読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

ぷらもーる梅屋敷

おでかけ すてきな人 観光・見聞

初めての蒲田~梅屋敷に来たかったのは、けだまとりこさんの記事を見たからなんです。

とりこさん ( 下の名前で呼んでいい? ) の記事にあった、古地図の写真にくぎ付けになったのです。

 

 

古地図、是非見たい。

京浜急行の駅の雰囲気もどんなだか、見たかったんです。

 

今、歩いているのは梅屋敷公園から京急の高架をくぐった道。

f:id:garadanikki:20170225161752j:plain

楽しい。

白髪ぼかし、、、そうか、ぼかすのか www

f:id:garadanikki:20170225161753j:plain

 

スリガラスに名前が入っています。

今時、なかなか見られない贅沢な意匠ではないですか。

f:id:garadanikki:20170225161754j:plain

 

何屋さんなんだろう、奥の車もカッコええ

f:id:garadanikki:20170225161755j:plain

 

通りの真ん中で大笑いしてしまいました。

「横断は いくつになっても みぎひだり」

看板は、区立の老人ホーム&地域包括センターの前にありました。

f:id:garadanikki:20170225161756j:plain

 

商店街に出た。

f:id:garadanikki:20170225161757j:plain

ぷらもーる梅屋敷というんですね。

f:id:garadanikki:20170225161800j:plain

私も下調べはあまりしないで歩き出すタイプなんです。

とりこさんの写真の街並みと違う。

道が真っすぐだもの。新しい商店街なのかしら。

 

こういうパン屋さん、渋谷にはあまりない。

f:id:garadanikki:20170225161759j:plain f:id:garadanikki:20170225161758j:plain

メロンパンに、あんぱんにチョココロネ。

昭和の定番のパンが並んでいます。

 

あっ、琵琶湖だ。

でも・・・・ううう、休みだ。

f:id:garadanikki:20170225161801j:plain

琵琶湖があるということは、

やっぱり、とりこさんの商店街の逆側です。

ここ有名な喫茶店らしいけど、残念だ。

 

喫茶店に入りたいので探します。

商店街の終点でUターン。

右上の看板の「ドリア スパゲティ ハンバーグ パフェ」というのも気になるが、f:id:garadanikki:20170225161807j:plain

残念ながら本日は2時でお休みのようです。

f:id:garadanikki:20170225161808j:plain

 

ここにします。

f:id:garadanikki:20170225161805j:plain

おお、定番メニューが並んでいます。

f:id:garadanikki:20170225161811j:plain

シーフードピラフにしようか最後まで悩みましたが、ナポリタンに。

f:id:garadanikki:20170225161810j:plain

喫茶店の伝統的なナポリタンの作り方って、面白いですよね。

ゆでたてじゃなくて、わざわざ前日に茹でておいた麺を使ったりするんだそうです。

ケチャップソースがへばりついたような仕上げにする為には、

ビールを入れたりもするらしい。

 

そんなナポリタンをイメージしていましたが、こちらは違うみたい。

どこまでもみずみずしいタイプ、

かくし味はなく酸っぱ目のケチャップを大胆に使っています。

ちょっと酸っぱくて味が濃いのが大田区風なのかな。

サラダにもたっぷりとドレッシングがかかっています。

 

コーヒーはサイフォンで落としている。

すごーく美味しい。

f:id:garadanikki:20170225161809j:plain

いやー、美味しいです、亜湖さんのコーヒー。

ママさんとホール担当の女性の二人で店を回していました。

お二人とも明るくて、さりげなくて、優しくて素敵な女性。

 

居心地の良い喫茶店って、丁度よい距離感で接してくれるでしょう、亜湖はまさにそれ。

私の他にお客さんは二組。

7~80代の女性二人組は、姉妹の様子。

いいですねぇ、落ち着いた喫茶店でお互いの家族の話をしあったりする様子は。

 

もう一組は常連の女性のようで、カウンターでママさんと話をしています。

こちらも、とても落ち着いたようすでくつろいでいます。

 

こういう居心地の良いお店は、素敵なママさんがいるからなんだろうなぁ。

ホールで働いている女性にとっても、働きやすいお店なんだと思います。

 

古い商店街には、専門店が沢山あって楽しい。

f:id:garadanikki:20170225161806j:plain

 

歩いていて気がついたんですが、この商店街、車があまり通らないの。

その代わり自転車が多いです。

鳥打帽をかぶったおじいちゃんが、じーこじーこ 自転車をこいでいる風景が似合う町。

f:id:garadanikki:20170225161804j:plain

肉屋さんも、八百屋さんもディスプレイが美しいですな。

引き込まれてしまった。

f:id:garadanikki:20170225161812j:plain

お肉の種類も豊富だし、惣菜も美味しそう。

豚のステーキ用肉2枚と、黒酢酢豚と、煮込みを買いました。

 

文房具屋さんに立ち寄りました。

f:id:garadanikki:20170225161803j:plain

お店のご主人? と奥様? とちょっとお喋り。

まる「この辺は海苔屋さんが多いんですね、やっぱり羽田裏だから?」

男主「そう、昔は海だったからねぇ」

女主「それでも梅屋敷は少ないほうですよ」

男主「大森の方に行くと、もっと沢山。海苔屋がズラーっと並んでますよ」

まる「そんなに沢山あって、商売 成り立つんですか」

女主「問屋のようなものですからね、料亭やお店がお客さんだから、

   お店で売れなくても大丈夫みたい」

男主「昔はもっともっと あったんですよ海苔屋が。

   オリンピックの時にね、立ち退きの話で当時の金で1000万円各店に出たんだって。

   ヤクザが沢山やってきて、賭場を作ったんですよ。

   1000万円のお金が目当てだったんだな。

   大金を持ったことがない人たちが鴨にされ、しんしょつぶしてしまったの。

   今、ここに残っている海苔屋は、そんとき遊ばなかった人たちなんだって」

女主「あら、凄いこと知ってんのね」

まる「へー。1000万円って、人生変わっちゃうよねぇ」

女主「ところで、どちらから?」

まる「渋谷区の〇〇です」

女主「あら、いいところ。私も大学は渋谷だったの、いいわよね渋谷って」

まる「いや、こちらもいいところじゃないですか。みんな明るくて気さく」

女主「気さく? あはは、柄が悪いのよ~爆」

男主「どこか行きました?」

まる「梅屋敷公園に行ってきたんですけど、梅が少なくて驚いちゃった」

女主「ああ、何年か前に植え替えちゃったからなんですよ。

   まだ小さい木だったでしょう?」

まる「なるほど。そういうことだったんだ、ああ残念」

女主「昔は竜馬さんも来て遊んだらしいけどね、今は寂しいものよね」

まる「うん、寂しいのはもったいないね。他にこの辺でおすすの場所ありますかね」

女主「お隣の惣菜屋さん、有名なんですよ。テレビが来ると必ず紹介されますよ」

男主「池上本門寺は絶対にいかなきゃ。呑川に沿っていけば迷わないから」

まる「やっぱり本門寺ですね、行きも呑川通りましたから、それを上流の方にいけばいいんですね。

   ありがとうございました。」

ファイルとセロテープを買っただけなのに、こんなに沢山教えてもらっちゃった。

やっぱり大田区は気さくな町で素敵です。

 

女主さんが教えてくれた「大越」さんに寄りました。

おおっ、銀むつがあるではないか。即買いです♥

f:id:garadanikki:20170225161814j:plain

 

海苔屋さんの店先に、面白い商品がありました。

一個100円の色んな味のもみのり。コーン風味とか、明太子風味とか沢山ある。

粉海苔も100円也。はねだしが400円というのも目を疑う。

f:id:garadanikki:20170225161802j:plain

店先の商品を沢山かかえて会計に店内に入ろうと思ったら、

おじいちゃまとその息子さんらしい (先代と当代っぽい) お二人が帰ってきて、

店先に段ボールを積みだした。

息子さんの方が、おじいちゃんの段ボールの向きが違うと言い出して、

「縦じゃない。横にしなきゃ入らないだろうが」

息子さんが怒っているのが丁度店の入り口、商品を抱えた私には気づかずにいる。

彼が立ちふさがって店にも入れず、段ボールの話はまだ続きそうなので

買うのはあきらめました。

 

・・・なるほど。

お店売りはついでの商売なのって、こういうことなんだね (;´・ω・)

 

さてそれではお目当ての、地図を見に行きましょう。

国道をわたって反対側の商店街に、行ってみたいと思います。

続く

初めての蒲田~梅屋敷公園

おでかけ 地図 花鳥風月 観光・見聞

今日は、蒲田駅に行きます。

最終目的地は、梅屋敷。

とてもとてーも気になるものがあるので見に行きたいの。

とりあえず初めての町、蒲田駅に向かっている道中なんですけどねぇ

f:id:garadanikki:20170225161659j:plain f:id:garadanikki:20170225161658j:plain

初めての駅はワクワクする。

f:id:garadanikki:20170225161700j:plain

蒲田って、沢山路線が乗り入れているんですね。

ここは東急多摩川線と池上線のホーム。

f:id:garadanikki:20170225161701j:plain

濃いピンクと薄いピンクの色分けが可愛いじゃないか 

 

このホームから長い通路 ( 駅ビル ) でつながった所が東海道線の蒲田駅なのか。

大田区在住の方々には当たり前のことでしょうが、新参者にはとても興味深いエリア。

f:id:garadanikki:20170226015021j:plain

もうひとつの京急蒲田駅は、かなり離れたところにあるんだ。

トライアングル地帯がディープでさらに興味深い。

 

それじゃ、京浜電鉄の梅屋敷まで歩いてみたいと思います。

f:id:garadanikki:20170225161703j:plain

 

 

蒲田東口 中央通りは飲食店が沢山。

大きな中国料理店だなあ、正面の窓ガラス一面には写真が貼ってあります。

有名人と店主が映っている写真。

 

f:id:garadanikki:20170225161704j:plain

かつて松竹蒲田撮影所があった場所と目と鼻の先だから、

撮影関係者も来たようなお店なのかしら。

中国料理、ちょっと気になるけれど歩き出したばかりでピットインもなぁ w

 

呑川に出ました。

f:id:garadanikki:20170225161705j:plain

あやめばしだから、欄干もアヤメ。

f:id:garadanikki:20170225161706j:plain

川上には池上本門寺があるらしい。

f:id:garadanikki:20170225161707j:plain

 

この辺は高低差がなし。

方向を間違えて小学校の前に来てしまいました。

下校時間と重なって渋滞中、、、あら、教会ですか。

f:id:garadanikki:20170225161708j:plain

教会っていうと白を基調にして屋根に十字架があるイメージだけど、

なかなかシックで素敵な建物ですなぁ。

 

初めての場所を歩くのに目印にするのは、川だったり、寺社仏閣だったりする。

この神社も素晴らしい ←ここはあとでお話することにします

f:id:garadanikki:20170225161721j:plain

いつも思うんだけど、

神社って門戸が開けていますよね。出入り自由で参拝できる。

一方、お寺さんって勝手に入れない造りが多いような気がします。

この違い、どうしてなんでしょう。

f:id:garadanikki:20170225161722j:plain

うふふ。

こちらのお寺の場合は、わんちゃんが外に出ないようになのかな(笑)

f:id:garadanikki:20170225161723j:plain

今日は散歩にはいいお日和。

ちょっと曇天で、ちょっと肌寒いくらいが丁度いい。

いくらでも歩けるから。

 

あの先に見えるのが京急かな。

f:id:garadanikki:20170225161724j:plain

 

 

椿神社。

さっきの薭田神社より小さな神社ですが

f:id:garadanikki:20170225161725j:plain

椿神社 は、百日咳の治癒に御神験あらたかなりと、古くから土地の人の信仰にあつい神社なんですって。

元々は道祖神であった、ゆえに御祭神は猿田彦命なんだそうな。

地図を見てもこの場所、かなり目立つ岐路にあります。

古地図を見ると、北蒲田村の入り組んだ地形にちょっと角張った位置にあります。

      〇で囲んだ赤字が「椿神社」⤵

f:id:garadanikki:20170226134047j:plain

村と村の境界にあったことから、道祖神としての役割は大きかったのではないでしょうか。

 

椿神社から歩いて100mほど行くと、ありました。梅屋敷。

f:id:garadanikki:20170225161727j:plain

正式には聖蹟蒲田梅屋敷公園というのね。

聖蹟っていうのは、天皇陛下が行幸 ( 訪問 ) した場所ってことのようですね。

明治天皇がいらした場所に「聖蹟」と名づけることが多いけど、

昭和天皇や今生天皇のお越しになった場所を全部名づけていったら「聖蹟」だらけになっちゃいますね ww

 

ここが梅屋敷か、、、丁度梅の時期よね、でも・・・・

f:id:garadanikki:20170225161728j:plain

梅が咲いてない。

f:id:garadanikki:20170225161729j:plain

ちらほら。

f:id:garadanikki:20170225161730j:plain

綺麗だけど、ほんとにちらほら。

あっ、にゃんこ

f:id:garadanikki:20170225161737j:plain

カリカリ持ってたので、置いてみる。

f:id:garadanikki:20170225161735j:plain

シラハラかな?

f:id:garadanikki:20170225161736j:plain

ここに置いたら、にゃんこより先に食べた。

猫くん、そんな臆病になってると、全部鳥さんに食べられちゃうぞ。

 

f:id:garadanikki:20170225161740j:plain

やっと、近寄らせてくれました。

でもこれ以上は無理。ふーと言われた。

f:id:garadanikki:20170225161744j:plain

なんか可哀想な雰囲気。

ほんじゃあね、元気で暮らすんだよ。

f:id:garadanikki:20170225161742j:plain

さっきの小さい木より、少し大きい木にはちらほら咲いてますが、

f:id:garadanikki:20170225161746j:plain

いずれにしても、想像より寂しい、梅屋敷でした。

 

ここが国道沿い (第一京浜) の正面玄関。

f:id:garadanikki:20170225161750j:plain

少し残念な公園だったなぁ。

f:id:garadanikki:20170225161749j:plain

 

続きは、梅屋敷の商店街に向かいます。

 

ナツメに会いたいのに。。。

おでかけ とんとん ロミ

以前、ロミの「演目」のお話をしたと思いますが、、、

 

 

ロミの本当の演目相手はナツメです。

だから。

ナツメが行方不明の時、相棒のいないロミは独りぼっちだったわけ。

 

「ナツメちゃん帰ってきたんだって~」

猫の連絡網は凄いのよ。

遠いところまで情報が伝達されるのはどういう仕組みなんだろう。

でも、ロミには難関がある。

ロミの家からナツメがいる古巣に行くには「とんとんの木」がある狭い通路を通らなければならない。

f:id:garadanikki:20170225105223j:plain

ロミ、固まっています。

耳が後ろになって、瞳孔が開いて、怖がっている。

もう一歩も動けない、、、

あはは、ロミもナツメにひけをとらない臆病者なんです。

 

何をそんなに怖いかというと、とんとんの睨み。

一応「なお~」と演目をしかけてみる。

f:id:garadanikki:20170225105227j:plain

ほらねっ、ロミったら目をそらしてるでしょう?

「真っすぐ相手の目を見ながら『なお~』とやったら怖いでしょうが・・・」

これがロミの持論です。

 

でも。。。この方法が通用するのはナツメだけで、

他の (普通の ) にゃんこにそれをやると、

「ウルサイ!!! どこ向いて吠えてんだ」と頭をバシッと殴られます。

f:id:garadanikki:20170225105224j:plain

とんとん、殴りかかる一秒前。

 

このあとロミは、とんとんから通行手形が貰えず、お家に戻っていきました。

「ナツメに会いたいよー」と泣きながら。。。 

ねり豆腐を作ってみた

まるさん食日記

鎌倉のKaedenaさんで食べた「ねり豆腐」を真似てみました。

といっても作り方は空想しただけ。

正解かどうかわかりましぇーん・・・練り豆腐って、どうするんだろう。

 

とりあえず、トッピングだけは教えていただいたから、

まずそれを作ってみます。

f:id:garadanikki:20170223224212j:plain

カブの葉を、みじん切りにして、油で炒めるらしい。

f:id:garadanikki:20170223224213j:plain

それをオーブンに移して、2時間焼く。

 

出来た出来た。

香ばしくて、ふふん、いい感じ。

f:id:garadanikki:20170225105342j:plain

Kaedenaさんのはもっと細かかったな。

じゃ、すりこぎでジョリジョリ

f:id:garadanikki:20170225105343j:plain

 

 

「練り豆腐」を作ってみましょう

今回のKaedenaさんの練り豆腐は、新たまねぎでした。

私が考えた材料は片栗粉と新玉ねぎと大豆飲料

f:id:garadanikki:20170225105339j:plain

スゴイダイズ

ネットで「練り豆腐」と検索したら、

これを使っているスイーツの練り豆腐があったので。。。

f:id:garadanikki:20170225105340j:plain

 

新玉ねぎを擦ります。

f:id:garadanikki:20170225105345j:plain

ジョリジョリ。

  

ここに大豆飲料を入れます。

f:id:garadanikki:20170225105346j:plain

 

粒粒が気になる。。。

f:id:garadanikki:20170225105347j:plain

 

ミキサーにかけたらトロトロになった。

f:id:garadanikki:20170225105348j:plain

 

鍋に移したら、水溶き片栗粉を投入。

f:id:garadanikki:20170225105349j:plain

分量? 適当よ、適当。

 

最初はつゆっぽいけれど、、、

f:id:garadanikki:20170225105350j:plain

温めていく内に、いきなり固まる。

f:id:garadanikki:20170225105351j:plain

惜しい。もう少し硬くなりたい。

水溶き片栗粉を追加して混ぜ混ぜ。

温めていくと、、、

f:id:garadanikki:20170225105352j:plain

うへっ♥ 凄い変化。

 

皿に移し、荒熱をとったら冷蔵庫でねかす

f:id:garadanikki:20170225105353j:plain

材料の分量を書いときます。

備忘録。

新玉ねぎ…中1/2個、スゴイダイズ…1本、片栗粉…大さじ3 (←水で溶いておく)

 

 

べっこうあんかけを作ります

材料は、出汁250ml、砂糖大さじ2/3、みりん大さじ2/3、醤油大さじ1。

練り豆腐は、大豆の甘さがありますから、通常のべっこうあんかけより甘めを抑えた方がいいかもしれません。

 

作り方は簡単。

出汁があたたまったら、

砂糖・みりん・醤油を入れて、最後に水溶き片栗粉をいれる。

f:id:garadanikki:20170225105354j:plain

どう?

 

f:id:garadanikki:20170225105356j:plain

見た目は似ていると思う。

 

じーっしょく

f:id:garadanikki:20170225105355j:plain

ああ、こんな感じでした。

我が家の「練り豆腐」はこれでいいとしましょう。

新たまねぎの風味がぴりりと効いていて、

とろんとした餅のような練り豆腐の食感が面白くて、

トッピングのカブの葉が最高です。

 

カブの葉、凄い時間がかかりますが、一度作っておけば色々使えそうですよ。

練り豆腐も是非、作ってみてください。

夏は、枝豆をすったりしてもいいのではないかしら。

大豆の甘さと野菜の滋味が楽しい一品が出来ました。

はは・・・・これでいいのかわかんないけど(笑)

から揚げには、ふんだんに野菜を

まるさん食日記

f:id:garadanikki:20170223224202j:plain

しばらくぶりに、から揚げってやつを作りました。

f:id:garadanikki:20170223224204j:plain

恥ずかしながら、から揚げは、出来合いを買うことが多いのです(;´・ω・)

でも、自分で作るとうーんと油使った感があるので、

その分、野菜のおかずも沢山作ろうという気になりました。

 

ひじきにも野菜たっぷり

f:id:garadanikki:20170223224203j:plain

 

これは長芋に辛子明太子入りのしそわかめ ( ソフトタイプのふりかけ ) を混ぜて炒めたもの。

f:id:garadanikki:20170223224205j:plain

 

これなーんだ

f:id:garadanikki:20170223224206j:plain

大根の千切りに、瓶詰のウニを混ぜたものです。

こんな黄色になるとは、驚いた。

 

一番美味しかったのがこれ。

f:id:garadanikki:20170223224207j:plain

ホタテのスープです。

乾燥ホタテを戻して、春雨と一緒にスープにしたもの。

味は味覇をちょっとと、醤油少々。

ホタテの出汁が効いているから、調味料は極力少な目に。

 

寒い晩は、こういうのが温まって幸せになりますね。

また作ってみようと思うスープでした。 

魚を味付けに使う。。。

まるさん食日記

本日の夕食は以下の4品

f:id:garadanikki:20170223224200j:plain

上から時計回りに

コブサラダ、ごぼうとズッキーニのアンチョビ炒め、スペアリブ、カブの変わり炒め

 

ごぼうとズッキーニのアンチョビ炒めは、我が家の定番料理

f:id:garadanikki:20170223224201j:plain

ごぼうとズッキーニの味付けに、細かく刻んだアンチョビで仕上げてますの。

アンチョビ以外の調味料としては、最後にちょっとレモンをしぼりかけるだけ。

アンチョビって、凄くいいだしというか、いい味になるから不思議です。

 

魚の塩漬けが調味料になるなら、これはどうかなと思ったのがコレ。

カブに紅鮭の昆布炊きで味付けてみました。 

f:id:garadanikki:20170223224159j:plain

そうです、KING兄にいただいた北海道のお土産のこちら。

f:id:garadanikki:20170208143217j:plain

昆布に鮭のいいだしが、カブを絶対に美味しくしてくれると思った。

大成功!!!

もちろん昆布炊きはそのまま食べてもちょー美味しいが、

このような使い方もいいとわかりました。

 

すごーい量なのがこのサラダ

f:id:garadanikki:20170223224158j:plain

トマト、きゅうり、アボカド、長芋、小豆、ひよこ豆が入っています。

MOURI から「卵か海老が入っていてもいいかもしんない味だね」とヒントが。。

なるほど卵か、絶対に合うわね。

じゃ、今度作る時には卵入りにしましょう。

とにかく凄い量だけど、野菜を沢山とれれば健康的だと思うのです。