garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

八木昆布店

高麗橋を渡って、最終目的地の八木昆布店に到着しました。

f:id:garadanikki:20170819173642j:plain

あそこだ。

八木昆布店と書いてある。

f:id:garadanikki:20170819173643j:plain

ワクワクします。

f:id:garadanikki:20170819173645j:plain

 

凄い。

弘化二年創業だって。

※ 弘化二年は1845年、今から172年も前。

f:id:garadanikki:20170819173650j:plain

老舗も老舗の昆布屋さんなんですな。

では、ごめんください。

f:id:garadanikki:20170819173649j:plain

桶に昆布が沢山あります。

味見をさせていただきました。

しっとりと濃い味の昆布は、暑気払いに丁度いい。

f:id:garadanikki:20170819173646j:plain

しかし、我が家で食べきれるかイメージしてみたら、残ってしまう予感がする。

 

「細く切ったものもありますよ。

 うちでは、これでおにぎりにしたりお茶漬けにしたりしてます」

そう言われて試食させていただいたのが「浦里」。

f:id:garadanikki:20170820082711j:plain

塩っぱからず甘からず、絶品です。

大好きな胡麻入り、お茶漬けで食べたらさぞ美味しいだろうと即決!!!

奥さん、ナイスなアドバイス、ありがとうございます。

 

もうひとつは「味松葉昆布」という商品。

f:id:garadanikki:20170820082710j:plain

こちらはサラダに入れたり、

ちょっとした料理の塩替わりに使えると、購入を決めました。

東京の市販の塩昆布よりも、塩味がとんがっていないのがいい。

昆布といえば流石、上方ですね。

東京人の私も、佃煮よりこちらの方が口に合う。

 

ショーケースに、す昆布がありました。

f:id:garadanikki:20170819173647j:plain

これですな、ちまこ通信 (id:chimako-tsushin) 

ちまこさんがおっしゃっていた「す昆布」とは。

 

す昆布は二種類ありました。

ひとつは平らに切ってあるもの (200円也)

f:id:garadanikki:20170820082712j:plain

 

もうひとつは、結んであるもの。(100円也)

こちらの方が柔らかいのだそうです。

f:id:garadanikki:20170820082713j:plain

小分けになっているのがいい。

飴ちゃん代わり(w) に配れるじゃないの。

それではこれを、1 2 3 4 いいや、20個ください。

 

八木昆布さんは通販もしいてるそうなので、

とりあえず今日はこんなセレクトにとどめおく。

f:id:garadanikki:20170819173648j:plain

2千円、3千円と桐の箱に入っている進物用もあります。

「行列の出来る、なかなか手に入らないスイーツ」もいいが、

地味なようでも、私はこういうお品を頂いたら嬉しい。

 

このお店にいると、あれもこれも美味しそうで立ち去りがたくなります。

奥さんとのお話も楽しいし。。。

ご主人がお祭りに出かけ、汗だくで帰ってきたんだけど、その法被の汗染みの様子が笑えたとか、

こう暑いと家じゅうのどこで寝ようか悩むなんて話。

話題の中心はここ2~3日の酷暑にまつわるもの、日常の他愛もない話でも大阪の方にかかると捧腹絶倒。

奥さん、人をそらせないお話上手だ。

 

お店を出る時に、帰りの交通手段を聞きました。

この先の郵便局の前からバスが出てているのでそれに乗るといいと教えてくれました。

「どこから来たのか」という問いに、いつものように

「茶屋町から歩いてきた」といったら、呆れられました。

「あらまあ、北区の端から端までですね。よくまあ」と。

 

奥さんは店の外まで出て、郵便局の方向を教えてくださいました。

ありがとうございますご親切に。

試食の昆布、どれも美味しかったです。

また寄せてもらいます、ごちそうさまでした。

f:id:garadanikki:20170819173651j:plain



八木昆布店
〒:中央区東高麗橋2-3
TEL:06-6941-3364
定休日:日曜・祝日
営業時間:9:00〜19:00

北区 天満・中之島あたりを歩く

老松通りを西天満に向かって歩いていた時、

十字路の右の向うに鬱蒼とした木が見つけまして。。。

曲がってみたところにあったのが長池昆布さんだったんです。

そして、その鬱蒼とした木々とはここのこと。

f:id:garadanikki:20170817143712j:plain

何やら看板がある。

f:id:garadanikki:20170817143710j:plain

旧町名継承碑『真砂町』

当町は明治初頭、大阪三郷天満組の天満船大工街の全域と天満十一丁目下半の一部および西成郡曽根崎村の一部であったが、明治五年三月曽根崎村の一部を除く両町をもって真砂町となった。

同六年十一月北区に、同二十二年四月市制の施行にともない大阪市北区真砂町となった。

昭和十九年四月曽根崎新地一丁目の一部が真砂町に編入された。同五十三年二月住居表示の実施にともない真砂町は西天満二・四丁目の各一部となった。

                        平成七年三月 大阪北区役所

ここは「真砂町」という町名だった。

大阪も東京同様、昔の町名がどんどんなくなってしまったんですね。

お役所的・流通的には「何丁目何番地」という方が便利なのは理解できます。

でもやっぱり昔の町名もいいな。

の額縁屋さんのビルは「真砂ビル」という名前でした。

素敵、こうして旧町名がビル名として残しているのは。

f:id:garadanikki:20170817143711j:plain

大阪の古地図 1887 ( 明治20年の地図 ) 

f:id:garadanikki:20170819171019j:plain

⤴ 現大阪地方裁判所が、明治20年の地図では「懲役所」であったというのは、意味深。

 

鬱蒼とした木に囲まれた大きな敷地、正面に回ってみると、大阪地方裁判所でした。

f:id:garadanikki:20170817143714j:plain f:id:garadanikki:20170817143713j:plain2

そしてその前は川。

ここでも東京と同じ現象が。

♬ お江戸日本橋~ とうたわれた歴史的な場所である「日本橋」の上は高速道路になってます。

大阪もしかり。

高速道路を建設しようにもなかなか土地がない。

そうなると川の上しかないんですね、やっぱり。

 

f:id:garadanikki:20170817143715j:plain

高速道路の下を左に見ると、赤と緑の気になる建造物が見えます。

f:id:garadanikki:20170817143716j:plain

手前のウォーターフロントは、お洒落なカフェかな?

f:id:garadanikki:20170817143719j:plain

右に目を転じると、あれが大阪市役所みたいです。

f:id:garadanikki:20170817143717j:plain

この立派な橋は「水晶橋」というのか。

橋を渡ったところ、実はまだ川の中州のようで、ここが歌でも有名な中之島。f:id:garadanikki:20170817143721j:plain

因みに、前川清とクールファイブが歌った「中の島ブルース」というのは、

一番が札幌の中の島、二番が大阪の中之島、三番が長崎の中の島をうたったものでした。

http://j-lyric.net/artist/a00000f/l01f6ac.html

 

あらぁ、これ、百日紅じゃないかしら。

花だけみればそういう感じだけど、こんなに低いということは、、、違うのかな。

f:id:garadanikki:20170817143720j:plain

中之島は、素敵な整備された場所なんですね。

大川に挟まれた中洲になるようですが、、、、

f:id:garadanikki:20170817143722j:plain

(´∀`*)  フフ  楽しい。

専用の椅子に座って草取り。よく考えたものです。

f:id:garadanikki:20170817143723j:plain

立派な建物だなあ、と思ったら、、、、

f:id:garadanikki:20170817143724j:plain

図書館ですってよ、大阪図書館。

凄いなぁ。

f:id:garadanikki:20170817143725j:plain

入ってみたい衝動を必死でこらえ、歩きます。

さっき水晶橋の北詰から見えたのがここですね、大阪市中央公会堂ですって。

f:id:garadanikki:20170817143727j:plain

凄いなぁ。

立派に現役なんだ。

この界隈の建造物、図書館を含め、今度ゆっくり探訪したいです。

f:id:garadanikki:20170817143726j:plain

中之島から更に橋を渡ります。

この橋は「栴檀木橋 ( せんだんのきばし ) 」というようです。

f:id:garadanikki:20170817143728j:plain

欄干の模様は栴檀の花がモチーフ。

栴檀木橋が見ごろ - 十三のいま昔を歩こう

f:id:garadanikki:20170817143729j:plain

写真の右にチラッと写っているのが、栴檀の木だったようです。

f:id:garadanikki:20170817143730j:plain

良い風景だわ。 

f:id:garadanikki:20170817143731j:plain

栴檀木橋のたもと ( 南詰 ) に石碑がありました。

橋の明治・大正・昭和の写真がありました。

f:id:garadanikki:20170817143734j:plain

f:id:garadanikki:20170817143733j:plain f:id:garadanikki:20170817143732j:plain

大阪の古地図 1887 ( 明治20年の地図 ) 

f:id:garadanikki:20170819171207j:plain

⤴ 明治20年の地図には、水晶橋はありませんね。

 

栴檀木橋を渡り、東にワンブロック行くと大阪取引所がありました。

f:id:garadanikki:20170817143735j:plain

大きな銅像だなぁ。

下に移っている人よりも大きい。 

f:id:garadanikki:20170817143740j:plain

五代友厚、、、、

ああ「あさが来た」にも登場していたあの人ですね。

ドラマで五代さんが死んでしまった時には「五代ロス」っていう現象が起きたくらいに人気になりましたが、ディーンフジオカさんでしたよね。

f:id:garadanikki:20170817143742j:plain

実際の五代さんは独身ではなく、あさともそんな深い関りがあったとワケではないと聞きました。

大阪の経済界に大きな貢献をした方なのだから、

このような銅像が作られるほど親しまれる方だったのですね。 

f:id:garadanikki:20170817143743j:plain

五代友厚さん、興味深い。ちょっと調べてみようかな。

 

つづく

西天満 長池昆布

仕事の集合時間までまだ2時間半ばかりあるので、もう少し、、、

少しじゃないかな 歩いてみます。

目的地は東高麗橋にある「八木商店」さん。

ちまこ通信 (id:chimako-tsushin) のちまこさんが、

「大阪に行くなら夏バテ防止にいい酢こんぶのお店がある」と教えてくださいました。

 

ちまこさんのおススメですから旨いに決まってる。

絶対に行ってみようと心に決めてやってきたのさ。

 

茶屋町からだと遠いかな、でもここは歩こう。

地下鉄に乗ってしまうと、位置関係がつかめません。

大阪の地の利がわからなかったのは、ずっとタクシーや地下鉄を使っていたからでしょう。

歩けるだけ歩いて、時間切れになったら公共交通機関を使うことにします。

 

スマホでマップを確認しながら歩く。御堂筋を越えて、中之島の方向に歩けばいいのね。

大きい道はつまらないから、西天満に向かう狭い通り ( 老松通り ) に入ります。

f:id:garadanikki:20170814125128j:plain

まだ9時前だというのに、暑いなあ。

街中ジリジリしていて、セミがジーンジーン鳴いています。

 

そういえば、大阪はセミの鳴き声が東京より大きいように思うんだけど。。。

神社とか木の多い場所じゃなくて、ビル街にあるちょっとした木の下を通ってもセミ凄い。

このセミさん、どこにとまって鳴いてるんだろうと見回してみる。

十字路の右方向の道の先に、うっそうとした木が見えました。

真っすぐ行くつもりだったけど、右に曲がってみよう

昆布屋さんがありました。

f:id:garadanikki:20170814125129j:plain

これから酢こんぶを買いに行こうというのに、妙に気になる。

9時にはもう店を開けているんだもの、何かのご縁。

f:id:garadanikki:20170814125131j:plain

ごめんください。

f:id:garadanikki:20170814125130j:plain

店内には、色々な種類の塩昆布が並んでいます。

とろろもあるし、だし昆布も凄そうなのが沢山ある。

「みをつくし料理帖」でも読みましたが、大阪の出汁といえば昆布でしょう。

折角ですから天然の真昆布を買っていこうと思います。

 

お店には、ご店主っぽい男性が数人。。。。

( どの方がご店主かわからない ) 皆さん、貫禄があって、社長さんみたいだ。

「随分、早くからお店をあけて らっしゃるんですね」

「ええ、早起きは三文のなんとやらで(笑) 遠くから?」

イントネーションでわかるんでしょうかね、大阪人ではないと

「東京から来ました。今日は梅田から散歩してて、歩いていて西天満をもう少し真っすぐ行くつもりが、

 なんだかこの道が気になって曲がってきたんです。偶然こちらを見つけたわけで。」

「そうでしたか、それはどうも。

 わたしも東京にはよく行くんですよ。最近は東急東横と横浜のそごうに。」

「あら、住まいが渋谷なんで、東横で手に入るんだったら嬉しいわ」

「それはまあ。今後ともどうぞごひいきに。」

ちょっとしたやりとりでしたが、大阪商人さんお話したことがなかったので嬉しい。

いいものです、大阪弁にふれられて。

ん。でも「おおきに」とか「でんがな」とかって言わないんだね。

残念 (^ー^)

 

出汁と真昆布、おやつ昆布と昆布茶を買いました。

f:id:garadanikki:20170814125133j:plain

これからもう少し歩くつもりだし、

でも昆布は持ち歩くにも軽いし、重宝するし、嬉しい買い物です。

 

本当に偶然ですが、良いお店を見つけました。

因みに、どんなルートで見つけたかというと、下図のような道すがら。

とても偶然。適当に曲がった道にあったお店だったんです。 

f:id:garadanikki:20170814150050j:plain

長池昆布
〒:大阪市北区西天満4-7-6
TEL:06-6364-6368
定休日:日曜・祝日
営業時間:9:00~19:00

茶屋町 喫茶の森

今日 ( 7/31 ) も早起きして梅田の街を歩いてみます。

f:id:garadanikki:20170812161144j:plain

まずモーニングを食べられる喫茶店を探す。

f:id:garadanikki:20170814125118j:plain

あそこに喫茶店が見える。

お店の人が赤いマットを出したところだから、開店したてみたい。

f:id:garadanikki:20170814125120j:plain

素敵。いいじゃないですか。

「喫茶の森」

f:id:garadanikki:20170814125126j:plain

ここは時間で喫煙可だったりするみたいです。

今は禁煙時間帯。

カロンコロン、お邪魔します。

 

f:id:garadanikki:20170814125125j:plain

7時30分だというのに、ひとり、ふたりとお客さんが入ってきて、ほぼ満席。

朝から人気の店なんですね。

 

トーストと珈琲をお願いしました。

f:id:garadanikki:20170814125122j:plain

ピーターラビットのカップ。

( ^ω^)・・・おいしい

 

 

バターたっぷりのトーストに、キャベツのサラダにもたっぷりのドレッシング

f:id:garadanikki:20170814125121j:plain

こちらも美味しいパンです。

 

もしかしてテイクアウトなんて出来ないかな。

BOSS が喜ぶと思うの。

ご主人にお聞きしてみましたら、傷みやすい季節なのでご遠慮願っているとのこと。

御尤もなお話です。失礼しました。

 

時間があったら、みんなを連れてきたい。

でもちょっと遠いので無理かも知れない。

スタバ系のお店も便利ですけど、やっぱり「喫茶店」は落ち着きます。

一杯一杯ドリップしてくれる珈琲を飲みたければ、やはりこういうお店に足を運ばなくちゃ。

 

珈琲の森、素敵なお店を見つけました。

f:id:garadanikki:20170814125127j:plain

ごちそうさまでした❤

ぴーの御帰還

2か月前、母が入院することになり文鳥のぴ~を預かりました。

動物と一緒に暮らしたことのないMOURI とぴ~とのやりとりは面白かったけど、

母が元気になったので、ぴ~を上田の実家に連れ帰ることになりました。

 

小さい方の駕籠に入れて、シートベルトをして、、、落ち着かないぴ~

f:id:garadanikki:20170817121920j:plain

 

実家に帰ったぴ~が、真っ先に飛んでいったのは仏壇でした。

f:id:garadanikki:20170817121922j:plain義父の写真の前にチョコンと降り立ち、

「お父さん」の写真をじっと見つめていたかと思うと、

あの、求愛のダンスを踊り始めました。

「お父さん、ただいまー」

活発なぴ~に、母が手を焼き気味だったので、

真剣に我が家に引き取ろうかと考えていました。

でも。。。

ぴ~のお家は、やっぱり此処なんだね。

 

     f:id:garadanikki:20150811101306j:plain

帰宅して、今このブログを書いている私の右肩には ぴ~はいません。

ぴ~が帰ってしまった我が家は、急に広くてシーンとなりました。

情がわいてしまったわよ、ぴ~。姉ちゃん 寂しいよーーーー。

大阪 おいしいもの 備忘録

大阪で食べたもの、美味しかったお店です。

美味しすぎて言葉がありません。

会食につき、写真も撮れませんでした。

 

燻製 Switch

f:id:garadanikki:20170813170923j:plain

f:id:garadanikki:20170813170912j:plain f:id:garadanikki:20170813170911j:plain

f:id:garadanikki:20170813170913j:plain

f:id:garadanikki:20170813170910j:plain

f:id:garadanikki:20170813170909j:plain f:id:garadanikki:20170813170908j:plain

燻製 スイッチ (Switch)
〒:大阪市北区茶屋町14-7
TEL:050-5590-9178
定休日:不定休
営業時間:17:00~24:00(L.O.23:30)

 

阿べの 安来家

f:id:garadanikki:20170813170918j:plain

f:id:garadanikki:20170813170920j:plain

f:id:garadanikki:20170813170921j:plain

f:id:garadanikki:20170813170922j:plain

阿べの 安来家
〒:大阪市阿倍野区晴明通12-25
TEL:06-6661-7383
定休日:水曜日
営業時間:11:30~15:00
17:00~21:00

 

炭味家

f:id:garadanikki:20170813170925j:plain f:id:garadanikki:20170813170926j:plain

一番人気 ⤵ 

f:id:garadanikki:20170813170927j:plain

f:id:garadanikki:20170813170928j:plain 

f:id:garadanikki:20170813170929j:plain

f:id:garadanikki:20170813170924j:plain

炭味家
〒:大阪市北区大淀中2-6-29
TEL:06-6452-0315
定休日:無休
営業時間:17:30~24:30(L.O 23:30)