garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

俳優

横溝正史 著『八つ墓村』と1977年版映画

横溝正史自選集にて『八つ墓村』を読了。 『八つ墓村』は、金田一耕助シリーズの第四弾。 主人公は寺田 ( 多治見 ) 辰弥で、彼の一人称で物語ははじまります。 前半までのあらすじ 長くてすみません_(_^_)_ 戦国時代、とある山中の寒村に、尼子氏の家臣だっ…

『姉ちゃんの恋人』にはまる予感

今シーズンのドラマで、もうひとつ注目しているのが『姉ちゃんの恋人』です。 脚本が岡田惠和さんですもの。 ハートフルで面白いに決まっている。 出演も、好きな俳優さんが集結しています。 有村架純さんに林遣都くん。 奈緒ちゃんに、小池栄子さんに、和久…

「この恋 あたためますか」の森七菜が可愛くてかわいくて

今期10月新番組が面白い。 特にはまっているのが、森七菜主演の「この恋 あたためますか」である。 主人公のアイドルの夢やぶれたコンビニアルバイト店員 ( 井上樹木 ) を、森七菜が演じている。 樹木はコンビニで無気力にアルバイトする日々を過ごしていた…

市川崑監督作品『獄門島』

横溝正史『獄門島』を2作見終えました。 先に見たNHK 長谷川版は、金田一耕助をエキセントリックに描いているものの、 本筋は原作に忠実に作られていました。 それに比べて、市川崑作品 石坂版 ( 以下、市川版 ) は、凄いことになっていました。 犯人が原作…

長谷川博己の獄門島

横溝正史の「獄門島」と「本陣殺人事件」を読了。 横溝さんの代表作を《いまごろな私》ですが、 《さらにいまごろ》映画化・テレビドラマ化も見たくなりました。 「獄門島」は、昭和22年の発表当初からこれまでに映画化2度、テレビドラマ化4度されているそ…

竹内結子さん

ランチの女王 プライド 不機嫌なジーン 薔薇のない花束 ストロベリーナイト ミス・シャーロック まだまだ沢山あるけれど、 貴女の演じた女性はいつも どこか強くて張り詰めてて、パキンと折れそうな健気さと、 透明さをもった素敵な人でした。 もっともっと…

日本 歴代のハムレット

NINAGAWAハムレット 2016版の話をしていたら、 他のハムレットのことも思い出してしまいました。 実際に観たものもあり、「凄かった」と聞いたものもありますが、 有名どころを思いつくままに並べてみました。 往年のキャスティング 1933年10月 久米正雄 演…

NINAGAWA ハムレット 2016年版

テレビの録画リストを整理していたら、随分前に録画した「ハムレット」があったので、 遅ればせながらの観劇です。 2016年 蜷川ハムレット 主演 藤原竜也、満島ひかり、横田栄司、平幹二朗、満島真之介、鳳蘭 ほぼほぼおおむね良い出来かと思います。←えらそ…

映画『めぐりあう時間たち』

『めぐりあう時間たち』を観ました。 初めて観たのは、2ヶ月ほど前。 その後、映画のモチーフになった小説『ダロウェイ夫人』を読み、 映画の原作『The Hours めぐりあう時間たち~三人のダロウェイ夫人』を読み、 その後で、もう一度 映画を観直しました。 …

緑がいっぱいだと嬉しい 今日もね

本日の昼ごはん たらこスパゲティ 紫蘇が切れていたので、セロリスプラウトを使ってみた。 こりゃウマい。 セロリとたらこって合うんだと嬉しくなりました。 パスタを盗まれないように、ぴ~には田作り もうもう 大興奮 夜ごはん も美味しい緑です 回鍋肉は…

『蜜柑』 著:永井龍男

この短編は、不倫相手 ( 、、、というと陳腐に聞こえてしまいそうですが ) との別れを話し合った男が、箱根のホテルから横浜の勤め先までタクシーを走らせる、その道中の話です。 車内では、タクシーの運転手の話を交えながら、四十五の男の心理と、十五年下…

ミ・チョリパン 代々木上原

それは以前からずっと気になっている店でした。 若い人から私くらいの年代の、幅広い世代の男女がお店に入っていくのを見て 一度入ってみたいと思っていました。 そのお店を、ウチくるで見たんです。 チョリソーのお店なんだ ウチくる!? 2017年10月29日(日…

映画「あなたのために」

映画『あなたのために』 Where The Heat Is 2000年作 ストーリー展開“甘すぎる”と言ってしまえば、それまでだけど のんびりアメリカ-田舎町の暮らしぶりを楽しむには実によい。 難しく考えないで観たらよいと思える1本です。 ★★★☆☆ ≪ STORY ≫ 『あなたのた…