garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

世界飯店 扣肉会飯&どら

 

「今日は仕事場に直行」と思っていたのですが、そうはいかなかった。

世界飯店の店先には「そろそろあいつが来る頃だ」という顔をした どら がいて、

素通りできませんでした。

f:id:garadanikki:20191117142415j:plain

おそるべし看板猫


ここの料理は、みんな美味しいけれど、現在のナンバーワンはベトナムチキンフォーかな。

でもフォーは時間がかかります。

今日は断念して、早く出来るものを聞いてみました。

「ごはんものなら早い」というので扣肉会飯を注文します。

 

視線を感じて振り返ると、どら が見てました。

f:id:garadanikki:20191117142401j:plain


ホントはNGなんてしょうが、(お客さんがいなかったので)奥さんが どら の紐を延ばして、

カーペットの所まで入れるようにしてくれました。  

f:id:garadanikki:20191117142407j:plain


 
にゃんこは皆、このカメラの紐が好きみたいです。

f:id:garadanikki:20191117142347j:plain


後に写ってる席が、私の席。

f:id:garadanikki:20191117142355j:plain

 
【世界飯店の扣肉会飯、うまい!!】

f:id:garadanikki:20191117142429j:plain

八角の香りが、他のお店より効いています。

八角って、なんて食をさそう香りなんでしょう。

バラ肉の煮込み加減も、甘さの加減も、どストライクです。


こちらの扣肉会飯の付け合せは「チンゲンサイがお行儀よく」って感じじゃなく、

小松菜と白菜をバラ肉と一緒に豪快に合わせて乗っかってます。



白菜の芯の部分って、ぼんやりした味じゃないですか。

中華の食材として、美味しいと思ったことはないんです。

五目焼きそばで、白菜をかじった途端に、今まで感じていた “ うまみ ” が全部吹っ飛んでしまう感じがするのです。


でも世界飯店で、私が抱く白菜のイメージが変わりました。

葉先の部分を、多くしているのでしょう。

それから、火のキャッチが絶妙。

シャキシャキ感が残っていて、肉の柔らかさとの相性が最高です。

 

本当にほんとうに、おいしゅうございました。

 



美味しいものを食べると、お店の方に「美味しかった」を連発してしまうんですが、

ここ、世界飯店は、「おいし~!」と言うと、奥さんが照れて走って逃げます。