garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

永福町 大勝軒

 

上田に行くことになり、高速に乗る前に腹ごなしと飛び込んだのが大勝軒。

人生で二度目です。

f:id:garadanikki:20190821145435j:plain

最初に入店したのは、20代の時でした。

どんぶりからブーンと香り立つ、濃いにぼしの出汁の匂いに、、、実はウプッとなりました。 

食べられない

正直そう思いました。

しかし我慢して二~三口すすむ内に、辛いと思った匂いが良い匂いに変わっていきました。

いやまったく失礼な話です。

f:id:garadanikki:20190821145403j:plain

店先には、いつも人が並んでいる有名店。

にぼしの匂いがクセになった人の列なのでしょう。

f:id:garadanikki:20190821145441j:plain

 

あれから、んん十年。

ええっ? こんなに大盛だったんだ。

f:id:garadanikki:20190821145411j:plain

卵付きにしたのは正解。

ここのラーメンは、いつまでも冷めないそうで、

猫舌の人は卵でも入れないと熱くてとても食べられないんだって。

f:id:garadanikki:20190821145419j:plain

叉焼美味しい。

 

夫婦連れの旦那さんが「大盛はないんですか?」といっている。

店員は「ありません」とそっけない。

ぶっきらぼうな応対だな。

「うちは凄く大盛りなんです。たぶん普通盛でもご満足いただけるかと」くらい説明してもよさそなものだ。

旦那さんが普通盛りで満足したかは見定められませんでした。

が、多分奥さんのラーメンを手伝っただろうと思います。

f:id:garadanikki:20190821145428j:plain

ふーーーーっ、ダメだ、リタイアします。

 

食べ物を残すことのまずない私ですが、流石に無理でした。

大勝軒のラーメン。

初めて食べた時の、あの、煮干しくささが全然ありませんでした。

親父さんがなくなられたとか、代替わりして変わったのか、、、、

それとも私の味覚が変わったか。。

 

いづれにせよ、20代で食べきれた私の胃袋も、多少はかわいいものになったのは確かなようです。