garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

ファイトソングを観始めました

 

新しいドラマの話をしていたら、よんばばさんから

「岡田惠和さんの『ファイトソング』は見られてないですか?」というコメントを頂戴した。

f:id:garadanikki:20220217125314p:plain

 

失念!

岡田さんが新ドラマを書いていられたのか。

収拾付かないほどの番組リストから件のタイトルを探したら、

何故か第二話からしか録画をされていない。

ダメじゃんと自分をののしりながら、第一話を配信で鑑賞。

 

あらぁ、びっくり。

第一話の2/3くらいまで、恐ろしいくらい話が弾まない。

ヒットの予感のあるドラマは、最初の10分で掴まれるくらいキャッチーなものだし、

岡田さんの脚本ともなれば、なおさらであるから、「あらら?」と思った。

 

ところが。。。。

残り1/3にさしかかった所から、急に物語が展開しはじめた。

「岡田さん、やっぱり、策士だな」と感心した。

最初を意識的に静かな導入にして、

白黒映画から一気にカラーになるような味付けを、岡田さんは考えていらしたのか。

 

面白い!

ファイトソング、というのは、

ヒロイン ( 清原果耶 ) の為の曲を、一発屋のミュージシャン ( 間宮祥太朗 )

作っていくということなのかしら。いやそんな単純なことではないか。

 

【序盤のあらすじ】

空手の日本代表を目指していた木皿花枝 ( 清原果耶 ) が、事故で全てを失いどん底になり、

無気力でグダグダの毎日を送る。

f:id:garadanikki:20220218133709j:plain

幼馴染の夏川慎吾 ( 菊池風磨 ) が経営するハウスクリーニングでバイトをすることになった。

慎吾は昔から、花枝を嫁にすると公言してはばからない。

 

そんなある日、かつて一曲だけヒットを出したが落ちぶれたままのミュージシャン・芦田春樹 ( 間宮祥太朗 ) の家を客先として訪れることで、春樹と花枝の奇妙な2カ月の恋人生活が始まる。

 

f:id:garadanikki:20220217125319j:plain

主役の三人がとてもいい

花枝役の清原、慎吾役の風磨、春樹役の間宮の三人がとてもいい。

三人が、三人三様のナイーブさを見事に醸し出しているのが素敵だ。

第一話では、彼等ひとりひとりが持つ心の奥底の、繊細な傷ついた部分を、

岡田さんは丁寧に描いていたのだと、今ごろ気づいた。

 

リアルタイムではもう、七話まで進んでいるらしいが、

我が家では、一話一話丁寧に大事に観ていきたいと思う。

カーリングの中継も観ないといけないし。

 

よんばばさん、大切な情報を教えていただいてありがとうございました。

すんでのところで見逃すところでした。

 

 

第一話、第二話で特に感動したところ

恋をしたことないの?

人との距離感や、自己表現が不得手な変人ミュージシャンを見事に演じている。

f:id:garadanikki:20220117114152j:plain

この人は凄い。

こんなにナイーブな役が出来る俳優さんだったのか、とにかく凄い!

 

もう一人、菊池風磨くんにも感心した。

なんて清々しい演技をする人なのだろう。惚れてしまうがな。

 

春樹と慎吾が最初に話をするシーン。

慎吾が、直角のおじぎをしたところで涙が出たわ。

f:id:garadanikki:20220218130450j:plain

隣のMOURI が

「なんて所作の綺麗な子なんだ」と感心していた。

 

こんなシーン。

f:id:garadanikki:20220218130505j:plain

初対面の花枝に「恋人になってくれないか」と言ってしまったことを悩んでいた春樹は、

二回目のクリーニングに花枝が来なかったことに動揺する。

コミュ能力の低い春樹は慎吾に、花枝が怒っているのではないかと尋ねる。

「あの」

「はい、なんでしょう」

「いや、あの、、、先日来ていただいた方」

「あっ、木皿ですか」

「なんか、怒ったりしてました?」

「え? いや、怒ったりはしてないですけど。ああ、お客様にお会いして、歌ってもらって。」

f:id:garadanikki:20220218130502j:plain

「 ⵈⵈ 」

「感動したみたいです」

「 ⵈⵈ 」

「そう言ってました」

「 ⵈⵈ そうですか」

「えっなんか、怒らせるようなこと、したんすか」

「あ、いや、あの、そういうわけでは。ならいいです」

「泣いたって言ってました。泣かないんけどね、あいつ、絶対」

「 ⵈⵈ 」

「だから、よっぽど嬉しかったっていうか、感動したんだと思います」

f:id:garadanikki:20220218130450j:plain

「あの」と、深々と頭をさげる慎吾。

「ありがとうございました。あいつ、泣かしてくれて」

「いや、ああ」

 

間宮祥太朗くんも魅力的だが、初回は菊池風磨くんにぐっと摑まれてしまいました。

f:id:garadanikki:20220218133705j:plain 

f:id:garadanikki:20220218130044j:plain

 

 

 

本日の昼ごはん

先日スシローで食べた「うにまぜそば」を再現してみたくて、材料を揃えた。

f:id:garadanikki:20220213120529j:plain

粒ウニの塩漬けは、練馬IMAの魚力さんで求めたもの。

f:id:garadanikki:20220213120633j:plain

 

うへーっ失敗、写真を撮るまえにかき混ぜてしまった。

f:id:garadanikki:20220213122055j:plain

粒ウニに生クリームを混ぜただけでは、しょっぱかったので、

豆腐を混ぜ込んだが、これも効果なし。

やはりある程度の汁気がないと混ざらない。

結局、出汁スープを加えたが、中途半端な仕上がりになってしまった。

f:id:garadanikki:20220213122811j:plain

粒ウニはまだ半分あるので、後日再チャレンジをすることにした。

 

 

本日の夜ごはん

つまみ三品盛り、じゃがいものアンチョビ和え~ピンクペッパー添え、

ブロッコリーのツナマヨ和え、たこのガーリック炒め

f:id:garadanikki:20220213184223j:plain

今日の三品盛りは全部手のこんだものだった。全部それなりに美味。

 

新玉ねぎのすりごままぶし

f:id:garadanikki:20220213184227j:plain

新玉ねぎの美味しい季節。

すりごまと鰹節をたっぷり混ぜ、ごま油とポン酢で仕上げてみた。

ごま好きの私はウマいと思ったが、となりのしとは首をかしげている。

 

本日のメインはおすいとん

f:id:garadanikki:20220213191027j:plain

澄んだスープの美味しいおすいとんは、初日の楽しみ。