Garadanikki

日々のことつれづれ Marcoのがらくた日記

Marcoの与太話

絶対好きだろうと思った

最近 食べて美味しかったものの多くがレジ横にあり、それをシリーズ化してきましたが、 それ以外にも、MOURI が「絶対好きだろうと思って買って来た」ものの幾つかが、 《美味しい率》が高く、これもシリーズ化の予感がします。 チーズ好き・ナッツ好きの私…

何故しっぱい? 疑問の多い日

季節限定とか、プレミアムに、弱い あとテレビで美味しそうに食べている画像をみると、すぐに作りたくなる。 要するに、間違いなく 食いしん坊 家人は明治派、私はガーナ ( ロッテ ) 派 本物のマカロンは高いし甘いしするので、どうでもいいが、 ローソンの…

色の印象

スーパーでひときわ目を引いたドレッシングを購入した。 ピンクは美味しそうに見えるか否か、、、 そんなことを考えていたら、アメリカのケーキが頭に浮かんだ。 日本人は使わない気がする、こういう青い着色料 何が美味しそうに見えるかはお国柄、それぞれ…

価値観を押し付けないで

今年のゴールデンウィークはどこにも行かずに家で過ごている。 MOURI が 会社勤めをしていた時には、旗日にしか出かけられなかったけれど、 在宅ワークになった今では、旅行は時期を外せるから有難い。 だが今年は、国内旅行はバカバカしいほど高いので、観…

おばあちゃんの総菜

「蓮根つみれ」を作ろうと思っていたが、いたむ前に方針変更。 なんてことないお祖母ちゃんちの総菜みたいなものが出来た。 蓮根のシャキシャキ感が「頭蓋骨が揺れるような気がして好きでない」 MOURI はそう言ってあまり箸を伸ばさないが、甘やかさずに食べ…

レジ横に注意 part4

お腹が空いている時に買い物に行くと、どうしても無駄なものを手に取ってしまう。 なんとか踏ん張って必要なものだけ籠にいれたのに、、あらまあレジ横に魔の手が・・・ こんなものに引っかかってしまった。 自分で自分にご進物 京都に知人がいないし、行く…

瀬尾まいこ 著『夜明けのすべて』

瀬尾まいこ著 『夜明けのすべて』を読了 【あらすじ】 HPより 知ってる? 夜明けの直前が、一番暗いって。 「今の自分にできることなど何もないと思っていたけど、可能なことが一つある」 職場の人たちの理解に助けられながらも、月に一度のPMS ( 月経前症候…

レジ横に注意 part3

買い物に行って、どんだけ引っかかっているのかと自分でも呆れてしまうが、 美味しいものに出会えているということは幸せなことだ。 今日 手ぐすね引いて待ち構えられていたのは このしと パッケージに「アマレット香る」と書かれているが、 本当に素晴らし…

モビプレップを飲みましたわ

本日は大腸検査の為、朝からせっせとこんなものを飲む 腸管洗浄剤 大腸検査は25年ほど前に一度経験したが、その時は病院でこれを飲まされた。 当日検査をする4~5人がひと部屋に集められ、看護師さんの指示の元、薬を飲む。 www.eapharma.co.jp 2ℓの洗浄剤 (…

横目で眺める

明朝は、大腸検査のため、今日は夜9時以降何も食べられません。 こんな日に限って、仕事で遅いMOURI のごはんは10時過ぎ。 私は横目で見てるだけ。。。。 こーんなものを作ったのに・・・

レジ横に注意 part2

レジ横には、なかなかこまった美味しいものが置いてある。 本日 待ち伏せされていたのが「きな粉のお菓子」 moheji.co.jp モチっとして、甘さはほんのり、落ち着く味。 リピ決定! 本日の軽食 カップヌードル 坦々 本日の昼ごはん スシロー 本日の夜ごはん …

てん

ベッドに入ってからの読書が好きです。 2時間は読んでいるかな。 秘密基地みたいに、陣地を整えます ↑ 左の白い壁みたいなところに本を置いて、右を下にして読書開始。 ⤵ 右の棒状の枕は、隣人に灯りが漏れないように立てかけたもの。 ところが、この棒枕が…

意外と合うシリーズ part2

昨日は、甘ーい赤ワインを飲みながら、あんみつを食べて、 「意外と合うなあ」と乙にいっていたが、 今日も《意外と合う》シリーズ 白ワインと実山椒の佃煮 ワインならなんでもいいということではなく、 今飲んでいるイタリアワインのミケランジェロの白が相…

1本300円の赤ワイン

食後に食べたあんみつの、 手前にあるのは赤ワイン。 那須の帰りに買った1本300円くらいのワイン これがジュースみたいで飲みやす過ぎる。 サントリーの無添加ワインだったので、サントリーのHPで探してみたが同じものはない。 那須のスーパーのPB商品なのか…

いわしを食べたい!

最近、摂取していないもの パート2 いわし DHA が多く摂取できるので和朝食に「いわしの丸干し」というメニューが多かったけれど、 ここ何年か和朝食が少なくなったので、いわしの丸干しもとんとご無沙汰。 栄養って、取ってないものがあると体がそれを要求…

カロテンと緑黄色野菜

最近 緑黄色野菜をあまり摂取していないかもと思い、アスパラガスを購入。 鶏肉と合わせて一品作ってみた。 緑黄色野菜について 緑黄色野菜とは、緑色・黄色・赤色などの色の濃い野菜の総称かと思っていたが、 カロテンの含有量が可食部100g中に500マイクロ…

天国への門で

先日はSさんの葬儀にまつわる話を聞いていただき、ありがとうございました。 私はSさんの妻に近い立場なので、多分に彼女に肩入れしてしまいがちです。 彼女と義娘たちとの間に生じたことも、彼女から知ることなので、娘には娘の言い分もあると思います。 …

嫌な話でごめんなさい

昨日は、那須のご自宅で執り行われたSさんの葬儀に参列した。 私は、喪主と葬儀社のあまりに非道な態度に、気持ちの整理がつかないでいる。 Sさんは私たち夫婦がとても仲良くさせていただいた方で、 私たちは毎年 正月とGWに、Sさん宅に寄り合い、楽しい…

『虎の翼』

4月の新番組が始まっている。 まず好調な出だしなのがNHK朝ドラ『虎に翼』。 弁護士を志し奮闘するヒロイン・寅子を伊藤沙莉が演じるというのだから、 我が家の期待度は高く、さらに想像を超えた面白さでハマってしまっている。 ドラマの内容もさることなが…

焼いてしまおう

表題は何かというと、これについて述べたもの バケット1本全部にガーリックバターを塗って、全部を焼いてしまった。 家人からぼやきの声があがった。 そりゃそうだ、誰がこんなに食べるのか、いや彼なら食べるだろう。 我が家の食事の量を見ている方は、さぞ…

味が・・・と焦る日

昨日は一日、ぐーすか とろとろしていたけれど、 お腹は空くもので、なべ焼きうどんを作ってもらった。 ん? 薄い? 味が、、、しない? もしかしてこれは、風邪ではないのか? あの COVID-19 というのに感染したのかしら。 隣の御仁に「言わんこっちゃない…

ぐーすか の一日

朝起きたら頭が痛い。 熱を測ったら、37.5度ある。 やっちまったなー 「集会場でまたフラフラしてたんだろう、かなりの確率で熱だすよな」 確かに。 昨日は調子に乗って4時間以上もピクニックしていて、 帰宅してから暖房も付けずに読書をしていたら、冷えた…

神様のカルテを一気読み

「神様のカルテ」5冊と、姉妹作品「勿忘草の咲く町で」を読了。 いやー面白い!! 栗原一止 が活躍する松本の、医療現場の世界観にずっぽり浸った一週間だった。 憧れの地、信州松本で繰り広げられるドラマというだけでワクワクするが、 そこで奮闘する医療…

ごちゃまぜ言い間違い

最近の私は、固有名詞が正確に言えたためしがない。 言い間違いは年々ひどくなり、三宅裕司さんの奥様を追い超す勢いだ。 面白さに関しては、三宅裕司さんの奥様にかなうべくもないが。 ここ何日かの言い間違い アンガス豚 川端康隆 宇野優真 大谷一平 ただ…

初めてのサバサンド

あいやーーー 初めて作ったサバサンドの写真を撮りそびれた。 ずっと気になっていて、作りたいと思っていたサバサンド タモリさんも作っていたサバサンド 普通はレタスで、フランスパンらしいが、 私が作ったのは、キャベツとサバを食パンに挟んだやつだった…

機嫌よく生きる

ウチの家訓、というかMOURI のモットーは「機嫌よく生きる」だ。 《機嫌》というと、悪いイメージで使われることが多いかも知れない。 例えば「機嫌が悪い」「機嫌をそこねる」「機嫌をとる」といったように。 上司の機嫌が悪いと、周りがビクビクしたり嫌な…

おいしいものはどれだっけ

美味しいウィンナーはどのメーカーだっけ。 のーたりんの私は、イロドリミドリ並んでいるパッケージが全部同じに見えてしまう。 あの、、、、ウィンナーのパッケージってどれも似てると思いませんか? 使っている色が同じ気が スルノデス MOURI 「そういう時…

映画とテレビと原作

『神様のカルテ』のテレビドラマと映画を鑑賞した。 どちらが好みかというと、私はドラマの方が断然好きだった。 映画の主演が、栗原一止に櫻井翔、妻の榛名に宮崎あおい。 テレビドラマの方は、一止に福士蒼汰、榛名に清野菜名。 キャスティングでは映画版…

春の茶菓

皿に盛っただけで、桜葉が香り立つ。 食べて旨し、見て麗し、匂い芳し、和菓子は季節感もあって素晴らしい。 日本の食文化は《美味しい》というだけでなく色々な感動をくれる、日本人に生まれて良かったと思う。 年に1~2度しか食べられない西荻窪・青柳の…

映画『そして、バトンは渡された』

映画『そしてバトンは渡された』を、Amazonプライムビデオで視聴。 感動作なのだと思う、涙は誘われた。 でも「親たちがついていた嘘と秘密とは?」というコピー、ちょっと安っぽくないかしら (;'∀') この映画はとてもわかりやすく作られている。 映画は小説…