garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

新聞紙、買うか拾らうか

 

古新聞が払底し、困っています。

払底するのは当りまえ。定期購入していないからです。

 

イメージ写真

f:id:garadanikki:20210227141512j:plain

 

我が家では古新聞やチラシをこんなことに使っています。

1.ゴミ袋の中身が見えないように新聞紙で隠す

2.野菜室に入れる野菜を新聞紙でつつむ 

 

 

1.ゴミ袋の中身が見えないように新聞紙で隠す

これはカラス対策として、マンションの理事会から通達されました。

こんな風に、ゴミ袋の中身の生ごみが見えないように《新聞紙など》で包んで欲しいと言うのです。

f:id:garadanikki:20210227142150j:plain

 

わかります。わかりますけどね。

新聞紙ってどこの家でも必ずあるというものでもないでしょう?

そこで、理事会に提案しました。

《新聞紙等》で必ず包まなければいけないというルールの義務化は無理ではないでしょうか。

古新聞が、どのご家庭にも必ずあるものではないからです。

カラスの被害の為の努力は、極力致します。

が、代替え案として、以下の2点を提案します。

  • ゴミ置き場へのネット箱の設置
  • ゴミ収集所のゴミネットの設置

 

両方導入されたのでカラスのゴミけちらし被害はなくなりました。

それでも個人的にはカラス対策って複雑。。。。

にゃんこの集会所で、カラスが友だちだから。

おーい、この辺のカラスたち、私と一緒に集会所においで!

そこでたんまり食べさせたげるからさ。

f:id:garadanikki:20210227143239j:plain  f:id:garadanikki:20210227143306j:plain

 

しかし一旦始めたゴミ袋の新聞紙隠しの習慣はやめられなくなりました。

そしてもうひとつ。

 

2.野菜室に入れる野菜を新聞紙で包む

年末に2⤵の使用を始めたため、新聞紙が一気に枯渇。

f:id:garadanikki:20201216165014j:plain

garadanikki.hatenablog.com

 

野菜を新聞紙で包む、コレ凄く持ちがいいんです。

面倒だがやめられない。

 

新聞紙の払底に伴い、野菜室は下のように変更されました。

f:id:garadanikki:20210227140651j:plain

野菜鮮度保持袋 愛菜果 お試しセット 4サイズ×1袋

 

ちょっとしか使ってない袋は、洗剤で綺麗に洗い、干して再利用。

f:id:garadanikki:20210227140640j:plain

お蔭で野菜は前より新鮮で、野菜室も充実。

こころもちかいつもの料理も、具沢山になった気がします。 

f:id:garadanikki:20210225102506j:plain

本日の朝ごはん

日清やきそば ( 袋麺 ) 

f:id:garadanikki:20210225102521j:plain

 

でですね、それでも新聞紙が足りませんで、古新聞の入手方法を探してましたら、

古新聞 買えるってことを知りました。

f:id:garadanikki:20210227145647j:plain

 

 

ダメ元で、家人に相談。

却下でした。

わかってたんですけどね、読まない新聞の紙を買うというのに抵抗があるのは。

もともと新聞関係の仕事に携わってたひとですから (;'∀')

 



本日の夜ごはん

久しぶりで八百幸までドライブ

f:id:garadanikki:20210225175126j:plain

美味しそうなデリカが並ぶ

 

いわしの刺身 うっめーーーー

f:id:garadanikki:20210225175130j:plain

 

黒酢の酢豚

f:id:garadanikki:20210225175134j:plain

酢豚って、作ったことも買ったこともなかったんですが、妙に気になって手に取りました。

素晴らしい出会いです! 八百幸の酢豚 うっめーーーーっ

 

ホタテの刺身もとろんとして うっめっ!

f:id:garadanikki:20210225175137j:plain

 

唯一 手を入れたもの、新玉ねぎのスライス

f:id:garadanikki:20210225175220j:plain

買い出し当日は、こんなメニューで、

翌日から手料理します。はい。

 

デザートは、ミスターイトウのバタークッキーと、小魚&アーモンド

f:id:garadanikki:20210225194350j:plain

柿の種を最初に考えた人も偉いが、

小魚とアーモンドを合わせた人も凄いと思います。

f:id:garadanikki:20210225200632j:plain 

今週のインプット状況

 

今週のインプット状況 ( 備忘録 ) ひとりごと

フロス河の水車場も、ようやく1/3まで読み進むことが出来ました。

f:id:garadanikki:20210227123256j:plain

併読しているのは「鯖猫屋敷ふしぎ草子」「六の宮の姫君」「澁澤榮一傳」

このラインナップにちょっと偏りを感じ、仲間に入れたのが「完璧じゃない、あたしたち」でした。

が、「完璧じゃない~」は、最初の章で降りました。

面白いとか面白くないとか、くだるとかくだらないとかではない、

趣味に合わないというか、今読んでも心に沁みないという判断です。

 

本を降りることは、めったにありません。

降りた次のページに面白い出来事が綴られているんじゃないかと思ってしまうから。

しかし撤退する勇気も必要でしょう。

 

撤退といえば・・・ 

撤退といえば、今期のドラマはちょっと性に合わないものが多く、

「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」「アノニマス」「書けないッ!?」「青のSP」を降りました。

 

全部のドラマに目を通したわけではないが、雰囲気で観始めたドラマの中で

今回は、降りた確立が高いように思います。

我が家の好みと世の中の趣味がずれてきはじめたのかも知れません。

 

因みに今、面白く視聴しているのは「にじいろカルテ」「監察医朝顔」「青天を衝け」「天国と地獄 ~サイコな2人~」「六畳間のピアノマン」「俺の家の話」です。

これらは多分、最後まで観るだろうと思います。

 

「バイプレ」はなぁ・・・・。

降りるか否か考え中。ドラマ自体が名脇役の森の中で迷子になっている感じがします。

 

 

話を本に戻しますが、

難儀だと思ってた「フロス河~」これに結構 ハマってます。

イギリスの19世紀後半・ヴィクトリア朝のミドルクラスの世界が面白い。

f:id:garadanikki:20210227123252j:plain

 

実はこの本を読むのに、大きな助けになった映像がありました。

YouTubeにアップされている本国の映画です。 ( 何回かに分割されアップされています ) 

日本で公開されてないのでDVDもないし、YouTubeも、勿論 字幕なし。

読み終わった部分を映画で見ると「ああ あのシーンだな」ということだけはわかる (;'∀')

 

この映画で、原作のイメージが随分つかめました。

わからなかった主人公のタリヴァー家の経済状況も、この映画でわかりました。

勘違いしてたんです、水車場の主人で「〇〇しなさる」という古い言葉で翻訳されていたから、もっと身分の低い、貧乏人の家の話だと。

でも違った。

使用人を雇ってて、ミドルクラスの家の話でした。

貴族でもなく、労働者階級でもなく、この中くらいの階級の気質が結構ややこしい。

 

物語の中盤で、タリヴァー家は破産してしまいます。

主人公の父親 ( 当主 ) が、無茶な訴えを起こしたあげく、裁判で見事に敗訴します。

破産しても、親戚縁者に頭を下げられないという父親のお蔭で、この先一家はどうなっていくのやら・・・と、ちょっとハラハラするところに差し掛かっています。

 

その父親の様子、原文ではこんな感じ⤵

このように、不意に自分の立場をかえて、これまでと矛盾した態度に出るようなことを、えてしてしがちなのは、まさしくもっとも自尊心のつよい、もっとも頑固なひとたちである。こういうひとたちにとっては、自分は徹底的に敗けてしまったのである、だから、新たに生活をたてなおさなければならぬという、わかりきった事実に直面するくらいむずかしいことはない。で、ごらんのとおり、タリヴァーは一介の腕利きの製粉業者兼麦芽製造人であるにすぎないとはいえ、極めて身分のたかい人物ででもあるかのように、傲慢で、かつ、頑固であった。

前にもお話ししたけれど、

ジョージ・エリオットの状況説明はひとつひとつが長いんで、うざいと思ってしまったら終わりです。

しかしこの文中に「おお、なるほど」と乗っかることが出来れば、浸っていけると思います。

現時点、わたしにとって、この本はそんな存在です。

 

 

 

本日の夜ごはん

f:id:garadanikki:20210224165219j:plain

咳 ( 風邪(?_?)喘息? ) が抜けない私のために、家人が全部買ってきてくれました。

 

おお、自分ではなかなか買わないタイプのハムじゃ。

おいしいのう!

f:id:garadanikki:20210224165226j:plain

デリカの枝豆は、ちょっと水臭い風味だったので、

2人してプシプシと豆を出し、サラダに入れました。

f:id:garadanikki:20210224165652j:plain

さやから直接、口に入れるのと、具のひとつとして口に入れるのでは、

味も風味も違うものなのだと、不思議なことに気づいた次第。 

新玉ねぎがごちそう

 

ここ何日か、買い物にも行かない状況で、冷蔵庫の食材が払底しています。

家人に頼めば買い物もしてくれますが、具体的に何と何と言わないとならない感じです。

朝は、残り物の野菜を沢山切り刻んで炒飯。

f:id:garadanikki:20210223093736j:plain

 

夜ごはん用に、こんな食材を買ってきてくれました。

f:id:garadanikki:20210223181333j:plain

手前の白いのは新玉ねぎです。

お醤油をかけちゃったんですが、これが旨いのなんの!

f:id:garadanikki:20210223181347j:plain

スライスしたのを試食したら、水にさらす必要もないほど甘いです。

あまりに美味しいので2個スライスしてしまった。

ひとり1個ずつ、おそばをたぐるようにムシャムシャ食べました。

 

新玉ねぎ

春のごちそうでした!