garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

上田の恵み カモミールなどなど

例のごとく、上田からの帰りに「ゆとりの里」で買い求めた食材のいろいろ。

f:id:garadanikki:20190623185409j:plain

平茸なんかは、東京ではなかなか買えない。

f:id:garadanikki:20190623185431j:plain

 

野菜はどれも新鮮で柔らかい。

一度食べたら癖になる味です。

f:id:garadanikki:20190623185437j:plain

 

今回は、こんな珍しいものもありました。

f:id:garadanikki:20190623185443j:plain

カモミールにブルーベリー、そしてチラ映りがサクランボ。

安いのも有難い。

 

インスタントのラーメンでも、野菜入ると豪華になります。

f:id:garadanikki:20190623185356j:plain

 

鶏肉、にんじん、平茸に、こごみ。

f:id:garadanikki:20190623185404j:plain

こごみ入りのラーメンなんて、そうは食べられまい。

 

食後のお茶は、カモミールです。

f:id:garadanikki:20190623185455j:plain

 

なんか、貴族になった気分。

f:id:garadanikki:20190623185507j:plain

 

手打ちそば「きこりん」と「南大門ホルモン館」

約3週間ぶりの上田です。

心臓の具合が落ち着いた母は、リハビリ目的の病院に転院することになりました。

 

・・・といっても。

実際に母が転院した日 ( 5月20日 ) に、ギックリ2日目でどうにも動けず、

転院の付き添いは、上田の母の友達にお願いしました。

役立たずのわたくしは、6日後に見舞いにきたという始末。

 

要するに今回来ても、何もやることはありません。

母の顔を見に、、というか、母に娘のアホ顔を見せにきたということです。

 

病院の前に、昼ごはん

f:id:garadanikki:20190622150255j:plain

まだ面会時間にならないので、その前に昼食を。

きこりんという、初めてのお店です。

f:id:garadanikki:20190622150243j:plain

前を通りがかったことがある、気になっていたお店です。

 

口開けなので、他にお客さんはまだいません。

f:id:garadanikki:20190622150145j:plain

 

ご注文は? と聞かれて、もりそばをお願いしました。

そして。

「天ぷらって、山菜ですか? もう山菜はないのかな」とMOURI 。

「うーん、山菜 無いことはないけど、タラの芽なんかは大きくなり過ぎて固いからなあ」

「ですよね、もう時期外れですよね、お任せします。」

 

前回、山菜の天ぷらと間違えて普通の天ぷらを頼んでしまったのが悔やまれて、

やはり食べたいみたいだ、山菜が。 

前回 草笛で、山菜を頼みたかったのに、普通のを注文してしまった。⤵

f:id:garadanikki:20190623165759j:plain → f:id:garadanikki:20190623165854j:plain

 

5月も上旬なら春の山菜にありつけただろうが、下旬ともなれば無理でしょう。

カウンターの向こうで、ご店主と奥さんが作ってくれてます。

f:id:garadanikki:20190622150139j:plain

 

「お待ちどうさま、大した山菜ではないけれど」と言われましたが、

とんでもない。こんなに? わおっ!

f:id:garadanikki:20190622150158j:plain

 

凄い種類だ。

海老に南瓜、茄子にサツマイモ。

それに、ウコギとコシアブラに、大葉に舞茸もある。

f:id:garadanikki:20190622150205j:plain

美味しい。大感動です。

 

お蕎麦も最高。

f:id:garadanikki:20190622150217j:plain

付け合わせがまた嬉しい。

 

MOURI は、ウドと人参を薄く切った煮物。

この薄さに丁度の味付け、素晴らしい。

f:id:garadanikki:20190622150224j:plain

 

私には、アスパラガスか、な?

筋があるように見えますが、美味しく柔らかく炊けています。

f:id:garadanikki:20190622150229j:plain

これだけでも大ご馳走で。

 

蕎麦はもちろん絶品です。

f:id:garadanikki:20190622150212j:plain

 

デザートが、また驚きですわ。

そば粉を閉じ込めたゼリー、赤いのはクランベリー。

f:id:garadanikki:20190622150235j:plain

 

いやぁ、美味しかった。

食べ終わった頃に、ご店主が図鑑を持ってきて、

この当たりで採れる山菜を季節ごとに教えてくれました。

私の好きなのびるもよく採れるとのこと。

 

 

帰りに私たちと一緒に外に出てらしたご店主は、庭先の植物のことも教えてくれました。

つるむらさきやニラも育てているそうです。

f:id:garadanikki:20190622150249j:plain

ご店主とは、他にお客さんがいらっしゃらなかったので、思いがけないお話が出来ました。

 

 

転院した病室は、事情があって個室。

本人は1人が寂しいといいますが、2~3日の我慢。

f:id:garadanikki:20190622150308j:plain

この椅子、座りやすいなぁ。

 

流石に病院の椅子だわ。

高価なものではないけれど、安全で座りやすい椅子で、長く座っていても疲れません。

高齢者や病気の人が立ち上がるのには、頑丈なひじ掛けが必須。

安全でしっかりしています。

 

「こういう椅子が欲しいんだよなあ」と言ったら、

「うちのダイニングには大きいし、似合わないよ」と言われました。

f:id:garadanikki:20190622150301j:plain

ひとしきり話をして、今日は引き上げることにします。

早く帰るのは寂しいだろうが、長居は疲れさせるし、痛し痒し。

また来るねと心を鬼にして帰ります。

 

 

 

帰路、前橋でホルモンを食べることにしました。

またかですが、MOURI の好物だから。

f:id:garadanikki:20190622150356j:plain

 

今日は、テーブル席。

f:id:garadanikki:20190622150330j:plain

 

キャベツがお通し。この味噌がまたおいしい。

f:id:garadanikki:20190622150325j:plain

 

ナムルというば、代表的なのがゼンマイ、ほうれん草、もやし、大根のピリ辛でしょうが、ここの大根は赤くない。見た目は茶色で地味ですけど、これ結構美味しい。

f:id:garadanikki:20190622150316j:plain

 

焼き物は、MOURI が豚ホルモン派でビール。私は牛カルビで白いご飯。

 

ご飯を食べたのに、チヂミも注文してしまいました。

これがまた美味しいのよ。

f:id:garadanikki:20190622150337j:plain

 

これで終わると思うな。〆にシジミラーメン。

f:id:garadanikki:20190622150344j:plain

前回 食べて虜になったラーメンです。

二人で食べればそんなに多くない。いや、多いか。。。

f:id:garadanikki:20190622150350j:plain

ああ、美味しかった。

つて、何 しに来たんだろう。

 

あほ娘のご尊顔を拝ませてやったということか。

手打ちそば「きこりん」
〒:上田市富士山2123
TEL:0268-38-7801
定休日:水曜日?←要確認
営業時間:11:30~14:00
17:00~19:00(要予約)

少し元気だとやりたくなること

腰痛もおさまり、元気になればやりたいことが沢山ある。

ひとつ、徘徊すること。

今日は、自転車で永福町まで行ってみました。

 

道路わきのタチアオイ、綺麗だ。

f:id:garadanikki:20190623190920j:plain

それにしてもこの当たりの地形は気になります。

真っすぐの道路 ( 井の頭通り ) の両脇が低いんです。

昔は何があったのかな。

いかんいかん、また地形のことを考えてる。

 

初めての道を通りました。

f:id:garadanikki:20190623190932j:plain

あの道の盛り上がりは何だろう。

昔は何があったのかな。

・・・いかん。ぶらタモリの見過ぎだ。

 

このお蕎麦屋さん、ちょっと気になります。

f:id:garadanikki:20190623190940j:plain

今度 入ってみようかしら。

 

ここは取り残されたような道です。

f:id:garadanikki:20190623190945j:plain

実はこの先、車が見えている所に交差しているのが環状七号線でして、

その奥に続く真っすぐな道路が水道道路です。

環状七号線との交差点の向こうは、この道の三倍以上広い直線道路で、新宿副都心まで続いてるんです。

でも昔は道ではなく《水路》だったんです。

 

大正初期 笹塚付近の玉川上水新水路

f:id:garadanikki:20170708123117j:plain

明治時代、新宿・渋谷あたりの飲み水として使われていたのが玉川上水でしたが、

水質悪化が問題になり浄水場が作られました。

浄水場がつくられた場所は、現在の東京副都心。

都庁なんかが建っている所です。

「太陽にほえろ」ではジーパンがよく走ってた所といえば、の少年 ( 50代~60代 ) はピンと来るかも www

 

その淀橋浄水場に玉川上水を引くための水路だったから、直線なんです。

その道が新宿から環状七号線と交差したところでプッツリと消え、

こっち側はこんなレトロな昭和道になっている。

もしかしたらここ、暗渠なのかも知れません。

f:id:garadanikki:20190623195630j:plain

何だかとても興味深い。この謎は解かないと。。。。

後日、この辺りを探ってみようと思います。

 

 

さて。

元気になったらやりたいこと、

いえ《やらなければならない》ことは、にゃんこ詣でです。

一週間ほど、会いに行ってないから、この通り機嫌の悪いこと。

 

とんとん、プイッと横向いてます。 

f:id:garadanikki:20190623190820j:plain

とんとん、ごめんよー。動けなかったんだよー。

耳だけはこっちを向いてるが、しばらくは無視することに決めたみたい。

 

とんとんの妹、ミーシャもこんな感じ。

f:id:garadanikki:20190623190828j:plain

ナニヲシニキタノ、イマゴロ。

ああ、こわこわ。

 

元気になってやりたいこと。その三。

ちゃんとしたものを作って食べる。

 

果たしてこれが《ちゃんとしたもの》かどうかは微妙だが、それでも一応、手は尽くした。

f:id:garadanikki:20190623185341j:plain

厚めに切られたタラの身があったのでソテーにして、

トマトと三つ葉を入れたバターソースをかけてみた。

味はほんのり醤油です。

 

あと何がやりたいか、、、、

やっぱり、ぶらMarcoかな。

喫茶『地球儀』

京王 井の頭線の永福町にその店はありました。

f:id:garadanikki:20190620170552j:plain

《ありました》というのは、これをアップした時にはもう閉店してしまっているから。

5月24日に、自然の生命 空を見上げて ( id:beauty-sky ) さんの記事を拝見して、

飛んで行きました。最後にナポリタンが食べたくて。

 

 

 

 

懐かしの看板「やってます」

f:id:garadanikki:20190620170540j:plain

 

営業中のプレートの隣に

f:id:garadanikki:20190620170524j:plain

閉店のお知らせの張り紙。

  移転も考えていらしたのか・・・・

f:id:garadanikki:20190620171128j:plain

 

店員さんは、1人の私をさっさと4人席に案内する。

beauty-sky さんの記事にも書かれていた通りになったと笑ってしまいました。

 

あとから来た2人連れ、3人連れのために、カウンターでもいいのにと思うけど、

これがこの店の流儀。素直に、ご厚意に甘えます。

f:id:garadanikki:20190620170447j:plain

店内はほぼ満席。

タバコ休憩の営業ウーマン、漫画本を読んでいるお兄さん、ノートを広げる学生さんなどなど。

スマホをいじっている人は意外と少ない。

 

注文は、

ナポリタンでしょう、やっぱり。

f:id:garadanikki:20190620170458j:plain

ナポ単品もいいけれど、ナシゴレンとのセットにしました。

 

わかめスープ、キャベツのサラダ、プレートにどどーんとナポ&ゴレン。

玉子焼きも必須アイテム、喫茶店の正式なセットってこんなことでしょ。

f:id:garadanikki:20190620170503j:plain

 

ナポリタンは、間違いなく喫茶店のそれです。

f:id:garadanikki:20190620170511j:plain

茹でたてじゃない、ふにゃふにゃしているのが正しい。

まぎれもなく わざと冷蔵のパスタでなきゃ、喫茶店のナポリタンとは言えない。

味もそう、これこれ。

家庭で作るのより、甘酸っぱいのは、秘密のアレでしょう。

 

この味の記憶をしっかり叩き込んで帰ります。

f:id:garadanikki:20190620170517j:plain

 

もう食べられないんだなぁ、地球儀のナポリタンは。

f:id:garadanikki:20190620170440j:plain

お店の本棚には「きのう何食べた?」もありました。

読みたかったけど、

 もう少しゆっくりしたかったけど、

  こんな日に限って後が用事がつまってる。

 

今月、もう一度来れるかな。

・・・来れないだろうなぁ。

 

 

日常は《馴染の店が無くなる》なんて思わないで暮らしています。

しかし、店はいつか無くなります。

それなりの事情があって、それぞれの歴史を残して。

いつ来てもあると思うのは間違い。

一回一回の出会いを大切にしようと今さらのように思いました。

 

これが最後でもお店の匂い、お店の味は、私の体の中に残っています。

多分、明日かあさってに『ナポリタン-地球儀風』を作ってるかな。

味の記憶を確かめたくて。

f:id:garadanikki:20150114111050g:plain

こういった喫茶(純喫茶)が少なくなっているのは寂しい限りです。ソフト麺のようなナポリタンに冷コーを頼むのがデフォです。甘酸っぱい「あれ」が謎です。ウスターソース??牛乳??2019/06/25Add Stargaradanikkigaradanikkigaradanikki

たまうきさん<<<

鋭い。その通りです!!

ウスターソースと、はちみつをちょっと加えたら、その店のナポリタンになるように思いました。

当たり、、じゃない前田のクラッカー

前回 のんちさんの記事を見て、私もずっと気になっていました。

「あたり前田のクラッカー」のこと。

・・・そして。

同世代の方が、皆さん大興奮されているのを見て《はてな》って凄い、素敵だなあと思っていました。

 

そんなのんちさんが、見つけられたようです。


おめでとうございますーーーー

🎉 パンパン

 

 

あの四角いやつは見つからないと思ってた。

それを見つけたんですから、相当な方です。アッパレです。

 

のんちさんも、いったん気になったらとことん探されるタイプとお見受けしました。

その努力、執念、意欲は素晴らしい。

私も多少はとことんタイプだけれど、のんちさんには遠く及ばぬ。

ボーッとテレビで、見つけた人を見つけたくらいです。

f:id:garadanikki:20190623113739j:plain

f:id:garadanikki:20190623113745j:plain

f:id:garadanikki:20190623113800j:plain

f:id:garadanikki:20190623113806j:plain

f:id:garadanikki:20190623113816j:plain

うーーー、残念。

これじゃぁ、ないんだ。

四角いやつ、薄さも違う。

これは・・・当たり、、、じゃない前田のクラッカー

 

 

ご当地では「おかげさまで前田製菓100th」で四角い復刻版があるそうな。

いいなぁ大阪

東京・蔵前の菓子問屋さんは、これが限界か。。。しくしく

あのスープも懐かしい。

前田製菓さま、スープ入りも復刻、どうぞよろしくお願いいたしまする。

 

藤田まことさんの懐かしい絵

f:id:garadanikki:20190623113821j:plain

俺がこんなに強いのも、当たり前田のクラッカー

  覚えてるもんだわね、50年以上前の台詞なのに。。。

f:id:garadanikki:20190623113825j:plain

それにしても藤田まことさん、良い声してまんなあ。

あらためて聞いて、惚れ惚れするようなセクシーな低音でした。

 

ああ、藤田まことさんの『剣客商売』が見たくなった。ビデオ借りてこよ。

f:id:garadanikki:20150114111050g:plain

あたり前田のクラッカーは小さい円盤型(コインのような)で少し塩気があって 赤っぽい袋に入っているものとばかり思っていました。これは初めて見ました👀2019/06/23Add Stargaradanikkigaradanikkigaradanikki

たまうきさん<<<

小さい円盤型 ( コインのような ) というと、私はこんなのを想像してしまいました。

 

f:id:garadanikki:20190624130353j:plain

 

でもこれは、しょっぱくはないしなぁ。。。

エースコインは、私にとって前田のクラッカーと並ぶ、子供の頃の懐かしお菓子でした。

つい先だって、スーパーで見つけて小躍りしてしまいました。

 

三宅裕司さんの妻

三宅裕司さんの奥さまの天然は有名ですよね。

ちょっと気分が落ち込んでいる時には、思い出すと笑えます。 

 

 

義母に手紙で「暮も近づきまして」を「墓も近づきまして」と書き間違い。

 

三宅裕司が「今、ビールを飲んでいるところだから、ビーフジャーキー買ってきてよ」といったところが買ってきたのは、ビールジョッキだった。

 

犬を散歩させようと家を出たのに小さなスコップとゴミ袋を持って出て、肝心の犬を忘れて行った。近所の人に、

「あら奥さん、芋掘りですか?」って聞かれた。

 

 

「お名前は?」と聞かれて「三宅です」と答えた。

「どんな感じ ( 〇漢字 ) ですか?」と聞かれ 「セレブ風」と答えた。

 

美容院で「耳はいかがいたします?」と言われて「耳は切らないでっ!!」と叫んだ。

 

「ほんとに坊主丸坊主ね」と言い出した、

ものすごく儲けているお坊さんの噂をしたかったらしい。

 

食べ食べしゃぶ放題。何を食べたいのだろう。

 

夫婦喧嘩の最中、外に出ていこうとして「抱いてよ!」( 〇どいてよ! ) 

 

熱帯夜明けの朝に「夕べはムラムラして眠れなかったわ」( 〇ムシムシ )

 

三宅裕司が犬を飼いたいと言ったところ「誰が始末するのよ」( 〇世話するのよ ) 

 

「人間、顔じゃない」と言おうとして「人間の顔じゃない」と言った。

 

子供がウソをついたときに「ウソは万病のもとよ」と叱っていた。

 

外出先で妙に大きな携帯電話を持ってるなあと思ったら、家のコードレス電話の子機だった。

 

「カラオケで歌い過ぎて喉にブリーフ ( 〇ポリープ ) が出来ちゃったの」と言われた。

 

妻は「ルイ・ヴィトン」のことを「ヴィ・リトン」と言う。

 

「同じ釜の下に住んでるんだから」と言われた、そんな小さな家でもないが。

 

和装の花嫁さんに「まあ、きれいな南京玉すだれ ( 〇文金高島田 ) ね」と褒めた。

 

ホテルのフロントで一言「ベッドインは何時ですか?」 

チェックインの時刻が知りたかったようだ。

 

源泉たれ流しの風呂。

 

「今日も行くの? ゴルフのめった打ちに」

 

病院で「CIAはどこですか?」と聞いていた。

 

電気屋でエアコンを探していて、お店の人に「霞ヶ関はどこにありますか?」と尋ねていた。流石に霧ヶ峰だとは気づくまい。

 

子供を「誰の為に(○誰のおかげで)ご飯食べられているの!」と叱った。

 

サイトシーイングが覚えられないというので「商店街の斎藤寝具を思い出せばいい」と教えたが商店街には、もう一軒あったようだ。妻は税関で「太田布団店」と言って止められていた。

 

夫婦喧嘩の最中に「それはそっちの台詞よ!」と言われた。

それを言うなら《こっち》の台詞、、、いや、俺じゃないから、そっちの台詞か?

・・・・わからなくなった。

 

十中八九と言おうとして、四十八手。

 

「困った時は、おあいにく様よ」と言われ、相手が困っていた。

 

子供に対して「人と言う字を見てごらんなさい。…猫の口に似ているでしょう?」

何を教えたかったんだろう。

 

小学校で先生から子供とのふれあいが大事と言われ、「スキンヘッド(○スキンシップ)ですね!」と答えた。

 

就職試験の時「家業は何か」と聞かれ「かきくけこ(か行)」と答えた。

 

どこを(○どこに)出しても恥ずかしくない娘、、、他所で言わないでほしい。

 

衣替えをして「ノーブリーフ(○ノースリーブ)出しといたわよ」と言われた。

 

「ビリだった人はじゅっきんふっかい(○腹筋十回)」

 

「ダメで元々なんだから」と言おうとして「元々ダメなんだから」と相手をへこました。

 

歯科医に口紅を拭くように言われ、一生懸命口笛を吹いた。

 

外食の際、伝票を取るようにと合図を送ったら、目の前にあったコーラを飲み干した。  

 

あの人は、ダッチ裕三じゃない、グッチ裕三だ。

 

違う!!  あの人は一筋縄じゃない、一青窈だ。