Garadanikki

日々のことつれづれ Marcoのがらくた日記

町田そのこ 著『52ヘルツのクジラたち』

 

『横道世之介』に続けて読んだのが『52ヘルツのクジラたち』だった。

読みやすくてベッドに入り一晩で読んでしまった。

町田そのこさんの本は、最近よく手にしている。

 

 

福岡県在住の町田さんの作品には、九州が舞台になっているものが多い。

今回の作品も、大分の漁村が舞台。

 

書き出しにも特徴があり、今回も出だしもこんな風にインパクト大。

「明日の天気を訊くような軽い感じで、風俗やってたの? と言われた。」

 

 

【あらすじ】

自分の人生を家族に搾取されて生きてきた女性・三島貴瑚 ( きこ )

過去を断ち切って東京から大分の海辺の町へと移住してきた彼女は、そこで母親から「ムシ」と呼ばれ虐待されている 声を発することのできない少年と出会う。

貴瑚は、自身のかつての姿と少年を重ね合わせて、

「聞き逃した声に対する贖罪」として少年を助け出そうと試みる。

 

 

 

 

この作品には、身勝手な親が何人も出てくる。

貴瑚の母親

芸者で妾だった母親を軽蔑し育つ。

損得でしかものをみない性格で、自分を幸せにしてくれる人間にはすり寄る反面、

都合が悪いことは全て人のせいにする。

最初の夫と離婚し貧乏になったのを娘・貴瑚のせいにする。

裕福な生活をさせてくれた二度目の夫を愛し、彼との間にできた息子を溺愛するが、

連れ子の貴瑚を虐待する。

夫が難病を患うと、貴瑚を介護要員としてこき使い、病気が重くなると「介抱するふりをしてわざと病気になるようにした」と因縁をつけ、あげく「 あんたが病気になればよかった、あんたが死ねばよかった」と貴瑚をなじる。

 

 

ムシと呼ばれる少年の母親-琴美

父親や世間から甘やかされて育つ。

高校を中退し家出し男児を出産するが、夫に去られ一人で育てる。

息子を「ムシ」と呼び折檻を加え、息子はそれがもとで喋れなくなる。

10歳になった息子を連れ父親のもとに戻ってくる。

 

貴瑚から息子の虐待を指摘されると、開き直る。

「私が産んで私が面倒みてやってる、私の子じゃん。どうしようと、私の勝手でしょ。 

 それに、私はあいつを産んだせいで人生が狂ったの。

 あんたは私のことを加害者のように言ってるけど、私は私こそが被害者だと思ってる」

 

 

琴美の父親

定年まで中学校の校長先生をやっていた。

現在は老人会の会長をしており、周囲からは立派な人物だと言われているが、

気に食わないことをする生徒を毛嫌いする傾向があった。

娘を溺愛するのを妻から「甘やかしすぎ」と言われ、喧嘩が絶えず離婚する。

 

 

【感想】

最近、悪い人が出てこない作品に触れることが多かった為、

この本に出てくる沢山の始末に負えない悪人にたじろいてしまった。

登場人物が、悪い人⇔良い人 と、わかりやすいくらいハッキリ分かれていて、

悪い人はとことん悪いというのも、読んでいて重くなった。

 

もちろん主人公の周りには、情愛に満ちた人間もいる。

高校時代の同級生の美晴や、美晴の会社の先輩のアンさん ( 岡田安吾 ) は、

いつも貴瑚の理解者だった。

美晴もアンさんも、不幸な経験をしてきた人である。

つくづく人間には、不幸をバネにして人に優しくなれるタイプと、不幸をまき散らすタイプと二通りに分かれるのだと気づいた。

 

 

ネグレストの背景

児童虐待は、虐待する側に《そうならざるを得ない事情や経緯》があっても許されるものではない。

だが人間にはやはり、なんらかそうならざるを得ない理由もあるように思う。

 

 

唐突だかこの本を読んでいるさなかに、あるドラマを思い出した。

芦田愛菜ちゃんが一躍有名になったあのドラマだ。

2010年OA『Mother』

ネグレストと母性について描いた社会派サスペンス

室蘭で渡り鳥の研究をしていた鈴原奈緒 ( 松雪泰子 ) は、研究室の閉鎖によりやむなく小学校教諭となり、道木玲南 ( 芦田愛菜 ) のいるクラスの担任を任される。

奈緒は他の児童たちと少し違った言動を行う玲南を苦手に思い、玲南が児童虐待を受けている様子に薄々気付くも傍観者の立場を取っていた。元の研究職に戻ろうとしていた奈緒は、別の大学の研究室を紹介してくれた准教授と待ち合わせる途中、極寒の中 薄着一枚でゴミ袋の中に入れられ捨てられていた玲南を発見する。

奈緒は玲南を抱きしめ、誘拐して「母親」になることを決意する。

玲南を連れた逃避行で毎回ドギマギする進行で、奈緒と実母との関係、奈緒と義理の母との関係からも、母親とは何かを考えさせられるドラマだった。

 

私が意外だったのが第七話だった。

玲南を虐待していた母親の仁美 ( 尾野真千子 ) に焦点があてられた回だった。

仁美は、玲南を出産後に夫と離婚し、スナックで出会った真人 ( 綾野剛 ) と付き合うようになると玲南の相手をまともにせず、ネグレスト状態に陥る。

 

だが、真人が現れる前までは良き母親として手料理をふるまうなど、

玲南に愛情を向けて育てていたと描いている。

頼る人が周囲にいない状態のまま生活が困窮し、様々な寂しさを一人で抱え込んでいき、

追い打ちとばかりに円満な新しい家庭を作っていた元夫の姿を目の当たりにしたことが決定打となり、玲南への対応が変化していった。

『Mother』は、仁美がどのような変遷をたどって毒母になっていったかも描かれていた。

仁美のような、最初から身勝手な親ではなかったケースもある一方、

『52ヘルツのクジラたち』の毒母は皆、救いようのない悪人だった。

 

繰り返すけれど、いかなる理由があっても虐待は許されるものではない。

だが、そこに至った経緯が多少なりとも語られることを、私はどうしても本や作品に求めてしまう。

 

 

『52ヘルツのクジラたち』は、映画化され、現在公開中らしい。

gaga.ne.jp

 

 

三島貴瑚・・・杉咲花

岡田安吾・・・志尊淳

新名主税・・・宮沢氷魚

牧岡美晴・・・小野花梨

少年・・・・・桑名桃李

品城琴美・・・西野七瀬

三島由紀・・・真飛聖

安吾の母・・・余貴美子

村中サチエ・・倍賞美津子

 

 

 

 

本日の昼ごはん

ツナマヨパスタ

 

 

本日の夜ごはん

 

朝のパスタが三品盛の器から、はみでる💦

 

酢の物好きのおじすんの家紋は、ミョウガです

 

紅ショウガ入りで美味しかったー

 

かぼちゃは北海道産のしか買いません