garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

タノシロさんが虹の橋を渡りました。

 

新年を迎えるというのに、こんな話、どうしようかと迷いましたが、

皆さんにも、可愛いと言っていただいた猫なので報告させていただきます。

 

にゃんこの集会場の、タノシロさんが天に召されました。

昨日30日のことです。

今朝アップした記事は予約投稿だったので、

それを書いた時にはタノシロさんには極上特製鶏ガラスープを献上して飲んでもらいました。

 

で「来年またね」と帰ってきたんですが、翌々日急に具合が悪くなったそうです。

たまたま集会場を通りがかった方が、具合の悪そうなタノシロさんを見て、

段ボールに入れてお医者に連れていってくれようとしてくれたところに、

ずっとタノシロさんたちの写真を撮ってくれている方が来て、

もうひとりの世話人さんも合流して、3人で看取ってくれたそうです。

 

そのあと駆けつけたトナカさんや、早朝の世話人さんと皆で埋葬してくれたそうです。

私は夜にその話を聞いたので、最後には間に合いませんでした。

 

f:id:garadanikki:20210310163607j:plain

 

タノシロさんは死期を感じていたんだと思います。

ずっと人間不信で、人に体を触らせなかった子が、今年になって、手からご飯を食べるようになり、

今まで絶対に口にしなかった薬を混ぜたご飯も、スープにしたら飲んでくれるようになり、

先日、初めて触らせてくれました。

 

その時、実は哀しい予感を感じていたんです。

「最後だからいいわよ」と言われているみたいで。

予感は的中してしまいました。

 

私に触らせてくれた翌日、早朝の世話人さんにも触らせたらしい。

最後の最後に打ち解けてくれたんです。

そして皆にお別れを言って虹の橋を渡りました。

 

野良猫で最後お別れが出来ることはめったに、いえ、ほとんどありません。

大抵、人知れずいつのまにか姿が見えなくなってそれっきりです。

なのに、タノシロさんは皆に別れを言って旅立ちました。

 

別れは辛いけれど、頑張ってくれたし、甘えてくれたので

これ以上悲しまないようにしようと思います。

 

年末の、こんな最後の日に申し訳けないですが、

たまうきさんをはじめ、皆さんにコメントをいただいたばかりなので、ご報告させてもらいます。

 

タノシロさんは本当に幸せな猫生でした。

それをお伝えしたくてアップさせていただきます。

 

下記は、タノシロさんを始め、集会場のにゃんこたちをずっと撮影していらっしゃる、

Tednakagawa さんのInstagramです。

元気な頃のタノシロさんから最近のものまで7枚アップしてくださいましたので、

紹介させていただきます。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ted Nakagawa(@tednakagawa)がシェアした投稿