺りを警戒している若い猫たち

f:id:garadanikki:20140203213137j:plain f:id:garadanikki:20140203213535j:plain

f:id:garadanikki:20220129155743j:plain f:id:garadanikki:20220129155813j:plain

ジュントラさんは食欲には勝てない様子 (;^_^A

f:id:garadanikki:20220129155807j:plain