garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

銀杏の子

 

銀杏の子。

何と称したらよいものか、わかりませんが。

銀杏が落ちて、あの臭い匂いを発するようになる2~3か月も前の、

まだ若草色の銀杏を食べたこと、ありますか?

 

「銀杏中毒」

普通の時季の銀杏でも食べすぎると銀杏中毒を起こすこともある。

だから。

おススメは出来ません。

f:id:garadanikki:20150801153323j:plain

大風でもがれて落ちたばかりの銀杏の、傷ひとつないものを食べてみます。

 

緑の果肉をこそぐと、いっぱしの殻が出て来ます。

この殻、まだ柔らかい。

指で押すだけでつぶれるほど。こじあけるのにクルミ割りきなんぞ必要なし。

中の銀杏は若草色でぷにゅぷにゅしています。

それを生で食べるのです。

 

新鮮なみずみずしい果液が口に広がります。

しぶくも、にがくもありません。

但し。落ちた時にちょっとでも実に傷がついたものだと、たちまち苦い。

 

食べてもせいぜい、3つくらいにします。

いくら美味しいからといっても、やはりお腹には毒です。

それに、そう落ちているものでもなし。

 

 

・・・こどものウチのものは、本当はおいしいんです。

仔牛でも、新芽でも、銀杏でも。。。。

禁断の味です。