garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

甘いさつまいも

 

『紅はるか』という甘いさつまいもの虜になっている。

ひところは安納芋にハマっていたが、紅はるかはさらに甘い。

 

最近、スーパーの入り口の一番目立つ所に「焼きたてお芋」を目にするようになった。

実はあの匂いが嫌いだ。空腹で食材を選んでいる時に漂ってくるあの匂いは、料理を作ろうという意欲、想像力を無にしてしまうとてつもないパワーを持っている。

「いい匂い」というよりは、「迷惑な匂い」と思って通り過ぎているのである。

 


ところがある日、友達から貰った焼き芋を食べて驚いた。

「何これ、甘い!」と感動した品種が『紅はるか』で、スーパーの焼きいもだそうだ。

クリスタルケースには、普通の芋 ( 普通ということもないが銘柄がその時々で違うもの ) と紅はるかと両方並んでいて、包み紙で見分けがつくようになっているらしい。

 

紅はるかの焼き芋にハマった私にとって、

「迷惑だったあの匂い」は「魅惑の香り」に変わった。

ゲンキンなものです <(_ _)>

スーパーのクリスタルケースの前を空手で通り過ぎられなった頃、

紅はるかの焼き芋は販売終了になり、ケースから消した。



そんな悲嘆にくれる中、いただいたのがこの乾燥芋だった。

f:id:garadanikki:20140205223022j:plain

先日、雪の日に野菜をいただいた折、KING兄から一緒に頂戴した商品だ。

 

写真を撮ろうと思ったら、もう残り2本しかない。

柔らかそうなものから、食べやがったな。←べらんめえ調でMOURIに言ってます

 


KING兄。

これはいったいどこで手に入れたのでしょう?

乾燥芋が高価なものなのは承知しています。

ですから教えてください、ちゃんと自分で買いますから。

 

だって。

本当に、すごーく、美味しいんだもの。