garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

ぶーふーうー 勝浦 ふたたび ~吉野酒造(腰古井)

ホテルの人に教えて貰った道を走っています。

f:id:garadanikki:20180520112903j:plain

「MAMA、Aney。ちょっと寄り道させてね。」と向かったのは、吉野酒造という酒蔵です。

道すがら『腰古井』という看板を何度も見たもので気になってしまったんです。

f:id:garadanikki:20180520112904j:plain


ふわふわって、何だろう。
「ほら、酒まんじゅうか何かだよ きっと」と、お酒を飲まない2人の興味を刺激。

f:id:garadanikki:20180520112908j:plain


おお~っ、登録有形文化財ですか。

f:id:garadanikki:20180520112910j:plain


建物を見るだけでも面白いはず。。。

f:id:garadanikki:20180520112909j:plain


酒林も、かなり熟成された色。

f:id:garadanikki:20180520112911j:plain


凄いラインナップです。

f:id:garadanikki:20180520112913j:plain


運転手なので利き酒できません。

なので化粧瓶を買おう。

f:id:garadanikki:20180520112914j:plain


MAMA、お姉ちゃま、ゴメン。
 ふわふわって酒まんじゅうじゃなくて、酒でした m(__)m

f:id:garadanikki:20180520112917j:plain


「ウチ、古酒作らないんですけど、

 蔵を整理してたら見つかった26年前のお酒なんです」とお店の人。

f:id:garadanikki:20180520112918j:plain

瓶は空で展示されてるけど、中身はきっと琥珀色なんでしょう。

 

徳利にお猪口

f:id:garadanikki:20180520112912j:plain

これも蔵の隅に転がっていたものだそうな。

時代劇に出てくるような形の徳利が魅力的。



今の時期、酒蔵の方は静かです。

f:id:garadanikki:20180520112915j:plain

それにしても、凄い瓦。



ん?

f:id:garadanikki:20180520112916j:plain

白い点を辿っていくと、女子トイレ。

オレンジは男子トイレに案内してるんだそうな。

 


駐車場の敷地にある、洞窟

f:id:garadanikki:20180520112905j:plain

吉野酒造の創業は天保年間だそうです。


蔵の環境は、雄大な自然に囲まれた敷地には、樹齢数百年の古木が生い茂っております。
その古木の群れの中に横穴式洞窟が穿かれ清冽な天然水(軟水)を湧出しています。

吉野酒造 HP より

 

f:id:garadanikki:20180520112906j:plain

水の音が聞こえます。

チョロチョロではなく結構な水量。

この酒樽は、何かしら?

f:id:garadanikki:20180520112907j:plain



腰古井を4本 Getしました。

留守番のMOURI へのお土産です。 

腰古井~吉野酒造
〒:勝浦市植野571
TEL:0470-76-0215

 

※ これは、 旧GARADANIKKI (JUGEM) にアップした2014年04月26日 10:40付のコンテンツです。
  hatenaへの引越しに伴い一日だけ先頭にアップし、後日 作成日へ以降する予定です。

白えび と 千本桜の夕べ

※ これは、先月 (4月) 17日 12:10付のコンテンツです。一日だけ先頭にアップした後に当日に移動させます。

 

渋谷区郷土博物館から帰る途中で、すっごいものを見つけました。

富山の、あの大好きな白えびの釜揚げです。

f:id:garadanikki:20180430131406j:plain

白えびは傷みやすいからか、東京では食べられないものと諦めていました。

でも、釜揚げという手があったんですね。

 

早速、唐揚げしてみました。

f:id:garadanikki:20180430131408j:plain

うんまーーーい!!!

富山の料理屋さんで食べた白えびと同じだ。

揚げたてに塩をひと振りする前に試食してみました。

試食して正解でした。

釜揚げですから塩が入っていたので、塩振らなくて良かったです。

 

美味しい焼酎と美味しく出来たラインナップ

f:id:garadanikki:20180430131412j:plain

本日のお酒は、柳田酒造 ( 宮崎 ) の芋焼酎です。

 

ちょっと千本桜のお話

MOURI は昨年、宮崎で素晴らしい酒蔵に出会いました。

赤鹿毛・青鹿毛という麦焼酎を飲んでたちまち魅了され、土産の2本に私も大ファンとなり、

柳田酒造の焼酎は我が家で欠かせないお酒になりました。

「母智丘 千本桜」はその柳田酒造が35年ぶりに復活させたのが芋焼酎。

 

復活の経緯はHPを⤵

「母智丘 千本桜」の復活|柳田酒造合名会社

 

昔の芋焼酎って、えぐいというかクセが強いものでした。

実は私も「芋焼酎はそんなものだ」と思っていたのですが、それにはワケがあったようです。

 

品質の決して良いとはいえない芋も使われていた

ひと昔前の芋焼酎は、ひねた芋や傷んだ芋が使われていたこともあるそうです。

そういう芋が交じると雑味が出たりしてしまうんだそうで、

芋焼酎はクセが強いものと思われてしまったのも、ひとつにはこれが原因と言われています。

しかし今では、芋焼酎用に改良された良質な芋を使って焼酎作りがされるようになり、芋焼酎のイメージも格段と上がりました。

 

千本桜は大変綺麗な甘さのスッキリした焼酎でした

柳田酒造の現当主柳田正さんの酒造りは、多くの酒屋さんからも定評があるみたい。

エンジニアだった正さんがお父さんのあとを継いで五代目当主となり、日々精進して酒造りに挑んでいるお話は沢山のサイトで取り上げられています。

こちらもそのひとつ、

写真も綺麗で焼酎の味わいや正さんの仕事ぶりも丁寧に書かれてます⤵

 

美味しい焼酎と旬の食材のコラボ  最高に幸せ❤

f:id:garadanikki:20180430131407j:plain

昨日、あく抜きをした旬の筍煮、ぶりっと大きなそら豆、富山の白エビの唐揚げ

今宵の夕食のなんと 贅沢なことよ。

 

筍や季節の野菜を作ってくれた方々、白エビを収穫してくれた方々、

柳田酒造の正さんをはじめとした皆さん、自然の神様 みんなに感謝です。

ご馳走様です。美味しかった。

ぶーふーうー 勝浦 ふたたび ~ ホテルブルーベリーヒル勝浦

勝浦旅行 2日目の朝は、見事快晴です。

f:id:garadanikki:20180520134014j:plain

雲ひとつない。

f:id:garadanikki:20180520112829j:plain

前回、泊ったのは、この部屋の左隣なので、間取りは左右対称。

f:id:garadanikki:20180520112828p:plain


以前より、小さく感じるのは何故だろう。。。

f:id:garadanikki:20180520112832j:plain

ゴージャスなのに変わりはないけれど。


お風呂からも海が見えます。

f:id:garadanikki:20180520112831j:plain


このホテルは、害虫駆除にもお金をかけています。

f:id:garadanikki:20180520112834j:plain

「万が一、ご滞在中に不快な事がございましたら、ご遠慮なくセンタープレイスまで、ご連絡下さい。

 直ちにスタッフがお伺いをし、ご対応させていただきます。」ですって。

虫嫌い、、、というか恐怖症の私にとってはありがたいサービス。

外虫駆除をしてくれてるお陰で、安心して滞在でき、、、あっ、いた。。。

f:id:garadanikki:20180520112835j:plain

階段の右の壁に、でっかくて長い脚のクモみたいなのがいる。
こういう時は、フロントに助けを求めてもいいってガイドブックに書いてあったけど。
見ないように、そろそろと通り過ぎれば、大丈夫。

f:id:garadanikki:20180520112837j:plain

ああ、こわかった

f:id:garadanikki:20180520112838j:plain

ゲストルームのドアノッカー

前回来た時はホテルのレストランで朝食を食べました。

それはそれは美味しいんですが、昨日 鬼のように食べたので、まだお腹がキツい。

なので庭園を散歩したら、どこか外でブレファにします。

f:id:garadanikki:20180520112844j:plain

ハーブ園からゲストルームを見る。

クロムゾンクローバー

f:id:garadanikki:20180520112839j:plain


カモミール

f:id:garadanikki:20180520112840j:plain


あっ、鳥。

f:id:garadanikki:20180520112842j:plain


ローズマリーにも、鳥が止まってる。

f:id:garadanikki:20180520112841j:plain


矢車草も綺麗。

この時期のガーデンは見事です。

f:id:garadanikki:20180520112843j:plain


ホテルの名前にもなっているブルーベリー。

f:id:garadanikki:20180520112845j:plain



ヤギさん

f:id:garadanikki:20180520112846j:plain

今まで見てきたヤギさんの中で一番綺麗だ。

f:id:garadanikki:20180520112847j:plain


毎日お風呂に入っているのかしら。

綺麗にしてもらって、幸せだね。

f:id:garadanikki:20180520112848j:plain


動物ふれあい広場に、うさぎ小屋がありました。

金網の外からのぞいていたら、お掃除をされていた飼育員さんが中で見ていいって言ってくれました。

f:id:garadanikki:20180520112849j:plain

白い子と茶色の柄の子がいる。

「あのこはモモっていうんです」
「へぇ凄い、みんな名前を付けてるんですか?」

「いえね、柄のある子だけ。白いのは僕たちも見分けがつきません (;'∀')」

納得、納得。

仕事中にも拘わらず飼育員さんは、色々と教えてくれました。

f:id:garadanikki:20180520112854j:plain

ここにいるのは、全員女の子なんですって。

雄は、この上の方に別に小屋があるそうです。

うさぎのお父さんは大変子煩悩で、子ウサギの面倒をかいがいしく見るんだそうです。

よく見てると、甘えん坊なのがいたり…

f:id:garadanikki:20180520112853j:plain



ひとりが好きなのもいる。

f:id:garadanikki:20180520112855j:plain


人なつっこいのもいれば…

f:id:garadanikki:20180520112850j:plain


おっかながりのもいる。

f:id:garadanikki:20180520112852j:plain

ウサギだって十人十色。でもみんな大切にされていて幸せそうです。

飼育員さん、手を止めさせてすみません。ありがとう。

 

f:id:garadanikki:20180520112856j:plain

ハート池を超えて…
もう一度、海岸線を眺めて…

f:id:garadanikki:20180520112857j:plain


チェックアウトしに行こう。

f:id:garadanikki:20180520112900j:plain


ん?

f:id:garadanikki:20180520112859j:plain


ツバメがいるようです。

f:id:garadanikki:20180520112901j:plainf:id:garadanikki:20180520112902j:plain


 

ブルーベリーヒルズは、人にも植物にも動物にも優しいホテルでした。

f:id:garadanikki:20180520112858j:plain

それでは、いってきま~す。


ホテルブルーベリーヒル勝浦
〒:千葉県勝浦市興津1920
TEL:0470-76-3400

f:id:garadanikki:20180520112826j:plain


 

※ これは、 旧GARADANIKKI (JUGEM) にアップした2014年04月26日 10:00付のコンテンツです。
  hatenaへの引越しに伴い一日だけ先頭にアップし、後日 作成日へ以降する予定です。

昭和20年代の渋谷 ~渋谷区郷土博物館

※ これは、先月 (4月) 17日 16:50付のコンテンツです。一日だけ先頭にアップした後に当日に移動させます。

 

町内の掲示板で、こんな催しを知り出かけました。

f:id:garadanikki:20180430143946j:plain

昭和20年代の渋谷という写真展です。

渋谷区郷土博物館は、気になりながらまだ訪問したことはありません。

こういう長期開催の展示会は「いつか行こう」と思っている間に結局終わってしまうことばかりなので急がないと。

 

自転車でウロウロ、、、確かこの辺りだったと思う。

f:id:garadanikki:20180430143948j:plain

あら~昔ながらのパン屋さんだこと。

f:id:garadanikki:20180430143949j:plain

パン屋さんは素通りできない性格でしたが、ダイエット中なので頑張って入らないぞ。

 

昭和な店内は、お菓子の並び方もレトロですてっき~

f:id:garadanikki:20180430143947j:plain

 

 

白根記念館 渋谷区郷土博物館は、パン屋さんの一本奥にありました。

f:id:garadanikki:20180430143957j:plain

そうそう、これこれ⤵

f:id:garadanikki:20180430144000j:plain

ワクワクしながら中に入ると、正面にあるのがこちら。

f:id:garadanikki:20180430144001j:plain

 

ビクターのワンちゃんじゃないの、渋谷で有名な「ハチ公君」

f:id:garadanikki:20180430143955j:plain

 

右手の受付で入館料を払い会場に、、、、。

・・・会場に。

・・・・・会場。

 

撮影不可の為、写真ありませんが、どっひゃーーーんという展示スペースです。

ハチ公君の後ろに見えるブースに、写真が数点、驚く程少ない点数なのです。

展示スペースの広さは10畳ほど、その四方の壁に7~8枚の額がかかっているだけなのです。

 

外から撮った写真 ⤵

f:id:garadanikki:20180430143959j:plain

うーーーーん、しびれる情報量。落ち込んじゃうなぁ。

私の愛蔵書、渋谷の記憶に掲載されている写真が数十点展示されているという感じ。

勿論全部が「渋谷の記憶」に掲載されている写真ではありませんが、それに類する写真なのです。

 

これなら家で写真集見るのと同じかなぁ。。。

ちょっとガッカリしましたが、ポスターをよく見ると

「渋谷のむかし写真展シリーズ24」と書いてあります。

小出しに  少しずつ紹介しているということなんでしょう。

私が過大に期待しすぎたのがいけないのでしょう。

入館料も100円ですから、一年に一度くらいブラッと気軽に訪問するというのが

正しい渋谷区郷土博物館の利用法なんでしょうね。

 

郷土博物館の2階は、常設の展示室がありました。

こちらの方は撮影可でした。

f:id:garadanikki:20180430143950j:plain

昭和のアパートの一室が設営されていました。

f:id:garadanikki:20180430143953j:plain

こういう写真は、古い文学作品のことを書くイメージ写真に結構役立つの。

f:id:garadanikki:20180430143952j:plain

時計とか、はたきとか。。。(笑)

 

郷土博物館をひとまわり見て、外に出ると斜向かいに凄い敷地がありました。

f:id:garadanikki:20180430144002j:plain

携帯の地図アプリで見たら「薩摩藩島津家下屋敷跡」と書いてあります。

f:id:garadanikki:20180523144543j:plain

 

見に行ってみよう!!!

薩摩藩島津家下屋敷といえば、「篤姫」「西郷どん」でも知られるあの篤姫にまつわるお屋敷。

島津斉彬の養女となった於篤が、徳川家定への輿入れする前に住んでいた場所がここ。

天璋院篤姫は、徳川家定への輿入れのために国元から出府した際に生活していた三田・薩摩藩上屋敷が安政大地震で被災したため、当地に所在した渋谷・下屋敷に居住して輿入れした。

ここだったんですか、篤姫が住んでいたところは。。。

 

長い塀に沿っていくと入口があり、大きな玄関に警備室がありました。

 

入る気満々。

f:id:garadanikki:20180523150940j:plain

警備の方 (警察官) がいらしたので、聞いてみました。

「薩摩藩下屋敷跡って、見られるんでしょうか?」

警備の人は(・・?の顔。

「特に名所ということではなく一般公開はしていないんですよ、こちらは」

「そうなんですか。

 で。スミマセン、こちらは一体何の施設なんでしょうか」

「常陸宮邸です」 

「これまた失礼いたしました」

 

どっひゃーーーん

常陸宮邸[編集]

 
常陸宮邸(常盤松御用邸)の杜

1964年(昭和39年)正仁親王常陸宮家を創設するにあたり、宮邸は常磐松町の常盤松御殿(旧東伏見宮邸)に定められた。常盤松御殿はそれまで、正仁親王の兄である皇太子明仁親王今上天皇)の東宮御所であった[4]

 

 

 

ものを知らないのにも程がある。

旧島津家下屋敷は、現在の常陸宮邸だったんです。

 

古い航空写真⤵

f:id:garadanikki:20180523144017j:plain

 

島津家にまつわるものは見られませんでしたが、

警備の方にお聞きして隣マンションの敷地に、この地にまつわる石碑があると聞いて

やってきました。

f:id:garadanikki:20180430144004j:plain

常盤松の碑 

f:id:garadanikki:20180430144007j:plain

全然読めませんが、説明書きによるとこんなことが書いてあるようです。

常盤松の碑

もともとこのあたりにあった皇室の御料乳牛場の構内に常盤松と呼ばれた樹齢四百年、枝ぶりのみごとな松がありました。

その松は源義朝の妾、常盤が植えたという伝説があり、また一説には世田谷城主吉良頼康の妾、常盤のことであるといいますが、はっきりしたことはわかりません。

 

 この近くにはかつて渋谷城があり、渋谷一族の金王丸は義朝、頼朝の二代に仕えた臣ですから、常盤御前が植えたという伝説が生れたのでしょう。

 

 この碑は御料地になる以前に、その土地が島津家の持地だったことがあり、そのときに島津藩士によって建てられました。当時常盤松の代価壱千両といわれたほどの名木で、このあたりの地名であった常盤松町の起源となりました。

なんじゃよくわからんが、要するにザックリいえばこんなこと?

源義朝か吉良頼康か、どっちの常盤御前かわからないけど、

この辺りにあった立派な松の木は常盤さんが植えた。

それがこのあたりの地名の起源になった。

石碑は島津藩士が建立したということでけれど、彫ってある字はもう殆ど読めない。

 

石碑が読めればもう少し詳しいこともわかるのかも知れません。

でも今日のところは、このくらいで勘弁しときましょう。

⤴ って、吉本新喜劇じゃないんだから。

ぶーふーうー 勝浦 ふたたび ~Zackばらん

勝浦到着19時10分。

あてにしてきたお店 Zackばらん(ザックバラン)に着いたのですが、問題が起きました。

ご店主が寄合で不在だと言うのです。

留守番のマダム曰く、20時までに戻ってくるとのこと。

「美味しい魚は仕入れてあるんだけどねぇ」

マダムのそのひとことに妙に惹かれてしまう。


「どうしよう」

他のお店もバタバタ閉まっていくし、他を探すなら今のうちだし。。。

しかし何かご縁を感じて、マダムの知人の喫茶店で、時間をつぶすことにしました。

f:id:garadanikki:20180520112809j:plain



ああ~お腹すいた~。

20時に再訪

f:id:garadanikki:20180520112810j:plain

Zackばらんのカテゴリーは魚介料理と焼肉とのことですが、何でも作りますとのこと。

ご店主は15年アメリカ暮らしをしていたそうで、

アメリカでは、料理人は何でもこなさなきゃ商売にならないということで、

様々な料理が作れるようになったそうです。

f:id:garadanikki:20180520112811j:plain

 

「ごめんなさい、まだ帰ってこないの」

取りあえず、お通しのシッタカで空腹をつなぎます。←シッタカでは無理ですけど

f:id:garadanikki:20180520112812j:plain

ウマいねぇ、やっぱりシッタカは。

MAMA も Aney も初めて食べるんだそうです。

「美味しいでしょ? シッタカ」

シッタカ、シッタカってうるさいと言われました ww

 


調理する前のサザエの顔見世です⤵

f:id:garadanikki:20180520112813j:plain

食材は色々あるって言うから、もしご店主が帰ってこなかったら、MAMA 作ってよ。

とりあえず、出来るものということで、金目の煮付をお願いしました。

f:id:garadanikki:20180520112814j:plain

うわっ、おいしい~

煮汁の甘さと醤油の加減が抜群です。

新鮮な金目は、目が出てるものなんだって。←ホント?

f:id:garadanikki:20180520112815j:plain

美味しいねぇと、感動して食べてたら、やっとご店主が帰ってきました。


それじゃ、刺身の盛り合わせと、なめろうに、くじらとサザエのなんちゃらに、カサゴも食べたい。

「伊勢海老のおじやもお願いします」って腹減りすぎて止まらない。

f:id:garadanikki:20140914105354j:plain 刺身の盛り合わせ

f:id:garadanikki:20180520112816j:plain

手前から時計回りに、かつお、ぶり、めじまぐろ、きんめ、地ダコだそうです。
地タコ、さいこ~っ。

 

f:id:garadanikki:20140914105354j:plain なめろう

f:id:garadanikki:20180520112817j:plain

なめろうといえば鯵が多いですが、本日はぶりだそうです。

味噌少な目で、玉ねぎ多め。

甘くてトロッとしていて、おいしい~。

そうそう、この辺りでは、醤油じゃなくて酢で食べるんです。

f:id:garadanikki:20140914105354j:plain くじら

f:id:garadanikki:20180520112818j:plain

ソルベ状態の内にパクリ。

人によっては、溶けてからの方がいいっていうけれど、私ははソルベのが好きです。

f:id:garadanikki:20140914105354j:plain かさごの唐揚げ

f:id:garadanikki:20180520112820j:plain

凄すぎる、このvisual。

f:id:garadanikki:20180520112819j:plain

香ばしくカリッカリに揚がっています。

だから骨までバリバリ食べられる。付けタレの酢醤油が格別にウマい。

かなり時間がかかりましたが、ヒレ以外完食しました。

f:id:garadanikki:20140914105354j:plain さざえカルゴ

f:id:garadanikki:20180520112823j:plain

さざえをガーリックソテーしたもの。

さざえだからエスカルゴじゃなく、さざえカルゴだそうです。

なるほど。こういう食べ方あるんですね。

f:id:garadanikki:20140914105354j:plain 伊勢エビリゾット

f:id:garadanikki:20180520112825j:plain

伊勢海老が3体入ってる、ゴージャスなリゾット・・・というか鍋?

「リゾット嫌いって言ったじゃない」っていうMAMA が戦線離脱したものだから、

Aney と2人でフーフー言いながら食べる。

失敗した、少な目に作って下さいって言えば良かったわね。

f:id:garadanikki:20180520112824j:plain

マダムの楽しいお話と、ご店主の美味しいお料理で人気店だとわかります。

本当に美味しかったです。

また寄らせてもらいます、ごちそうさまでした。

Zackばらん ( ざっくばらん )
〒:勝浦市墨名800-1
TEL:0470-73-8300
定休日:不定休
営業時間:(ランチ) 11:30~2:00
(夜) 5:00~11:00

 

※ これは、 旧GARADANIKKI (JUGEM) にアップした2014年04月25日 21:30付のコンテンツです。
  hatenaへの引越しに伴い一日だけ先頭にアップし、後日 作成日へ以降する予定です。

筍のあく抜き

※ これは、先月(04月) 17日 10:35の献立です。一日だけ先頭にアップした後に当日に移動させます。

 

恥ずかしながら、、、この年になって初めて筍のあく抜きをしました。

・・・あったかしら。やったことないと思う。

 

MOURI が筍好きではないので、とても一本は使い切れないからと

スーパーの水煮でしのいできた。

f:id:garadanikki:20180430131405j:plain 

筍の売り場には、「ご自由に」と米ぬかも置いてあるんですね。

唐辛子のストックはあるから、万全。

 

底の固くて黒い部分を落として、先端を落として、縦に浅く切り込みを入れる。

大きな鍋に米ぬかと唐辛子と水を入れ、その中に筍をドボン。

火加減 ( 吹きこぼれないように ) に注意して1時間半くらい煮る。

ゆで汁が冷めるまでそのまま放置。

 

何だ、思ったより簡単じゃないの。

参考にさせていただいたのは、いつもお世話になっている「白ごはん.com」さん

たけのこのあく抜きのゆで方/あく取りのやり方:白ごはん.com

 

じっーーーしょーーーーく

f:id:garadanikki:20180430131413j:plain

あく抜きしたものを、適当な大きさに切って、いつものだし汁 ( 昆布& 干し椎茸 & さばの削り節 ) で炊く。

調味料は、みりん ( 大さじ2 ) と醤油 ( 大さじ2 ) 、三温糖 ( 小さじ1 ) 、酒 ( 50ml ) 

※ ししとうは彩り

 

美味しい

美味しい!!! 水煮してあるのと全然違います。

MOURI も「これなら食べられる」と言って食べています。

「俺さ、おふくろの筍は食べられたんだよ。

 優しい味付けだったし、新鮮な筍だったから柔らかかったからさ。

 でも東京に出てきて店で食べる筍はどれも固かったりしょっぱかったりで、

 それで食べなくなったんだ。

 これはおふくろのと同じでウマい。」

 

そうだったんだ、嫌いなワケではなかったんだ

筍嫌いなワケではなかったと、30年一緒にいて初めて知りました。

嬉しい発見。

作ってみるものだなあ。