読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

HANSEL & GRETEL(ヘンゼル&グレーテル)の土産話

goods すてきな人 おでかけ

砧をぶらぶら歩き回り成城学園駅にたどり着き、

お気に入りの店「HANSEL & GRETEL(ヘンゼル&グレーテル)」に寄りまして。。。

ずっと探していたペンをゲットしました。

f:id:garadanikki:20170329191727j:plain

鉛筆のようなデザインなのです。

真ん中がシャーペン、上下がボールペンなんですが、これが書きやすいんです。

今まで使ってきたサインペンの中で一番好きな書き心地。

 

細くてなめらかな線が書けます。

f:id:garadanikki:20170329191731j:plain

 

シャーペンは、ほんとの鉛筆みたいに見えませんか?

f:id:garadanikki:20170329191733j:plain

 

これなら世田谷美術館でも使えるかも(笑)

いえ、使えません(笑)

あはは。

先日、世田谷美術館で係のお姉さんと「これは鉛筆か否か」という議論をしました。

美術館には色々な決めごとがありますよね。

写真不可はもちろんですが、筆記用具にも規制があります。

万年筆はもちろんボールペンもダメですが、世田谷美術館はシャーペンもダメとのこと。

シャーペンの芯は細いから、折れて飛ぶと美術品を汚したり傷つけたりする恐れがあるから。

 

じゃあ、これはどうなの?

展示会などで私が使うのは下のものです。

f:id:garadanikki:20170320002440j:plain

この芯は鉛筆よりはるかに太い。

0.5㎜と比べてもこの太さ。

 

世田谷美術館は、これもダメでした。

鉛筆を持っていない人には、貸してくれるそうです。 

ゴルフ場や、演劇のアンケートを書いたりするのに使う、あの使い捨ての鉛筆みたいなのを。

 

これです、コレコレ ⤵

 

f:id:garadanikki:20170329194929j:plain

 

「ピツエン」っていうんですね、初めて知りました。

確かに鉛筆の芯です、これならそう折れることはないでしょう。

 

・・でも。

芯の太さでいったら私のも太いし、折れない気がする。

係員に見せましたが「これはやはりシャーペンですから」とやっぱりNG。

そうかなぁ。条件はクリアしてると思うけど、お堅いなあ(笑)

 

いつものように話飛びました。m(__)m

で。

シャーペンは鉛筆の形をしているけど、書き心地も鉛筆みたいです。

シャーペンの方は、芯が交換できるからいいけど、

ボールペンはそうもいかないから、ずっと探していた。

 

小さいのもあったので買いました。

f:id:garadanikki:20170329191730j:plain

会計の時、店員さんに、

「書きやすいですよね、コレ。ずっと探していたの」と言ったら、

「私もお気に入りでずっと愛用してます」とのこと。

「コレ、こちらの定番商品なのかしら? 書けなくなったらまた買いにきたいので」

そしたら「替え芯もありますよ」と言われました。

「ええええっそうなのーーー?」

 

話はしてみるものです。

そんな会話がなかったら、一生わからずじまい。

替え芯もゲットできました。

f:id:garadanikki:20170329191729j:plain

 

帰宅してMOURI に話したら、

「そんなに感動する話かな。ペンの商品名ネットで調べりゃ買えるんじゃない?」

・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・それもそうだ。

こんなことにも気づかず、何年も探していた自分が恥ずかしい。

 

そうよ、ありましたよ。

・・・・・・でも。

店員さんとの話は無駄じゃないんだから。

店員さんと話をしてもうひとつ、素敵な画家を知りました。

お店の壁に何点かその人のリトグラフが飾られていて、、、

それが、とても明るく元気になる絵なんです。

こんなタッチの絵です ⤵

f:id:garadanikki:20170329191754j:plain f:id:garadanikki:20170329191753j:plain f:id:garadanikki:20170329191756j:plain

f:id:garadanikki:20170329191757j:plain f:id:garadanikki:20170329191751j:plain f:id:garadanikki:20170329191752j:plain

お店の雰囲気にもとても合っていました。

店員さんに聞いたらば、Christophe Jehan さんという方だそうです。

買い付けに行った先でオーナーが見つけたらしい。

 

「会計の際、質問されるお客様も多くなったので、ここにこうしてメモして

 すぐご案内できるようにしてるんですよ♡」

 

沢山の人が目をひかれているんですね。

Galerie Pascale Froessel Exposition Christophe Jehan

 

MOURI くんよ、

ネットは便利だが、こういう無駄話の中に、おもいがけない発見があるのじゃ。

・・・・苦し紛れにしか聞こえないって、自分でもわかる。

 

お気に入りの店「HANSEL & GRETEL(ヘンゼル&グレーテル)」

f:id:garadanikki:20170329204609j:plain

f:id:garadanikki:20170329191758j:plain

f:id:garadanikki:20170329191801j:plain



HANSEL & GRETEL(ヘンゼル&グレーテル)
〒:〒157-0066 東京都世田谷区成城6-5-34 成城コルティ2F
TEL:03-5429-2525
定休日:無休
営業時間:10:00~21:00

カプリチョーザ風 トマト&にんにくパスタ

まるさん食日記

本日のお昼は がっつりパスタ

f:id:garadanikki:20170320002135j:plain

カプリチョーザ風です。

これ、滅茶苦茶カロリー高いです。

だって、粉チーズ半本近く入ってし、はちみつも入ってるし、生クリームも入れました。

料理は「引き算」がよろしいといいますが、

これは究極の「足し算」料理、あれもこれも入れている内にこんなん出来ました。

 

味? カプリチョーザに似ていると思います。

 

💛 オリジナル


 

💛 前に作ったやつ ざっくりレシピらしきものはコチラ


AKIRA君と淡雪あんかけチャーハン

すてきな人 まるさん食日記

にゃんこの集会所に、AKIRA君 ( 仮名 ) というナイスガイが来られます。

明るくて、カッコよくて、気配りのある紳士です。

健康にも気を使っていて、体を鍛えているんだそうな。 細マッチョカッケー(^^♪

筋トレで一番体をしぼっていた時期は、プロテインなども使っていたそうですが、

現在は、肉をつける時期(・・? とかで、自炊を決めたそうです。

 

しかし、料理経験の全くないAKIRA君。

彼の料理奮闘記が面白くて、みんな車座になって笑い転げます。

  • 豚汁を三か月作り続けた話
  • 覚えたてのチキンライスを復習したくて、真夜中トマトの缶詰を探し歩いた話
  • ひき肉がなくて、バラ肉を購入。一時間包丁2本振り回して叩きまくった話
  • 作ったカレーがシャバシャバなので、片栗粉でとろみをつけた話

彼の発想はとてもユニーク。でも本人は大真面目。

料理を作った経験がない男性が、こんなことにつまづくのかという話は超おもしろい。

 

彼、ひとつのメニューを覚えるのに、1週間 同じものを作り続けるんだって。

 

「毎日、毎日、オムライスじゃ飽きるでしょう。

   材料をちょっと変えてチャーハン作ったら?」

 

そんなことを言った日にゃ、彼のお目めは点になる。

「オムライスが作れれば、チャーハン出来るんですか? 別の物じゃないんですか?」

「ん? だって、野菜とご飯炒めて、味をつけるのは同じでしょう?

  玉ねぎと鶏肉を、ネギと焼き豚に代える。

  ケチャップをやめて、中華だしや塩コショウで味付けすればいいのよ」

「Marcoさん、僕にそれ、出来ると思いますか」

「・・・・そうか」

 

とにかく真面目なのです、一本気なのです、応用は効かないのです。

だから1週間同じもの (爆)

 

先日、チャーハンの作り方は、にゃんこ先生に習ったそうな。

じゃあ、応用編ってことで「淡雪あんかけ炒飯」の話をしました。

「えっ、何ですかそれ」

食いつきます、食いつきます。メモ帖出して鉛筆なめてます。( 鉛筆なめはウソです ) 

仕方ない。

作り方の手順をざっくり説明しました。

AKIRA君、作ってみたかしら。。。

 

淡雪炒飯の話をしたら、食べたくなりました。

勢いなので、少しだけ卵白 作ってかけてみました。

f:id:garadanikki:20170320002132j:plain

今度は、ちゃんとレシピにして写真も添えてアップするからね、AKIRA君。

精進おし、よ。

また、楽しいエピソード聞かせてねん

究極の、ノスタルジックな徘徊

おでかけ かなり散策 日々のことつれづれ 昔の写真

前回の「マニアックな徘徊」では予想外にも、お二人から「懐かしい」とコメントいただきました。

dk4130523さんは、経堂の鴎友学園のすぐそばに住んでいらしたことがあって、そこから砧公園までジョギングをされていたそうです。

更に意外だったのが横チンさん。今でこそ浅草あたり本拠地にされている横ちんさんが、砧の旧道あたりで自動車の仮免教習を受けていたとは。

 

わからないものです。

驚きました。

広いはてなのブログで知り合ったお二人が、こんな狭い範囲で関りがあるなんて。

 

でも今回は本当にもっと、個人的な街歩き。

名所があるわけでもなく、さらにディープな道をほっつき歩きます。

本人が懐かしさに浸っているだけです、、と、

いちおうおことわりしておかなければ。はい。m(__)m

 

f:id:garadanikki:20150114111040j:plain

 

帰り道。。。

といってもまだまだ歩きます。

エバラ食品とあるけれど、あのエバラ?

f:id:garadanikki:20170320001209j:plain

世田谷青果市場の前を通り、三本杉に向かっています。

まだあるんだ建材屋さん。

f:id:garadanikki:20170320001212j:plain

私の母は子供みたいな人です。

車でここを通りがかった時に、砂利を買い込んで、家に池を作りだしたりします。

家を建ててくれた時の左官屋さんや植木屋さんと、すぐ仲良くなりその後もずっと友達で、、、

母が「〇〇つくりたいなー」というと、みんな集まってきてくれる。

そんな時は、ただ働きですw   ボランティア。

一番大規模だったのが、梅の木の上に作ったツリーハウス。

大人3人が、寝ころべそうなものを一日で作っちゃう。なにせプロですから。

出来上がったら、そこで皆で酒盛りです。

 

だけど、父が帰宅して「何やってるんだ」と、しかられて。。。

次の日、ツリーハウスは撤去されちゃいました(笑)

 

また、話それましたが、母の造作道楽は奇天烈で、

普通の主婦がいきなりやってきて「砂利ください」というのは珍しいでしょう。

お店の人もビックリしたと思います。

f:id:garadanikki:20170320001210j:plain

こんなタイルを見たら、またウズウズするんだろうなぁ。

 

お地蔵さんがありました。

マンションを建てても、杉の木も祠も大切にしている。

f:id:garadanikki:20170320001213j:plain

 

ここは稲荷社

f:id:garadanikki:20170320001214j:plain

矢藤園というのは、この辺りの大地主さんがやっている大きな大きな植木屋。

 

大きな木が残った古い家も沢山あります。

f:id:garadanikki:20170320001215j:plain

大地主さんの家だったり、豪農のお家だったりする。

世代が変わっても存続していくのは凄い。

f:id:garadanikki:20170320001217j:plain

ここも分家さんか、、、

 

枝垂桜、美しい。

f:id:garadanikki:20170320001218j:plain

 

この通りも随分変わりました。

「太陽にほえろ」の殿下もゴリさんも犯人を追いかけて走ったりしてた道(笑)

f:id:garadanikki:20170320001219j:plain

右側に三峰神社があります。

社務所がギリギリまで増築されています。

f:id:garadanikki:20170320001230j:plain

うーわ、こんなに狭かったっけ。

いえ、本当に実際には広かったです。

前の道路拡張にあたって参道が削られたし、左の建物もなかったから。

f:id:garadanikki:20170320001232j:plain

ここが私の遊び場でした。

f:id:garadanikki:20170320001235j:plain

土の色が懐かしい。

最近、こんな「THE 土っ!!!」っていう土の広場は、私の周りになかなかありません。

よく見るとここも粘土質っぽい色の土ですね。

f:id:garadanikki:20170320001233j:plain

小さい時からこの土の色を見て育ったので、渋谷の土が黄色く感じます。

社殿は倒木で壊れてしまったらしく修繕中でした。

f:id:garadanikki:20170320001234j:plain

むかし。

神社の前には「砧温泉」という大きな風呂屋さんがあって、

隣にアーケードのある商店が並んでいました。

今は全部なくなりマンションになってしまった。

 

神社のはす向かいには、増田屋という蕎麦屋さんがあったけど、、、、

⤵ 2005年の写真

f:id:garadanikki:20170328074659j:plain

今は、その隣の八百屋さんしか残っていない。

f:id:garadanikki:20170320001236j:plain

 

黄色い家とその奥までの一角に、私が育った家がありました。

f:id:garadanikki:20170320001238j:plain

 

昭和22年には三峰神社しかないが。。。

f:id:garadanikki:20170320001222j:plain

 

昭和38年には隣に我が家が見られる。

f:id:garadanikki:20170320001223j:plain

何十年も経ち、こんな航空写真が見つかって感激しています。

 

ほんとに個人的な話だし、超個人的な徘徊に過ぎる。

道路幅の拡張で敷地が狭くなるというので、すぐの高台に転居したのは中学生の時。

f:id:garadanikki:20170320001242j:plain

この辺りの街並みは全然変わらず。

表札を見ると、40年も変わらず住み続けている方も多い。

 

夕焼けが綺麗に見えるスポット

f:id:garadanikki:20170320001243j:plain

 

この道も昔のまま。

f:id:garadanikki:20170320001244j:plain

私が生まれる、もっともっと昔からずっとあった道なんでしょう。

f:id:garadanikki:20170320001245j:plain

 

ああのすたるじい

追憶の、長い散歩をしてしまいました。

そろそろ本当に駅に向かいます。

最寄駅は、高架になり広場も出来ました。

f:id:garadanikki:20170320001246j:plain

今は、ウルトラマンの町です。

ここから電車に乗るのもいいが、ついでに北口の商店街も見てみます。

 

祖師谷大蔵。

西通りから見るとこんな駅でした。

f:id:garadanikki:20170328080305j:plain

 

祖師谷は、南口より北口商店街の方が長く、魅力的な路地まである。

f:id:garadanikki:20170320001247j:plain

 

ずっとずっと歩いた所に団地があって、アーケード付きの商店街。

f:id:garadanikki:20170320001248j:plain

そろそろ静かな住宅街になりました。

いま来た道を戻るのもいいけれど、、、そうだ、バスに乗ろう。

f:id:garadanikki:20170320001250j:plain

祖師谷⇔成城の巡回コミュニティバス。

一時間に2本のが、そろそろ来るみたい。

f:id:garadanikki:20170320001251j:plain

 

祖師谷は、街頭もウルトラマンなのです。

f:id:garadanikki:20170320001252j:plain

 

小さいバスは私の知らない狭い路地を右左に抜けて進みます。

f:id:garadanikki:20170320001254j:plain

乗っている人はほとんどお年寄り。

駅からちょっと離れたところにお住まいの人には便利な交通手段です。

いいなあ北口は、南口にはこういうのないもの。

 

成城に着いた。

いくらなんでも寄り道が過ぎる。

東華飯店の五目焼きそばが食べたいと出かけ、4時間も歩き回ってしまいました。

思い出と二人連れなら、結構歩けるものですね。 

さらにマニアックな徘徊 ~砧公園へ

かなり散策 地図 花鳥風月 観光・見聞

NHK技術研究所前から、旧道を歩きます。

幼稚園時代のお友達の家 ( だったところ ) を通って、砧公園にでも行きますか。

f:id:garadanikki:20170320001124j:plain

早咲きの種の、桜、ですかね。

ちらほら。

f:id:garadanikki:20170320001123j:plain

幹の所からダイレクトなのって、可愛いよね。

f:id:garadanikki:20170320001125j:plain

 

カーブした道を

f:id:garadanikki:20170320001126j:plain

曲がったところに、ちあきちゃんの家がありました。

f:id:garadanikki:20170320001129j:plain

今はもうない。(そりゃそうじゃ、幼稚園たぁ50年以上前の話だもの)

けど、昭和5838年の航空写真でははっきりとある。

感動。

f:id:garadanikki:20170320001120j:plain

NHK技研から斜め上に伸びる真っすぐな道路は世田谷通りですが、昔はなかった。

f:id:garadanikki:20170320001133j:plain

曲がりくねった旧道しかないでしょう? 

昭和22年の航空写真だから、さすがに私も生まれてない。

 

散歩をしていて、こんな風に曲がりくねった道に出ると「古道かな」とワクワクする。

古道は川に沿って作られた道だったり、段差に沿っていたりする。

ブラタモリちっくな匂いがして、、、好き。

 

祠が見えます。

f:id:garadanikki:20170320001127j:plain

松に祠、いいですねぇ。

f:id:garadanikki:20170320001128j:plain

どこから入るんだろう。

ぐるっと回ってみましたが、入り口が見つからない。

個人のお宅の敷地なのかなぁ。(再来してつきとめます)

f:id:garadanikki:20170320001130j:plain

古道 ( 旧世田谷通り ) から斜めに上がったこの道も、古くからある道。

f:id:garadanikki:20170320001131j:plain

段差、段差、タモさんの匂いがする。 ふふんふんふん ♬

 

昭和38年の写真にもありました。「大蔵庚申神社」と書いてある。

庚申というからには、やはり地元の方の、個人的な祠なのでしょうか。

f:id:garadanikki:20170320001132j:plain

大蔵庚申神社の脇道を進むと、もうひとつ神社が見えてきた。

 

横根稲荷神社

f:id:garadanikki:20170320001135j:plain

随分と新しい、綺麗な神社ですね。

f:id:garadanikki:20170320001136j:plain

鳥居を入って、突き当りを右に折れたところに神殿が見えます。

参道が直角に曲がっているのは、敷地の向うに崖があるのかな。

多分、あの向うは谷戸川のはずだから。

 ( こちらも風土記を読んでから再来と決めました ) 

 

小さい時に歩いた道というのは、すごーく遠かったのに、

今歩くと、すごーく近いということ、ありますよね。

 

子供の歩幅を考えると当然でしょうが。

f:id:garadanikki:20170320001138j:plain

今日、幼稚園・小学校の通学路だった道を歩いてみて、

懐かしくもあり、寂しさもあり、あまりの近さに驚きもしています。

 

砧公園に着きました。

ここも子供の頃によく来た場所です。

 幼稚園の遠足。

  小学生の時は父のゴルフのお迎え。

   中・高の時は自転車での通学路でした。

f:id:garadanikki:20170320001140j:plain

これほど整備はされてなかったけど、この道ひとり自転車で通学したなあ。

かじかんだ指に息をふきかけながらハンドルをきったっけ。

 

砧公園は今でこそ、ファミリーパークとして一般公開の緑地公園ですが、

f:id:garadanikki:20170320001154j:plain

昔はゴルフ場でした。

芝が敷き詰められているのもその名残り。

ゴルフ好きの父がよくここにプレーをしに来て、迎えの母と私は柵から見たものです。

ゴルフ場のフロントがある建物は、現在、世田谷美術館がある場所に建っていて、

二階がレストランになっていました。

 

ゴルフといえば 大人の社交場、レストランといっても子供がウロチョロしていい場所ではなく、緊張しながらカレーを食べました。

世田谷美術館で、当時の建物の写真はないかと聞いてみたけれど、ありませんでした。

 

で。

こうくうしゃしーん。

f:id:garadanikki:20170320001146j:plain

砧公園と書かれたところの左側が駐車場。丸く見えるのがコースにあるパターグラウンド。

駐車場とゴルフコースの境にあるのがフロントの建物。

子供はここから先 ( コース ) には入れなかったわけ。

 

時が経ち、ゴルフ場が緑地公園になった時は嬉しかったなぁ。

柵から父親を見るだけだった芝生に入れたんだもの。

f:id:garadanikki:20170320001149j:plain

園内は、真ん中に川 ( 谷戸川 ) が流れていて、

f:id:garadanikki:20170320001152j:plain

このラフの中にボールが入ると悔しいんですって。

特に「川ポチャ」は嫌なもんだって父が言ってました。

f:id:garadanikki:20170320001153j:plain

この辺のカラスはいいわねぇ。

恵まれた環境なんじゃないかな、カラスにとって。

 

園内に「猫を捨てないで」という看板がありました。

ここなら生きていけるだろうと捨てに来る人がいるようです。

酷い。なんてことだ。

動物の投棄は犯罪です。人道的にもありえません。

しかし、カラスを見て「恵まれた環境で幸せ」なんて想像した私の浅はかさも変わりないかも。

人工の原っぱで自活していく難しさは、カラスも猫も変わらなでしょう。

反省。

 

砧公園の桜は老木です。

f:id:garadanikki:20170320001147j:plain

こんなに幹が垂れています。

舗装された道路に植えられた木より、ゆっくり根が張れるでしょうが、

だからかしら、幹も横に広がってのびのびしている。

 

歩きスマホなんかしてたら、確実にぶつかる高さ。

「頭上注意」と書いてある。

f:id:garadanikki:20170320001149j:plain

 

こっちの木は「木登り禁止」の張り紙。

f:id:garadanikki:20170320001157j:plain

木登りというより、座ってみたくなる高さです。

やりませんけど、はい。

 

これはまた、大きなモクレンの木ですな。

f:id:garadanikki:20170320001148j:plain

 

 

花には早い時期。

平日だし父子連れはいません。

近所の小学生でしょうか、いいねぇ。こんなところで遊べるなんて。

f:id:garadanikki:20170320001156j:plain

遊具は禁止だからでしょう。

子供たちは、落ちてる枝や石を器用に使って「今日だけの遊び」に興じてます。

 

あと二週間もすれば、桜も咲くかな。

f:id:garadanikki:20170320001150j:plain

砧公園は、お花見の名所です。

あれ ⤵ 全部桜の木だから。

f:id:garadanikki:20170320001155j:plain

 

実は今日のお目当てはココ。

f:id:garadanikki:20170320001201j:plain

あれ~ 丸裸だ。

f:id:garadanikki:20170320001203j:plain

あの小っこい塚は、砧大塚というらしい。

そう命名されていたのだと、先日知りました。

世田谷美術館に来た時に、地図に「砧大塚」を見つけたから。

f:id:garadanikki:20170311141411j:plain

 

初めて「砧大塚」を見たのは、幼稚園の頃でした。

砧公園の遠足に来て、このお山で遊びました。

当時は丸裸ではなく、クマザサが生えた小山でした。

               こんな感じの笹   ⤵

f:id:garadanikki:20170320001204j:plain

クマザサのお山には、何ヶ所か獣道があり上まで登れました。

粘土質の土壌はツルツル滑って面白いのです。

男子にまじって、キャッキャキャッキャと登ったものです。

「登った」というより「よじ登った」という感じかな、ドロドロになって。

子供ですから、凄く大きな山に思えました。

 

幼稚園の先生に「今日は何をして遊びましたか?」と聞かれ「お山で滑りました」と答えました。

「あのお山は何ですか?」と先生に聞いたら「古墳かなぁ、調べておきますね」と言われたけど、

結局それっきりでした。

先生、子供との約束は守らないとダメですよ~。

子供って、いつまでも覚えているものです。

54年経っても ww

 

小学生になり、ここは古墳だとわかったのですが、

最近になって、古墳ではなかったと訂正されたそうです。

f:id:garadanikki:20170320001202j:plain

立札と、私の記憶、航空写真を見た結果、

下記の f:id:garadanikki:20170326135623j:plain が、昔の場所だと思います。

f:id:garadanikki:20170326135741j:plain

 

昭和38年

f:id:garadanikki:20170326135703j:plain

 

昭和22年

f:id:garadanikki:20170326135727j:plain

 

さて。

砧大塚も見たし、ちょっと一服。 

砧公園の良い所は、敷物さえあれば、どこでもピクニックできます。

しかし一人でぶらっと来たので、食べる場所は限られる。

 

ここにしますか。

f:id:garadanikki:20170320001205j:plain

 

何を食べるかというと、大蔵で買ったバインミー

f:id:garadanikki:20170320001113j:plain

高田馬場で食べて以来、気に入ってしまい、勢い買ってしまった。

焼きそば食べたばっかりなのに。。。

それで、カロリー消費もかねて歩いたわけ。

 

バインミーを広げてみた。

f:id:garadanikki:20170320001207j:plain

うーん。

高田馬場の「バインミー★サンドイッチ」には、かなわないかな。

初めて食べたバインミーが名店だったから仕方ないです。

 

梅ももう終わり。

f:id:garadanikki:20170320001208j:plain

それじゃあまた。

砧には、桜の頃また来たいと思います。

 

マニアックな徘徊 NHK技研

おでかけ

子供の頃に食べた栄華の味をなくし、とぼとぼと歩いています。

 

世田谷区大蔵の一等地にある、お店かな?

f:id:garadanikki:20170320001116j:plain

素敵な出窓でオシャレなレストラン、、、

f:id:garadanikki:20170320001117j:plain

営業してるかと思えば、つぶれてしまい廃屋。

f:id:garadanikki:20170320001118j:plain

さびしい。

 

とぼとぼ

 

NHKの技術研究所

f:id:garadanikki:20170320001119j:plain

えええ、こんなになっちゃったの?

 

NHK技術研究所といっても、

東京の、世田谷の、大蔵村にいらしたことがなければご存知ないはず。

しかし恐らくは、一度は目にしているのではないかと思う建物です。

f:id:garadanikki:20170320001255j:plain

今は世田谷通りのギリギリ前まで建物がありますが、

当時は贅沢にもこんな噴水を設けた敷地の奥に技研があったのです。

 

このオシャレなロケーションは、映画やテレビでも多く使われました。

「チャコちゃんケンちゃん」

f:id:garadanikki:20170325143934j:plain

 

「怪獣ブースカ」

f:id:garadanikki:20170325143952j:plain

 

「コメットさん」 (初代)

f:id:garadanikki:20170325144021j:plain

 

今のおじさんおばさん (40代後半から50代以上) が子供だった頃、

人気だったテレビドラマには、NHK技研がよく映ってました。

国際放映が近かったからね。

国際放映、今はレモンスタジオとかTMC(東京メディアシティ)とかって看板にかけ変わり、

もっぱらバラエティーの撮影スタジオになったようですが、

昔のドラマは殆ど国際放映か、東宝スタジオ、東宝ビルトなんてとこで撮られてた。

 

撮影所の近場ということもあり、砧や岡本はロケ地になっていて、 

中でもNHK技研は、病院の入口として使われることが多かった。

 

うぉー思い出した、これです、これこれ。

映画「人間の約束」

f:id:garadanikki:20170325145647j:plain

吉田喜重監督映画「人間の約束」では警察署として使われていました。

 

階段を昇っているのは、河原崎長一郎、三國連太郎、佐藤オリエ

f:id:garadanikki:20170325145915j:plain

主人公の老人が息子とその妻に付き添われ、警察に出頭する場面でした。

 

NHK技研、いい敷地空間だったなぁ。

航空地図で見てみよ

f:id:garadanikki:20170320001121j:plain

中央に縦長で黒く見えるのが、噴水のあるお池。

敷地の左(西面)には南北に桜が連なっていて、

西面の敷地に沿った通りからの借景は見事でした。

近所の春の風物詩。

 

懐かしい建物がひとつ、ふたつと消えていくのも辛い話です。

でも。

返す返す、東華飯店が悔やまれる まるさん でやんす。←まだひきずっております