garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

二倍~二倍~

 

今日は、となか ( 仮名 ) さんが、にゃんこの集会場に来れない日です。

にゃんこのご飯は全面的に、私がお当番。

任せて、となかさん!

 

いつものように16時頃行こうと思ってたら、となかさんからLINEが。

今、病院に行く前に集会場に寄ったら、とんとんちゃんがお腹を空かせて駆け寄って来ました。

 餌持ってなくてゴメンねとしか言えませんでした。よろしくお願いいたします

12時20分のLINEです。

居ても立っても居られない気持ちで、13時に出掛けました。

 

いました、とんとん

スッゴイ勢いで飛んできた

でも「別にね、この葉っぱが気になっただけ」というそぶり

f:id:garadanikki:20201126131402j:plain

そういいながら、マダグロさんとけん制し合う。

さて、どっちが勝つか

f:id:garadanikki:20201126131406j:plain

 

とんとんの勝利 

マダグロさんは下でいいそうです

f:id:garadanikki:20201126131807j:plain

あら君たち、なんでそんなに腹ペコなの?

f:id:garadanikki:20201126131812j:plain

いつもは「別に~」という顔をして、ご飯を食べるより甘えるのを優先する子たち。

 

何があったの? ハタボウ

「いや、ぼくに聞かれましても・・・」

f:id:garadanikki:20201126134110j:plain

ハタボウは食べないの?

「ぼ ぼくは、とんとんさんが食べてからじゃないと・・・」

f:id:garadanikki:20201126134114j:plain

そうだったね、君はとんとんの下僕だもんね

 

f:id:garadanikki:20201126134141j:plain

そういえば、皆さま。

ご心配かけましたハタボウの傷口は、こんなに綺麗になりました。

f:id:garadanikki:20201126134142j:plain

 

 

ひととおり、みな、ご飯を食べたかと思ったら、お膝の一番乗りはコタヌでした。

f:id:garadanikki:20201126144010j:plain

 

パタッパタッ

f:id:garadanikki:20201126144005j:plain

あのさ、コタヌ。

今 いいとこ読んでるの。尻尾の栞はいらんのよ。

f:id:garadanikki:20201127112101j:plain

 

 

場所を変えます。

第二ステージの子たちにご飯。

おっ、ミーシャが膝 一番乗り。

f:id:garadanikki:20201126155404j:plain

ところが。

 

棗はたまにこんな陰険な顔します。

 

f:id:garadanikki:20201126155408j:plain

棗の武器は「顔面ぬっ攻撃」

どういう攻撃かっていうと、顔をひっかかれるの覚悟でぬぬっと顔面を差し出す。

無言の圧力に、相手は気味悪がって、棗の勝ち!

 

「ぼ、ほく お顔をぬっと出しただけだもん」

f:id:garadanikki:20201126155358j:plain

 

「そういうの《ひきょう》っていうのよ! ぷんぷん」

f:id:garadanikki:20201126163805j:plain

 

「てへへ、お膝ゲット❤」

f:id:garadanikki:20201126163457j:plain

 

今日は珍しいことがありました。

めったに、いや初めてグレゴリーがお膝に乗りました。

f:id:garadanikki:20201126171305j:plain

その乗り方のウマいこと。

ひと回りしてコロンと丸まった。

 

グレゴリーは小さい時から構われるのが嫌いです。

可愛い顔してるから、みんな抱っこしたがるんだけど

「僕はいいの。男の子同士で駆け回るのが好きなんだ。

  膝に乗るなんて女の子のすることなんだよ」って言ってきた子。

 

なのに今日はどうしたの? 心境の変化?

f:id:garadanikki:20201126171430j:plain

可愛いから許す

f:id:garadanikki:20201126171615j:plain

というより、いつまでもこうしていて欲しい

f:id:garadanikki:20201126171643j:plain

 

「ん? 誰か来た。

 恥ずかしいから僕、降りようかな」

f:id:garadanikki:20201126171750j:plain

「気のせいだったね、じゃ、もう少し」

f:id:garadanikki:20201126171817j:plain

結局、グレゴリーは30分近くお膝に乗っていました。

「何やってんのかしら、あの子ったら」

f:id:garadanikki:20201126171855j:plain

グレゴリー、沙羅おばちゃんの目が怖いくらい光ってるよ

 

タノシロさんのご飯タイム

実は今日これで3回目です。

f:id:garadanikki:20201126175233j:plain

13時くらいに来たんですけど、19時までご奉仕させられました。

みんなの食欲は凄いのです。昼・夜二食分でした。

二倍~二倍~というCMあったな。

この時期は、冬の寒さに備えて、猫たちは脂肪をつけようとします。

だから二倍食べるんです。

それにしてもねぇ君たち、6時間もここにいる私の身にもなっておくれ。

 

 

 

本日の夜ごはん

f:id:garadanikki:20201126192422j:plain

冷ややっこ、カニカマ、きのこ炒め、鶏肉とトマトの煮物

 

鶏肉とトマトの煮物

f:id:garadanikki:20201126192440j:plain

鶏肉に塩糀をまぶしてから炒めました。

カリっと炒まったところにトマトを投入し、水を足し、スープ仕立てに。

上に乗っているのは、四川花椒菜というもの。

f:id:garadanikki:20201125105840j:plain

ピリピリとしたアクセントを想像したのですが、思ったよりも遠くにピリピリ感があるだけでした。

煮込みには向かないのかも知れない。

生野菜のトッピングとかに使うといいかも知れません。

 

きのこは種類を増やすと、旨みも比例して強くなる。

なんてことのない炒め物ですが、凄く美味しい!

f:id:garadanikki:20201126192452j:plain

しめし、エリンギ、しいたけ、舞茸、ベーコンでした。