garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

台東区駒形 中国飯店 楽宴の、、、、

 

人気ブログ「涅槃まで百万歩」の横チンさんの食べ歩きは、多くの人の胃袋を刺激していますが、

昨今話題になっているメニューに「楽宴の豚角煮チャーハン」がありまして、

そのチャーハンの色たるや、真っ黒なのです。

 

読者の人達も、何で味付けしているんだと興味深々。

横チンさんご本人も、家で作ってみたりされています。

 

そうなるともう気になって気になって仕方が無い。

病院の待ち時間 ( 受付から受診まで3時間 ) を利用して決行しました。

f:id:garadanikki:20151210114739j:plain

おお、ここがそうか。

f:id:garadanikki:20151210114735j:plain f:id:garadanikki:20151210114736j:plain

ランチ時は、この二枚の看板メニューから選ぶ感じなのね。

店内は、サラリーマンと学生でごった返しています。今、12時55分。

f:id:garadanikki:20151210114737j:plain

お店のオネェさんに注文。

もちろん豚角煮チャーハンですのよ。

 

どーん

f:id:garadanikki:20151210114304j:plain

く くろい くろすぎる

f:id:garadanikki:20151210114302j:plain

黒光りする凄いヤツ

f:id:garadanikki:20151210114303j:plain

なるほど。

横チンさんがレポートされている通り、

豚の角煮の肉の油がジュワッと口の中に広がり、青菜がいいアクセントになり、

色の割りにしょっぱくない。

・・・・しょっぱく、、、ない・・・・ううん。

かなり、味が濃い。

それに凄い量です。

 

こんなにあると思わなかったので、実はもう一品注文しようと思ったんですが、やめといて良かった。

とにかく凄い量なんだから。

それに最近食べた中で一番カロリーが多いでしょう。

なんといっても、お米つぶをギラギラ宝石のように輝かせているのは、ラードちゃんだと思うから。

多分、いや間違いなく、すっごい量のラードで炒めていると思います。

だから、こんな濃い色の割りにしょっぱくない。 ( いや、ショッパイんだけど )

 

で。考えました。

この色の正体。

f:id:garadanikki:20151210114740j:plain

多分これかな。中国のたまり醤油。

たまり醤油といっても日本のそれより塩っぱくなくて、すんとした味と甘味もある。

それにドロッと真っ黒けなのです。

たっぷりのラードで炒めたお米にこれを入れれば、あんな色になるんじゃないかと、

そう思ったわけです。

 

横チンさんは丁度良い味だったようですが、私にはちょっとしょっぱかったかな www

でも。

付合せのザーサイが胡麻油を利かせた薄味のもので、

スープもすごーく上品な薄味だったので、それと交互に頂きました。

お店も計算しているんですね。

 

ギリギリの濃い味で食べてもらうのが、この料理は正解なのだと納得しました。

何だか癖になるのも確かです。

ウチでも一度作ってみようかと思います。

青菜はかぶの葉と思われますが、大振りのカブの葉が避難場所 ( 失礼 ) 、いや、いいアクセントになっていますので、ウチで作る時は、カブの実の方もトッピングしようかと思います。

 

横チンさん、楽宴、いいお店ですね。

安いし、早いし、美味しいし。近くだったら日参しそう。

今度は他のメニューも食べてみたいと思います。

ご紹介ありがとうございました。