garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

藤沢 『久昇』

 

鳥取につぐ「そんなウマイというなら連れてけツアー」第2弾

今回は、我が家オススメの居酒屋『久昇』に、TAMI りん と、YUKI ねーさん をお連れしました。

『久昇』は、太田和彦さんの居酒屋紀行という番組で知り、去年の秋に2人で訪れて以来、すっかりファンになってしまったお店。

なにを食べても美味しいです。

我が家では「ニッポンいちの居酒屋だ」と思っています。

 

 

いつもは2人なので、あれもこれもは食べられないけど、

今日は4人なので、食べるぞ、飲むぞ、です。

 

 

「さあ何を食べようかしら」って、これが大変なんです。

定番料理だけでも100近くあって、そのうえ月替わりのメニューもあるので、本当に迷います。

9月のオススメは、栗と梨などがフューチャーされてました。

 

f:id:garadanikki:20150224102643j:plain 予約席にセッティングされているお通し。

おおっと、いいのか、こんなボリュームあるお通し!

いちじく、エリンギ、アボカドを薄味のお出汁でたいてゴマペーストのムースが合わせてあります。

いきなりおいし~い。

 

中央白っぽいのが、ゴマペーストのムース、これまた美味しい。

 

モッツァレラチーズくらいの固さで、練りゴマが濃厚。

どうやって固めるんだろう。

マスカルポーネと生クリームを加えて、オマジナイをかけるのかな。

 

 

だし巻き玉子
f:id:garadanikki:20150224113904j:plain

 

お造り
f:id:garadanikki:20150224113938j:plain

久昇の鉄板メニュー。今日は鯛のお出汁かな?

 

しめ鯖、メダイ、かつお、たこ、大とろ

     

梨と赤貝のぬた
f:id:garadanikki:20150224114024j:plain

 

蕎麦の実のくず湯
f:id:garadanikki:20150224114055j:plain

洋ナシにしては固く、和梨にしては柔らかく

どっちなんでしょう。赤貝も新鮮、ぬたの酢加減と梨の歯ざわりが絶品。

 

蕎麦の実、ナス、椎茸、三つ葉、海老を葛湯仕立てにしてあります。ほんわりと優しい味。

おいし~い!!

     

ニシキギ
f:id:garadanikki:20150224110820j:plain

 

茗荷の卵とじ
f:id:garadanikki:20150224114132j:plain

わさびと、おかかと、ネギを混ぜたおつまみ

場所によって、咽(むせ)そうに辛かった。

ロシアンルーレットできそう。

 

茗荷の食感をキチンと残した火加減、

卵のとじ具合が最高。

甘辛の味付けも、ふくよかで美味しい。

     

にんにくの味噌ころばし
f:id:garadanikki:20150224112752j:plain

 

セロリのきんぴら
f:id:garadanikki:20150224112750j:plain

「熱いので気をつけてください」と言われたのに、MOURIが一口でいったものだから、もうたいへん。

 

もっと薄く切ったものを想像したけど、思いの他おっきい。でも食べてみたら、この大きさベストなんですね。

     

栗の甘露煮
f:id:garadanikki:20150224112753j:plain

 

牛筋の煮込み
f:id:garadanikki:20150224110825j:plain

栗を甘皮ごと甘露煮にしてあります。

文句なしの秋の味。美味しい!

 

定番の牛筋の煮込み

生クリームを合わせるなんて、やっぱり凄いわ。

 

 

【銘酒 千代菊との出会い】

今年の1月に、KYOUちゃんが鳥取のカニを調達してくれて、今宵のメンバーで盛り上がったのですが、

その時飲んだ『千代菊』は、こちらのお店で知ったお酒なんです。

千代菊は、どんな料理にも合う、飽きのこないお酒。

名居酒屋に銘酒ありです。

それからというもの我が家は千代菊を、ケース買いしています。

【たらふく食べて、しこたま飲んで】

4人の飲みっぷり、食べっぷりは、今年のカニパーティーでも立証済みですが、

今回も、…凄いです。

 

写真を撮りそびれましたが、これ以外に、おから と、焼きポテト も 堪能しました。

YUKI ねーさん も、TAMI りん も、『久昇』のこと、美味しいと、賛同してくれました。

よかった。

 

久昇(きゅうしょう) 本店
〒神奈川県藤沢市鵠沼橘1-17-2
TEL:0466-23-5003