garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

かけがえのない小皿

 

最近の君は、いつも何かを探してるか、毎日どこかを痛がってるね。

そう言われれば、まさしく

 

今日も今日とて、大事な皿を探しまくってます。

f:id:garadanikki:20211127111320j:plain

料理の味見に使っている小皿

 

どこにしまってしまったかわからなくなって、

初めて無くてはならないものだと思いました。

 

いい皿みたいです

f:id:garadanikki:20211127111331j:plain

母が十二代今右衛門の作だと言ってました。

茶碗蒸しの容器か何かの、受け皿なのだと思います。

本物かどうかは私には関係ない。

 

とにかく、味見しやすいのです。

口にあたる部分が薄いところがいい。

f:id:garadanikki:20211127111556j:plain

 

皿のカーブが最適なので、

味見する汁がいい感じで口に流れてくれる。

f:id:garadanikki:20211127111639j:plain

 

持った感じもボテっとしない。

f:id:garadanikki:20211127111646j:plain f:id:garadanikki:20211127111658j:plain

 

真ん中のくぼみで、汁の色が濃いか薄いか識別できる。

f:id:garadanikki:20211127111342j:plain

 

見つからないので、別の小皿で味見をしたら、

もう全然うまくいきません。

結局、どこにあったかって?

出汁を取ったお昆布をあとで使おうと、この皿にちょちょっと入れて冷蔵庫に入れたんでした。

 

ああ、見つかって良かったf:id:garadanikki:20211120110152j:plain



この小皿。

いいものとか粗悪とか、本物とか贋物とか、高いとか安いとかには関係ない わたしの宝物です。

 

 

本日の昼ごはん

f:id:garadanikki:20211127091856j:plain

路上の八百屋さんに「生で食べてみて」と言われた春菊です。

火をいれずに後からトッピングしたのですが、本当に生が美味しかった。

f:id:garadanikki:20211127091953j:plain

そばつゆの味見に、件の小皿を使いたかったのは当然のこと。