garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

おとぼけ ぴ~

 

低温火傷の治療から3回目の診察に行きました。

MAI先生の前で、ぴ~はピョンピョン飛びはねています。

「おお、元気だ。これで捻挫の方は安心だな」

「でも先生、まだ足をたたんでプルプルしてる時があるんです。一日に何回かなんですけど」

「見た限りでは治ってますよ、ほらねぇ。」

 

先生は再度、ぴ~を診てくれました。

脚力も回復してるし全く問題ないはずなんだがと首をひねります。

f:id:garadanikki:20171115185938j:plain

痛い方の右足をたたんでいるぴ~

 

「あの、どんな時に足をたたみます? 

 もしかしてお母さん ( 私のこと ) が見てる時じゃない?

 ぴ~ちゃん、やっちまったかな?」

やっちまったかって、なんのことやら。

 

「最初に足をたたんで痛そうにしてた時に、家族が心配そうに優しくしたでしょう。

 鳥くんは、そういうの覚えてるんです。

 それで、ちと甘えて、やってみるということがある。」

なんだって~~ 仮病かそれじゃ。

 

先生は笑って言いました。

「今度ね、何気なく見ていてください。

 足をたたむのが無意識の時か、それともお母さんの視線を意識してやる時なのか。

 私はもう心配ないと思うけどなぁ」

「わかりました。よっく見ないように観察してみます」

 

捻挫の方は問題ないということで、あとは爪の再生問題。

根元から真っ黒だった爪は、かなり爪の中ほどに伸びました。

f:id:garadanikki:20171115192054j:plain

 

「あと1週間様子見しましょう。

 爪の根元が健康色になり、血豆だけが爪の先にくれば大丈夫。

 もしかしたら、根元がダメで爪が支えきれずに折れるようなこともある。

 その時に出血したらすぐ連れてきてください。

 診療時間外 ( 例えば深夜 ) なら、お母さんが止血してあげてね。」

ということで止血の方法を教えていただきました。

※ 片栗粉を血の出てるところに付けて、しばらく抑えてやると血が止まったら、

  滅菌ガーゼを巻くのだそうです。

 

f:id:garadanikki:20171115140040j:plain

爪、大丈夫ならいいんだけどなぁ。

今度の診察は二週間後 ( 11/28 ) 

もう一週間、痛み止めを飲ませて様子を見ることになりました。

フラミンゴも仮病かどうかチェックすることにします。 

f:id:garadanikki:20171115140048j:plain

患部の爪以外を短く切っていただきました。

最初、慣れないのでよろけたりしましたが、絶好調みたいです。

爪はこんなに短く切るものなんだと知りました。

 

 

さて翌日です

f:id:garadanikki:20171115190000j:plain

いつものように私の指に止まったぴ~は、そうっと 悪い方の左足 をたたむ。

むむむ、仮病くさいぞ、ぴ~。

だから「あらぁ、まだ痛いの? 大丈夫?」とは言ってやんない。

 

そしたらその翌日

いつものように私の指にとまったぴ~は、おもむろに足をたたみました。

健康な右足 の方をです。

バレちましたよ ぴ~、もう全然痛くないんだろ、おめーーー。

足、間違えてるって。それ痛くない方の足、、、だ よ ねっ!!!

 

そうでしたか~? 違いましたっけ~?

f:id:garadanikki:20171115135959j:plain

その日からはもう、足をたたむこともなく、

    ぴ~は絶好調で飛び回っております。