Garadanikki

日々のことつれづれ Marcoのがらくた日記

素敵な人

11年ぶりにメッセージが

スマホに届いた、ブログのコメント通知に驚いた。 11年前に書いた拙記事に、ご本人からメッセージが届いたらしい。 garadanikki.hatenablog.com タイガー森さんからです! ローラーゲームの東京ボンバーズ初代キャプテン タイガー森さんからです! もう、ビ…

手作りの、たけのこごはんと 猫まんま

お菓子作家のKAYANO さんから、素晴らしいものを頂戴した。 筍とおかか ななんと 「筍ごはんの素」 ご飯と一緒に炊くだけで美味しいたけのこご飯が出来るなんて。 味は保証付き! KAYANO さんはお菓子作家であり、料理の先生でもある。 コロナ以降 間遠にな…

空飛びネコさん直伝「ネズミ個体 手作りごはん」

「これは先月27日のお話です。」 そう前置きするのは、件の「手作りご飯」を作成したのが二週間前だから。 手作りご飯? いつも手作りでしょう。 違うの、猫の餌なんです、猫の餌を手作りしたんです。 話はさかのぼること、さらに半月前。 下の拙記事に、空…

ドラマ『RoOt / ルート』

4月7日からスタートしたドラマ「RoOt / ルート」の世界観が、 何だか異質で気になっている。 W主演の本作キャストを務めるのは、河合優実さんと坂東龍汰さんで、 2人とも数々の話題作に出演する若手のホープだが、私が知ったのはごく最近だった。 河合さん…

天国への門で

先日はSさんの葬儀にまつわる話を聞いていただき、ありがとうございました。 私はSさんの妻に近い立場なので、多分に彼女に肩入れしてしまいがちです。 彼女と義娘たちとの間に生じたことも、彼女から知ることなので、娘には娘の言い分もあると思います。 …

自家製なんちゃってマカロニチーズ

先日、miyako さんのブログで見た マカロニチーズを作ってみた。 www.421miyako.com miyako さんは、料理も編み物もお上手で、映画の話をされたらその映画が絶対に見たくなるという素晴らしい記事を書かれるブロガーさん。 教養豊かで多趣味で素敵女史のmiya…

パンの取り方

浜田山のOlympicの買出しで、赤いパン屋さんラスリーズに寄った。 本日の買い物はこの四点 買い物をしている時のひとこま 黒いスチールすのこに陳列されているパンをトングで取ろうとしたら、 トングが網に引っかかり なかなか取れず、私は悪戦苦闘していた…

本は見て選ぶのがいい

図書館の棚を見回っていて、 小躍りするほどファンキーな一冊に出会った。 表紙は若き日の三島由紀夫と石原慎太郎 この本は2000年から2006年『諸君!』に掲載されたありし日の文豪たちの本。 カメラマンの樋口進さんが撮影したモノクロ秘蔵写真と、 川本三郎…

吉屋さんの小説と旧宅

そういえば、私は吉屋さんの小説を読んだことがない。 鎌倉によく行くのに吉屋記念館も素通りしていた。 勝手にややこしい小説を書く人なのかと思い込み、食わず嫌いだったことを悔いている。 今回『私の見た人』を読んで、しっかりした意思の持ち主でありな…

吉屋信子『私の見た人』

吉屋信子著『私の見た人』を読み始めている。 徳富蘇峰と徳冨愛子 が掲載されているので借りた本。 他の人たちのエピソードも興味深いので、図書館の貸し出し延長をしなければならないかも。 こんな人たちのことが紹介されています 田中正造、万龍・照葉、徳…

夏川草介『本を守ろうとする猫の話』

夏川草介著『始まりの木』のあと、二冊目に手にとったのがこれ。 表紙とタイトルに惹かれたのが理由。 そして今回はもうひとつ楽しい理由がある。 よんばばさんと、つるひめさんが、この本を同時に読まれることになり、 読了後、感想を交換できそうなのだ。 …

「始まりの木」を読んで

夏川草介 著『始まりの木』を読了 この本を読むキッカケは、つるひめさんが紹介されていたからだった。 tsuruhime-beat.hatenablog.com そしてもう おひとり、よんばばさんも つるひめさんの記事を読みこの本を手にされていた。 hikikomoriobaba.hatenadiary…

徳川さん宅 ( ち ) の常識

図書館で何気に手にとった本『徳川さん宅ちの常識』がとても愉快だった。 この本を書かれた徳川さんは、宗家ではなく尾張徳川家の第21代当主。 堀田家から、第20代徳川義知氏の長女・三千子さんの婿養子として徳川家に入り、 名前も『堀田正祥』から『徳川義…

杉敏三郎の話から考えたこと

杉敏三郎は吉田松陰の実弟である。 姓が違うのは、松陰が二男で吉田家に養子に出たからだが、兄弟は一緒に暮らしていた。 私が敏三郎に興味を抱いたのは、彼の顔立ちが吉田松陰に最も似ているといわれていたからだ。 敏三郎は、生まれた時から耳が聞こえぬ …

虹の空で大連餃子

しばらく更新が出来なくていましたが、 実は、親しい方が亡くなりバタバタしていました。 このブログでも何回かお話していた、毎年元旦にお招きしていた恒吉さんです。 恒吉ご夫妻とは40年来の付き合いで、お芝居を見に行ったり、旅行に行ったり、 桜の頃に…

横松和平太さんのこと

名所名跡の由緒書や解説文を読むと、知らない世界が広がり不思議なことに気づかされるから面白い。 特に私は「なんとかさんが、どうしたこうした」という話が好物で、そういうものを読むと、人物像や背景にあるものを探りたくなる。 今回は長いこと吉良氏の…

名残常盤記からスゴイ本に出会った!

吉良氏のことをつらつらつら考えていて・・・ 色んな史料を取り寄せては通覧する日々が続いている。 史蹟などの由緒書きを見ると、それに関係した人物に興味がむいてしまうので、 今回は、豪徳寺の前身-弘徳院を作った吉良政忠に始まり、吉良氏に熱中です。 …

国会図書館で古い新聞を読んできました

昨日お話した『鉄道ピクトリアル』の記事だが、全文読んでも電車のことに詳しくない私にとって、 クハとかデハといったもののイメージがつかめなかった。 なので、代田連絡線を敷設した理由などの部分だけピックアップした。 記事でわかったポイント 空襲に…

名コンビ 綾瀬 & 西島

配信動画サービスで久々に『奥様は取り扱い注意』を再観。 綾瀬はるかと西島秀俊のアクションが小気味よく、 運動神経と感どころの良い2人を見ていると、気分がスカっとする。 アンジョリーナ・ジョリーとブラッド・ピッドの映画『Mr.& Mrs.スミス』を彷彿さ…

『コンビニ兄弟』を読み始めて

町田そのこさんの『コンビニ兄弟』を読み始めた。 www.shinchosha.co.jp そのこさんの本は『うつくしが丘の不幸の家』『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』を読み、 ずいぶん男前の文章を書く作家さんだなあと感心したばかり。 彼女が描く世界は、人間関係も…

NPO法人パレットのクッキー

敬老大会の記念品としていただいたのは、クッキーだった。 2人で参加したので、ふたつづつあります ミルク塩ボーロ サクっと軽くてほんのり塩がきいているがまろやかな味 ごまクッキー 胡麻好きにはたまらない味、カリッとしていて美味しい あーもんどクッキ…

ドラマ『VIVANT』超おもしろいね

日曜劇場「VIVANT」を毎回楽しみに観ている。 番組枠で高視聴率を取っていた『半沢直樹』の主役と『下町ロケット』の主役の 二人を起用してしまったのだから、凄い!! しかも、モンゴルでの壮大なロケまで敢行してしまったのだから。 序盤のバルカ共和国 ( …

コタヌと月餅とYさん

にゃんこの集会場で、Yさんに会った。 Yさんは、コタヌを可愛がっている女の人。 穏やかな方で、優しい触り方をするから、コタヌは彼女にぞっこんなのだ。 猫にはそれぞれ好きな人がいるし、人間の方も「推し猫」がいる。 猫に好かれる人は、その猫が撫でて…

いざ鎌倉リベンジ! 佐藤忠良展覧会

本日は先月のリベンジで葉山へ。 リベンジとは、間違って展覧会の公開日前に行って見られなかったから。 佐藤忠良さんの生誕110年を記念しで企画された「生誕110年傑作誕生佐藤忠良」の、 開催期間 ( 4月22日~7月2日 ) をよく確かめないで失敗してしまった…

かたの桜

お友だちから純米大吟醸を頂戴した。 大阪・交野の郷で、江戸時代末期より続いてきた酒蔵、山野酒造の酒。 大阪の酒というのは初めてかも知れない。 試飲すると、スッキリと辛口な中にほんわりした香りがして大変飲みやすい。 どんな料理にも合いそうな気が…

いざ鎌倉 (葉山) !

今日は二人で佐藤忠良さんの個展を見に葉山に行くことにした。 久々の遠出。 葉山まで行くなら鎌倉でご飯を食べてからにしよう。 目的地は、ずっとMOURI を連れていきたかったお店、土鍋のKaedenaさんだ。 軽く朝ごはんを食べて10時30分に出発。 平日なので…

病院行って、にゃんこに会いに行く

10日間 気力と売薬と頑張ったが、やはり病院に行くことにした。 かかりつけ医に状況を話すと、ずっと飲んでいる鎮痛剤のせいだろうとのこと。 2016・2017年と2回、胃潰瘍で入院したことがあると告げると、 整形外科から出た胃薬だけでは無理だと、タケキャブ…

バカリズムのブラッシュアップが凄い

「ブラッシュアップライフってドラマ 面白いらしいよ」 MOURI が友人から仕入れてきた情報だ。 バカリズムさんが手掛ける作品は、シュールで洗練されていてチクリと刺さるものがあるから、 「さぞかし」と期待して、追っかけまとめ観することにした。 主人公…

ライチとバナナ

龍眼とライチの話で思い出したのが、実家のお店 (北京料理屋) のこと。 食後のデザートに、母がサービスしていたのがライチだった。 油の多い食事のあとに口がサッパリすると、とても好評だった。 だが、入荷が間に合わなかったり、お客さんが多くて数が足り…

ムクロジ

新しいスーパーでこんなものを見つけた。 龍眼 ( りゅうがん ) あら、ベトナム産だって。 私はずっと、ライチと龍眼は同じものだと思っていた。 ネットにも「同じ果物です」と書いているサイトもあったが、 よく調べてみると同じ科でも別属の植物の実なんだ…