garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

2016-02-06から1日間の記事一覧

『流れる』 を読んで

「このうちに相違ないが、どこからはひつていゝか、勝手口がなかつた。」 幸田文「流れる」の冒頭の文章です。 物語は、夫と離別し子供を亡くした梨花という女が、女中の口を求めて芸者屋にやって来るところから始まるのですが。。。。 スミマセン。 いつも…