garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

お馬鹿なキョーちゃん

 

キョーちゃんは、他のカラスとどこか違います。

他のカラスが濡れ羽色の綺麗な毛並みなのに、キョーちゃんの毛並みはボサボサ。

 

それと。

いつも口を開いてます。

f:id:garadanikki:20190824143423j:plain

キョーちゃん、お口閉めなさい、お馬鹿に見えますよ。

 

「ふぇっ? お馬鹿ってなーに?」キョー

f:id:garadanikki:20190824143429j:plain

よく見ると、キョーちゃんの口の中は、まだほのかに赤い。

 

先日、父ロボ (id:titirobo) さんの「何ゴト!」に、この記事を読んでハタと気づきました。

父ロボさん、ありがとうございます。

その中に、こんなお話が、、、 

Q.ヒナがかえったら親鳥が必死に餌をヒナに与えるのは、愛では?

A.これは色に対する反応。

  親鳥はヒナの口の中の赤や黄色が見えると脳が反応し、

  そこへ餌を入れなければならないという反射的な行動に出る。

  取ってきた餌をヒナの口に入れると、また色に反応し餌を取りに行く。

  これを繰り返している。つまり餌やりは刺激に対する反応。

 

キョーちゃんの親は、親離れをさせようと必死です。

ところが、キョーちゃんが「んが んがが」と口を開ける。

親は、しょうがないなあという顔をして、半分くらいの確率で餌を口に放り込む。

まだまだキョーちゃんの完全親離れは先みたいです。

 

キョーちゃんの撮って出し

《この袋が好きなんだお~》