garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

とんとんと一緒に暮らして欲しい

 

とんとん と、2週間ぶりに会えました。

f:id:garadanikki:20210512153902j:plain

とんとんは通いの猫です。

生れたのはここですが、親離れ・姉妹離れをして通りを隔てたAさんの庭で暮らしています。

f:id:garadanikki:20210512153845j:plain

ご飯時になるとトコトコやってくるのですが、

猫嫌いの怖いおじいさんの家の前を通らなければなりません。

去年まで私もその路地を通って、とんとんを迎えにいったりしてたんですが、

そのおじいさんから「ここは私道だから通るな」と言われてしまいました。

おばあさんも猫が嫌いらしく、とんとんがいると、シッシッとタオルで追っ払う真似をします。

 

f:id:garadanikki:20210512153847j:plain

とんとんもそのおじいさんたちを見ると、小さく「うーーっ」と言います。

 

そんなとんとんがにゃんこの集会場の、私がいる時分に来なくなったので、

おじいさんたちに何かされたのではないかと心配していました。

 

早朝や、もっと遅い夜には来ると他の世話人さんに聞いたのでひと安心したけれど、

やっぱり会えないのは寂しい。

 

「あんたもここで暮らせばいいのに」タノシロさん

f:id:garadanikki:20210512153911j:plain

 

「おばちゃんは簡単に言うけど、わたしにだって、いろいろあんのよ」とんとん

f:id:garadanikki:20210512154039j:plain

 

「そうかしらね、ここは快適よ」姉姫さん

f:id:garadanikki:20210512161814j:plain

 

「・・・・考えとく」とんとん

f:id:garadanikki:20210512165456j:plain

 

何とかここで暮らせないものかなぁ。

ハタボウに頼んでみることにした。

「ハタボウ、とんとんさんがね来る途中で怖い目にあってんのよ。

 可哀そうでしょ? あんた一緒に暮らしてくんない?」

私の中で完全に怖いじじーのせいになってる。

ハタボウは目が点になってる。

f:id:garadanikki:20210512174230j:plain

ハタボウがいるところに、とんとんを連れていきました。

こんなに近いところにポンと置くと、普通なら嫌がります。

猫にもパーソナルスペースがあるからね、コロナだし。

 

でも、とんとんもハタボウも嫌がる様子はなく、

よっぽど疲れていたのか、それとも安心したのか、とんとんはちょっとの間 寝こけました。

仔猫が眠くて首がグランとなるのはよく見るけれど、成猫の首ぐらんは珍しい。

 

1人で暮らすとんとんには、それなりに苦労もあるんだろう、と思い、

私は必死でハタボウを説得。とんとんも私とハタボウの会話を寝ているふりして聞いてます。

 

ハタボウ、ここはひとつ、とんとんとヨリを戻してくんないかな。

「そういわれましても、とんとんさんおっかないんですよ僕」

そんなこと言わないでさ、昔はあんなにお熱だったじゃないか。

「うーーーん、ちょと考えさしてください」

とにかくさ、とんとんは あんたの初恋の相手でしょ? 

可哀そうな時は守ってやるのが男だと、あたしは思うよ。

「ああ。うう。ぐぐぐ」

f:id:garadanikki:20210512174241j:plain

あとは若いお二人に任せて、と早々に ( とんとんを押し付けて ) 

今日はひきあげることにします。

 

 

 

 

本日のぶらんち オムライス

f:id:garadanikki:20210512092039j:plain

 

 

本日の夜ごはん

鶏皮の甘酢漬けでまず一杯

f:id:garadanikki:20210512190722j:plain

大量買いした鶏肉を処理した時に、皮だけとっておいたのを

細くスライスして、砂糖・酢・輪切り唐辛子・醤油を合わせたものに漬けて

冷蔵庫で3時間ほどおいたものです。

サッパリとして、とてもいいお通しになりました。

 

蕎麦処 毛利庵  お通しセット

f:id:garadanikki:20210512191604j:plain

 

まだ慣れないなぁ、モクコさんの夕餉 (;'∀')

f:id:garadanikki:20210512191551j:plain

 

舌平目のムニエルを追加

f:id:garadanikki:20210512192856j:plain

 

八百幸で見つけた舌平目を焦がしバター炒めしました。

醤油をちびっと加えて、ピンクペッパーと合わせました。

f:id:garadanikki:20210512192901j:plain

 

アヒージョを追加

f:id:garadanikki:20210512193151j:plain

アヒージョの基を見つけて食べたいというので、ヤリイカとマシュルームで作りました。

美味しいけど、やっぱり既製品の基は塩がたっている。

f:id:garadanikki:20210512193158j:plain

 

肉豆腐を追加

f:id:garadanikki:20210512194615j:plain

 

アヒージョの口のあとの肉どうふは、味が薄く感じるそうな。

相対効果?

f:id:garadanikki:20210512194622j:plain

 

〆に水ようかんを食べました。

f:id:garadanikki:20210512215819j:plain

市販の東京風 水ようかん

飲み物は、バーボンを冷たい水で割ったもの。←最近氷を入れません。

 

ここで不思議なことが。

水ようかんを食べて、バーボンの水割りを飲むと、麦茶の味がします。

ほんとなんだから

モクコさんの御機嫌をとる

 

モクコさんの夕餉がスタート。

食卓の雰囲気がガラリと変わった。

同じ皿と料理でも、木製の黒いモクコさんだと、居酒屋が蕎麦屋に代わったみたいだ。

 

f:id:garadanikki:20210511185846j:plain

 

たまうきさんから、こんなコメントをいただきました。

モクコさんにLuncheonというより昼餉といった和を感じます。

江戸切子や漆器がとっても似合いそう。

昼餉ではなく、生花を置いても良いかな、と思いました。 

ほんにほんに。

一輪挿しをモクコさんの上に置いてみようかしら、と考えています。

f:id:garadanikki:20210511185849j:plain

 

雰囲気がガラリと変わると、こまることもあります。

・撮影する時にライトが反射すること。

・板が平行に写らなかった写真をひとつひとつ画像修正しなきゃならないこと。

・和食は似合うが、洋食 ( 洋食器 ) がいまひとつ似合ないこと。

f:id:garadanikki:20210511190527j:plain

 

やっぱりアラビアアベックのパープルは浮くな・・・

f:id:garadanikki:20210511191811j:plain

 

同じアラビアアベックでも、紺のやつ。 ※ 画像はネットからお借りしました⤵

この色なら合うかもしれない。。。。

f:id:garadanikki:20210514115129j:plain

 

でも。。。

私はパープルさんをよく使うしなぁぁぁ。

f:id:garadanikki:20210511191819j:plain

 

折角買ってくれた MOURI を傷つけないように充分いいように気をつけて、

モクコさんと今までのビニールマットとを使い分けていこうかと思います。

f:id:garadanikki:20210511192714j:plain

 

〆は、お茶漬け

f:id:garadanikki:20210511205526j:plain

かつお出汁でほうじ茶を煎れたものに、

山椒の葉の佃煮でサラサラサラといただきました♡ 

木製のランチョンマット

 

木製のランチョンマットが届きました!

f:id:garadanikki:20210511094418j:plain

 

4枚 買ったそうです。

f:id:garadanikki:20210511094523j:plain

 

木の上に木。

f:id:garadanikki:20210511094431j:plain

 

このマット、斜めにカットされていて、、、

f:id:garadanikki:20210511101707j:plain

 

平らな面が、表だそうな。

f:id:garadanikki:20210511101654j:plain

 

縁が斜めにカットされている、こっちの面は裏なんだっていうけど、

裏面の方が模様が美しく映えて私は好きだな。

f:id:garadanikki:20210511101646j:plain

でも《こっちが裏》というのには、理由があるんようです。

こっち面は、傷がつきやすいんだって。

表面には、傷がつきにくい ( 目立たない ) ように、あらかじめ縦に筋を入れてある。

なるほど、あの縦線はそういう意味だったのか。

 

 

反抗して裏面で食べてみました。

丼を少しずらしただけで、薄い線が入った。

f:id:garadanikki:20210511103011j:plain

品質管理、研究って凄いものですわ。

商品を世に出す前に、こういうテストをしてみるんですね。

斜めにカットしてあるのも、板をテーブルから取りやすい工夫みたいです。

 

 

黒い木製のランチョンマットか、私にはなかった選択だ。

ちょっとお蕎麦屋さんみたいだけど、食卓のイメージがガラリと変わって面白い。

 

モクコさんと命名

木製のランチョンマットはモクコさんと名付けました。

モクコさん、明日からよろしくね。

 

 

 

本日の昼ごはん

f:id:garadanikki:20210510103652j:plain

サッポロ一番の味噌ラーメンが食べたいというのに、

具材にゴーヤを追加したら、苦くてマズイと言われました。

f:id:garadanikki:20210510103706j:plain

苦味ぬきが足りなかったようだ、しっぱい

 

 

 

本日の夜ごはん

f:id:garadanikki:20210510173755j:plain

八百幸~成城店の買出し日につき、八百幸ブランドのおいしいものが並んでいます。

買出し当日は刺身やお店の総菜だけど、翌日は手製の料理が並ぶ予定。

ほほほ、そんなもんだぞ。

 

 

かぼちゃの煮つけ

f:id:garadanikki:20210510173803j:plain

かぼちゃを煮ました。

でもやっぱり北海道産じゃなかったから、おいしくはない。

今の次期、かぼちゃは外国産か沖縄産のものじゃないですか。

味が全然違いますよね、やっぱり北海道産が出てくるまで待てばよかったかな。

 

 

〆にペペロンチーノを所望されました

f:id:garadanikki:20210510185109j:plain

こぶりだけれど美味しそうなヤリイカがあったので二尾買ってきました。

これには一尾消費し、残りの一尾は冷凍しておいて近々お目見え予定。

 

f:id:garadanikki:20210510185217j:plain

しらすと小葱を更に足して、別物になりましたん