garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

志村けんとドリフの大爆笑物語

 

年末特番ドラマ「志村けんとドリフの大爆笑物語」に感動 感心し、

( タイトル通り ) 大爆笑をさせてもらった。

f:id:garadanikki:20220112151318j:plain

主演の山田裕貴と 勝地 涼、遠藤憲一の演技に度肝を抜かれた。

 

このドラマは、誰もが知っているコメディアンたちの実話である。

f:id:garadanikki:20220112162700j:plain f:id:garadanikki:20220112162830j:plain

左が本物、右がドラマ

 

演者たちは《本人に似せる》が大前提で、自由に役を広げることは叶わなかっただろうし、どんなに寄せたところで面白くなるかは別問題、プレッシャーだけは半端ない作業だったと思う。

 

それなのに、皆のコントは肩の力が抜けていて、楽しそうに画面に映っていた。

全員が、ドリフターズに熱いオマージュを捧げた現れだと思った。

もちろん演出家-福田さんの力もあるが、ひとりひとりが自分がやる人物に愛情をもって挑んだ証だ。

 

f:id:garadanikki:20220112134452j:plain

弟や私は、ドリフターズの全盛期「8時だよ全員集合」を見て育った世代だ。

荒井注がドリフを脱退し、志村けんがメンバー入りした頃、

「荒井注の方がいいよね」と嘆き、志村けんに馴染めなかった一人だ。

 

f:id:garadanikki:20220112134826j:plain

 

そんなシムラが頭角を現し、ドリフだけでなく、テレビ界に無くてはならない存在になっていくまでを、リアルタイムで見てきた一人である。

 

 

ドラマには、実際に本人たちがやったコントが何本も出てきたが、まるで本物そのものだった。

特に、山田裕貴と勝地 涼がやった時代劇コントは圧巻だった。

二人とも本物のコメディアンのような間と動きだった。

コントの完成度の高さに驚愕し、腹を抱えて笑った。

そこにいたのは俳優の山田と勝地ではなく、コメディアンの志村と加藤だった。

f:id:garadanikki:20220112141358j:plain

茶とけんのおおさわぎスタント映画

このコントは、リアルタイムで見たことがあり、大笑いしたっけ。

ドラマでは、これを10分間の長尺で再現した。

 

階段落ちをするスタントマン-加藤茶扮する勝地 涼

映画監督-志村けん扮する山田裕貴

f:id:garadanikki:20220112141346j:plain

 

「あちし?」という加藤茶の声が聞こえてきそう。

f:id:garadanikki:20220112140042j:plain

勝地くんの声は喜劇役者の声だ!

f:id:garadanikki:20220112140155j:plain

 

声も、間も、動きも加藤茶そのものだった。

f:id:garadanikki:20220112141342j:plain

志村けんは、台本を丸めて加藤茶をなぐる。

山田くん ( 志村 ) のスナップを効かせた撲り方もいいが、勝地くん ( 茶 ) の撲られ方がいい。

殴られる瞬間に目はつぶらずに額を突き出す、加藤茶やダウンタウンの松本がよくやる技だ。

途中で「同じところばかりを叩かれますと、鼻血がつーーっと」というセリフがあり、笑った笑った!

f:id:garadanikki:20220112141334j:plain



ドラマの中に、8時だよ全員集合の頃の、父兄のクレームのエピソードも書かれていた。

先日その話を、よんばばさんにしたばかりだったが、

微妙に間違えてお伝えしたので、ここで訂正させていただきます。

 

意識下にあったのは、昔 何かで読んだ、いかりやさんの逸話だったけれど、

ドラマでは、いかりやさんと加藤茶と志村けんのセリフになっていた。

 

プロデューサーがクレームの葉書をもって会議室に入ってくる。

  f:id:garadanikki:20220112142533j:plain

P「また子供に見せたくないワースト番組一位です。

  全部クレームですよ、下品、食べ物を粗末にするな、怪我したら危ない、

  子供が真似する、教育上よくない、、、

 

いかりや長介「文句いってんのどのくらいいんのよ」

  f:id:garadanikki:20220112142951j:plain

P「毎週200件かそこらですかね」

いかりや「先週の視聴率ナンパー?」

P「41です」

  f:id:garadanikki:20220112142654j:plain

いかりや「人数にするとどれくらい?」

P「4500万人くらいですね」

いかりや「俺たちの番組たのしみにしている4500人とアンチの人の200人、

  どっちの声に耳傾ける? 志村」

  f:id:garadanikki:20220112143118j:plain

 

志村「決まってるじゃないですか、笑いたがってる4500万人わらわせましょうよ。

  文句言ってるっていうことは、そいつらも観てるんですよね

  f:id:garadanikki:20220112143036j:plain

 

加藤「ワースト一位、上等じゃないの。なんだって一位ってのは凄いことだよ、な

  f:id:garadanikki:20220112143204j:plain

 

いかりや「そういうわけだ、下品上等! 俺たちはこれからも下品で体張ったコント一本でいく。

  異論ないな?」

  f:id:garadanikki:20220112143412j:plain

 

 

 

 

本日の昼ごはん

f:id:garadanikki:20220111083456j:plain

金ちゃんラーメン、、、、餅入り (;^_^A

f:id:garadanikki:20220111083632j:plain

美味しいけれど、こんなことをしていたらリバウンドしてしまう。

f:id:garadanikki:20220111083646j:plain