garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

喫茶『地球儀』

 

京王 井の頭線の永福町にその店はありました。

f:id:garadanikki:20190620170552j:plain

《ありました》というのは、これをアップした時にはもう閉店してしまっているから。

5月24日に、自然の生命 空を見上げて ( id:beauty-sky ) さんの記事を拝見して、

飛んで行きました。最後にナポリタンが食べたくて。

 

 

 

 

懐かしの看板「やってます」

f:id:garadanikki:20190620170540j:plain

 

営業中のプレートの隣に

f:id:garadanikki:20190620170524j:plain

閉店のお知らせの張り紙。

  移転も考えていらしたのか・・・・

f:id:garadanikki:20190620171128j:plain

 

店員さんは、1人の私をさっさと4人席に案内する。

beauty-sky さんの記事にも書かれていた通りになったと笑ってしまいました。

 

あとから来た2人連れ、3人連れのために、カウンターでもいいのにと思うけど、

これがこの店の流儀。素直に、ご厚意に甘えます。

f:id:garadanikki:20190620170447j:plain

店内はほぼ満席。

タバコ休憩の営業ウーマン、漫画本を読んでいるお兄さん、ノートを広げる学生さんなどなど。

スマホをいじっている人は意外と少ない。

 

注文は、

ナポリタンでしょう、やっぱり。

f:id:garadanikki:20190620170458j:plain

ナポ単品もいいけれど、ナシゴレンとのセットにしました。

 

わかめスープ、キャベツのサラダ、プレートにどどーんとナポ&ゴレン。

玉子焼きも必須アイテム、喫茶店の正式なセットってこんなことでしょ。

f:id:garadanikki:20190620170503j:plain

 

ナポリタンは、間違いなく喫茶店のそれです。

f:id:garadanikki:20190620170511j:plain

茹でたてじゃない、ふにゃふにゃしているのが正しい。

まぎれもなく わざと冷蔵のパスタでなきゃ、喫茶店のナポリタンとは言えない。

味もそう、これこれ。

家庭で作るのより、甘酸っぱいのは、秘密のアレでしょう。

 

この味の記憶をしっかり叩き込んで帰ります。

f:id:garadanikki:20190620170517j:plain

 

もう食べられないんだなぁ、地球儀のナポリタンは。

f:id:garadanikki:20190620170440j:plain

お店の本棚には「きのう何食べた?」もありました。

読みたかったけど、

 もう少しゆっくりしたかったけど、

  こんな日に限って後が用事がつまってる。

 

今月、もう一度来れるかな。

・・・来れないだろうなぁ。

 

 

日常は《馴染の店が無くなる》なんて思わないで暮らしています。

しかし、店はいつか無くなります。

それなりの事情があって、それぞれの歴史を残して。

いつ来てもあると思うのは間違い。

一回一回の出会いを大切にしようと今さらのように思いました。

 

これが最後でもお店の匂い、お店の味は、私の体の中に残っています。

多分、明日かあさってに『ナポリタン-地球儀風』を作ってるかな。

味の記憶を確かめたくて。

f:id:garadanikki:20150114111050g:plain

こういった喫茶(純喫茶)が少なくなっているのは寂しい限りです。ソフト麺のようなナポリタンに冷コーを頼むのがデフォです。甘酸っぱい「あれ」が謎です。ウスターソース??牛乳??2019/06/25Add Stargaradanikkigaradanikkigaradanikki

たまうきさん<<<

鋭い。その通りです!!

ウスターソースと、はちみつをちょっと加えたら、その店のナポリタンになるように思いました。